« 二人目の娘 | トップページ | 問題発生の対処 »

2008年4月 1日 (火曜日)

奥さんの憂鬱

 今年もエイプリルフールがやってきました。タイガールと嘘じゃないお付き合いは進行していますか? 私は、完璧ですよ。

 奥さんの憂鬱が加速しそうです。最近特にそんな感じですね。別に私が何をしたって事じゃないみたいですが、毎日話をしますが、元気がありません。

 寂しい寂しいとマニ・シーばっかりです。本当に離れているのが苦しい様子ですね。でも、今の我々の現実は解っているんですよ。ですから、死ぬまで待てますって言いますし、死んでも待つことが出来るって言っているんですからね。

 タイガールの幸せは、本当に簡単なものなんですね。お金やものは何も必要が無いんですね。愛する人と常に一緒にいるって事だけなんですよ。本当に簡単で、明確なんですね。

 でも、中々出来ない事なんですね。互いに外国人ですからね。我々の場合は、未だましな方なんです。毎月帰ってくるんですからね。そして、何日間かは水入らずなんですからね。

 他の遠距離恋愛をしている方は、結構大変でしょ。何人も知っていますけどね。

 でも、彼女達タイガールは他人様の事は、全く関係ないんです。基本は自分が中心なんですからね。本気で、愛する人がいますと、少し寂しいけどお金に余裕がある事と、お金が一銭も無くて一緒にいる事を比較すると、何の躊躇もしないで後者の方を選択するんですね。

 暮らしていって大変なのが気が付くんですね。でも、その時は”マイ・ペン・ライ”ですし、明日の事をあまり考えない性格なんですね。内の奥さんは、タイガールの中では、日本人に近い感覚なんですが、それでも同じ選択ですね。

 「奥さん、最近元気ないでしょ。どうしたの?」

 「この間も、旦那さんが風を引いている時にも私は、何もしてあげられなかったのよ。傍にいる事さえ出来ないのよ。」

 「そうだね。」

 「私は旦那さんの世話を何もしてあげられないのよ。仕事で疲れていても、庇ってあげる事が出来ないのよ。疲れていても、貴方はしなければいけないでしょ。可哀想で心配いっぱいナ。」

 「うん、もう直ぐ何でも奥さんにしてもらえるでしょ。」

 「解ってる。でも、自分の愛する人が心配だったり、変わってあげたいって考えては駄目ですか?」

 「・・・・・・」

 「私は貴方が一番大切なの。だから貴方の為にいつも何かをしてあげたいの。それが出来ない自分が腹立たしいの。」

 嬉しい事じゃないですか。こんな事言われた事がありますか? 私は、初めてです。

 我々のような関係に来ますと、少しは浮気やポイって事も心配しますが、自分が尽くすことが出来ない事に自己嫌悪を催す様子です。確かに、浮気とポイは拭い去りませんけどね。

 自己犠牲をしてでも尽くしたいって言う、タイガールの本質なんでしょうね。これが、タイガールとの付き合いの醍醐味なんですよ。そして、悪くするとその自己嫌悪で身体まで潰しかねませんからね。

 何もかも自分が愛する人が一番なんですね。ですから、煩くてビックリするくらいに心配しますね。心配しすぎてこちらが心配するくらいにね。

 我々男は、寂しくても仕事をしていると打ち込めますから、少しでも和らぐ事が出来ますね。でも、タイガールは仕事は二の次ですし、常に愛する人の事を考えていますからね。大変です。

 何でも、増幅していくんですね。

 タイガールの場合は、愛する人が出来ますと、憂鬱って事は直らないんですね。一緒に暮らしても、24時間一緒に引っ付いている訳ではないですからね。仕事をしている時も、一人でトイレに入っているときもありますからね。

 彼女達は、自分の息が掛る距離か手が触れる距離にいないと、安心出来ないんですね。その感覚は、男としては嬉しくて庇ってやりたい感覚に変化してきますよ。

 これもタイガールの素晴らしさの一つですね。

今回の教訓です。

 タイガールの憂鬱って事は、タイガールの最大の魅力の内の一つですね。こんなことを奥さんに言いますと怒られてしまいますけどね。

 自己犠牲の精神って言うんですね。そして、尽くすって事はタイガールの特徴で、魅力の一つです。

 ですから、今だもの事が無いのは、まだまだ愛されているって言えないんですよ。嫉妬心はスタートですからね。タイガールの究極は自己犠牲と尽くす心なんですからね。

 此処まで来ますと、我々男は、抜けることが出来ませんね。でも、これでも抜けることが出来るタイ人の男は凄いですね。猛者を通り越して、頭の中を割って見てみたいですすよね。

 でも、全てのタイガールがこんな感じって知っているタイ人の男ですから、何処に行っても同じだって解っているんでしょうね。でも、我々は免疫が無いですからね。

 やっぱりタイガールにはまり込んで、抜けれないじゃなくて、抜ける事はしたくないんですね。

|

« 二人目の娘 | トップページ | 問題発生の対処 »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥さんの憂鬱:

« 二人目の娘 | トップページ | 問題発生の対処 »