« 連れて帰るのは何処の業態? | トップページ | あんた、誰? »

2008年3月25日 (火曜日)

タイランドの大成功者

 タイランドの体制後者の話をさせて頂きましょうね。

 彼女は、日本人で、30歳を少し越した私に言わしますと、小娘なんですね。でも、ビックリですよ、見た目にはわかりませんが、タイランドでは、大金持ちの部類に属しますね。それも、相当のものなんですね。

 彼女は、18歳で孝行を卒業をしまして、普通の会社に就職をしまして、20歳過ぎに退社をしまして、それまでに貯めた200万円を持ってタイランドにやって来ました。今から、約10年前ですね。

 そして、小さいアパート購入しました。そこから彼女のサクセスストーリーが始まりました。今では、総資産が30億円に届こうっていう、お金持ちの仲間入りですね。でも、格好はバックパッカーよりも酷い格好ですね。

 彼女は、今は日本語学校に先生です。月収14000Bで、これで全てを賄っています。家賃も食費も生活費もね。

 彼女は、購入しているコンドミニアムを人に貸して、家賃を頂いて、それを資金に次のコンドミニアムを購入しています。殆ど借金を無しにして、不動産の運用会社にある程度任せて、自分の物件が増える事だけが楽しみの様子ですね。

 コレクターの様なマニアですね。いい趣味ですよね。私なんかは、風俗マニアですから、貯まることはなくていつも出て行くだけですね。

 貯金マニアって人がいますが、そんな感じですね。金持ちなんですが、コンドミニアムでの上がりには、一切手をつけません。 ですから、自然にドンドン増えていって、資産価値が上がって行きますね。

 彼女の偉いところは、自分のコンドミニアムを貸すときには、必ず市価の10%~20%安い価格での賃貸です。ですから、彼女の所有のコンドミニアムはアキが殆どありません。

 又、不動産管理会社のは、20%くらい高い費用を支払っています。当然、優遇してくれますよね。 

 大阪商人の損をして得をとれって事を体現しています。私も大阪商人の端くれなんですが、私の場合は、「損をして、良く金をつかう!」ですから、貧乏人を抜け出し事が出来ませんね。

 と言いますか、自分で自分の首を絞めているような感じですね。彼女のつめの垢を煎じて飲まないといけませんね。

 昔から、金持ちはけちが多いって言いますが、彼女もその通りですね。彼女に奢ってもらった事は一切ありませんが、だまされて奢らされた事は度々有ります。

 在を気付く様な人は、、たかる事もうまいです。才能でしょうね。お金を使わなくて良いためには、何をしなくてはいけないかって解っているんでしょうね。

 私は、知らないうちにお金を使ってしまって、後で苦労をする方法なら知ってますが。

 バブルが始まるんじゃないかって心配は、殆どありませんね。殆どしゃきんはないんですからね。家賃で、支払いですから、銀行なんかにお金を借りて不動産を増やしているわけではないのですからね。

 ほんの小娘が、しっかりしてますね。

 以前に、ある人がお金はもうけようとしたり、何かを売ろうとすると殆どする事は出来ない。相手に利益のあることだけをしていると、自然にお金も入ってきて、売れるようになるって話を聞きましたが、私は自分の利益になることばかりをしてきたような気がします。

 ですから、未だに回ってくるお金を掴めないんでしょうね。

今回の教訓です。

 世の中には、年齢を関係なく偉い人はいるんですね。親がお金を持っているから金持ちって人は沢山いますが、自分で金もちになる人は少ないですね。

 私も、金持ちになりたいって願いましたが、なれなかった一人です。

 いつの時代も何処の国でも、成功のシナリオって言いますのは、変化なくて決まった物なんでしょうね。解っていて、出来ないのはなんなんでしょうね。

 他の女に行ったら駄目って解っていて、ちょっかいを出してしまうのと同じなんでしょうか?

 まぁ、こんな次元の低い感覚でしたら、いつまでたっても金持ちの仲間入りは出来ないでしょうね。でも、私の周りには結構金持ちがいるんですが、本当に私オ所には回って来ませんね。

 「旦那さん、お金は沢山無い方がいいナ。これで、お金が沢山あったら旦那さんは、もっといらない事をするでしょ。ね。」

 かも知れませんね。

|

« 連れて帰るのは何処の業態? | トップページ | あんた、誰? »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

 いつも有難う御座います。簡単ですね。微笑みの街って言うキャッチフレーズか、日本語訳によってですね。
 スマイルの街なら自分は何でも出来るって勝手に思い込んだ様子ですよ。

投稿: dannasa | 2008年3月27日 (木曜日) 午後 04時40分

いや、すごいですね。今回のお話は。
どうして、彼女はタイランドに目を付けたのでしょうか。
その最初のきっかけが非常に興味深いですね。

タイランドに魅了されている方の様々なお話、
いつもありがとうございます。

投稿: きよ | 2008年3月26日 (水曜日) 午前 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイランドの大成功者:

« 連れて帰るのは何処の業態? | トップページ | あんた、誰? »