« プーケットで見た夢 | トップページ | 閨房の達人 »

2008年4月 6日 (日曜日)

ヘラヘラ顔の代償

 私の友人で、先輩の話なんですが、非常に人もよくて、性格もいいんですが、欠点が優柔不断と笑顔なんですね。

 それと、奥ゆかしいって言いますか、判断が出来ないんですね。馬鹿って事じゃないですよ。仕事では、この欠点は全く出さないんですからね。タイランドの夜の街に出るとこの欠点が発症するんですね。

 今回は、この先輩の言動に付いてご紹介しましょうね。そうする事で、タイガールにとって何が悪いのかが見えてきますからね。結構、この先輩のような言動をしている方を見ますよ。

1.お風呂屋に行きますと、金魚鉢の前で最低1時間は悩んでいます。そして、自分がお目当てって決めていたNo.1からNo.3までのタイガールは、殆ど指名されていなくなってしまいます。

2.GoGoバーに行きますと、タイガールから微笑まれたり挨拶されますと律儀に必ず返します。何人にでもね。ですから、群がってきて大変です。

3.何処に行っても飲ませてくれって声が聞こえますね。その声に抗う事は一切で来ません。断る事が出来ないんですね。ですから、1本のビールだけを飲んでもほおって置くと支払いが30分で1000Bを越す事が有ります。

4.日本人クラブに行きますと指名する事が出来なくて何時間でも考えます。そして、何人かに手でも振られようものなら、振ったタイガール全員を指名してしまいます。

5.自由恋愛カフェに行きますと、黒山の人だかりです。一々返事や挨拶を返しますからね。

 って、まだまだありますが、いつもこんな感じです。空港に着きますとヘラヘラ顔に変身して、優柔不断の塊になってしまいます。こんなタイプは中々いないでしょ。でも、隣で相手をしている私は大変ですよ。

 以前に、仕事の関係で相手が出来なくなってしまったので、知り合いのタイ人に頼みました。日本語も出来ますし、色々と顔の広い奴ですからね。

 「Akiさん、○○さんは最低ナ。」

 「なんで?悪い人じゃないだろ。」

 「悪いどころか良い人過ぎて困ったものですよ。俺は、楽しむどころか尻拭いで忙しいったらありゃしませんよ。」

 「ハッ、ハッ、ハッ、大変だったろ、俺の苦労が解っただろう。」

 「今日は嫌ですよ。誰か他の人に代わって下さいよ。」

 「バー、ガイド料をもらってるだろう、それにお前の飲み代や女の子のお金まで出してくれてるだろう。」

 「はい、デモね。疲れますし、カバーすると女の子からブーイングの嵐なんですよ。」

 「バー、仕事は大変なんだよ。それに、女の子のボーナス付だろしっかりしろ。」

 こんな待遇の良いアルバイトのタイ人でさえ大変なんですからね。好きもので女の子まで付いているのにですよ。私が、普通に付いていくのは大変なのが理解できますか?

 この人の場合はタイランドに来ますと人の倍くらいのお金が掛ってしまうんですね。ですから、特定のタイガールを作る様に進めたんですが、フラフラとする方が良いって言って聞かないんですね。

 そして、人に迷惑を掛けているのが解らないんです。でも、気に入ったタイガールが出来ました。そして、恋人の様な感覚になりました。でも、今までの性格や行動は変化ありません。

 どうなると思いますか?

 ぼろぼろですよ。タイガールの性格を考えてみて下さいね。独占欲が強くて嫉妬心の塊で、そうして焼きもち焼きは凄い物があるんですからね。当然って言えば当然ですが、ボロボロです。

 なのに、変化が無いんですから筋金入りですね。

今回の教訓です。

 この人はこれがスタイルですからしょうがないですが、皆さんはこんな事は絶対駄目ですよ。こんなことでは搾取されるだけで何も残らないですからね。

 へっ、解っているって言われますか? でも、多かれ少なかれこんなタイプの方が多いんですよ。ご自分で気が付いてない方が大変ですからね。

 それが証拠に、最初に付いたタイガールを断りきれずに、チェンジできずに連れて帰る方の方が圧倒的に多いって、先日の風俗の経営者がおっしゃっていましたでしょ。出来るだけ、NOって言える人間になりましょうね。

 「旦那さん、○○さんは面白いなぁ。あんなに、自分で物事を決める事が出来ない人も珍しいなぁ。」

 「うん、俺も大変だ~。」

 「何が大変ですか?」

 「あの人の後始末がね・・・・・・」

 しまった、誘導尋問に引っかかった! この後私の行く末はご想像にお任せします。

|

« プーケットで見た夢 | トップページ | 閨房の達人 »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘラヘラ顔の代償:

« プーケットで見た夢 | トップページ | 閨房の達人 »