« 聞こえない声を聞けますか? | トップページ | ヘラヘラ顔の代償 »

2008年4月 5日 (土曜日)

プーケットで見た夢

 魅惑のリゾートのプーケット。

 皆さんもいかれた方は沢山いらっしゃると思います。大きな地震と津波の為に、町が崩壊をして、大変な数の犠牲者を出しましたね。今では、完全って言って良いほど、復興をして基の状態に戻って来ました。

 でも、本当にそうなんでしょうか?賑やかさと、人が集まってくるようになった、影には未だに、悲惨な影が潜んでいる様子ですね。

 でも、プーケットは、元の元気を取り戻しました。何事も無かった様にです。そして、世界各国から色々な人が帰ってきまして、元の喧騒が蘇りました。こう話をしていると、しみったれた感覚になりますが、少し今日は趣向を変えて見ました。

 さすがに悲惨を極めた感じのプーケットですが、今ではスマトラ地震の以前と同様、若しくは、それ以上の興隆を極めているそうです。阪神大震災の時の復興とは、問題にならないくらいの話ですね。

 哀しみや心の傷も多大であったと思いますが、さすがに ”マイ・ペン・ライ” の国ですね。終わった事はしょうがない、前を向いて元に戻そうって感覚が、国の中にみなぎっていたそうです。

 振り返らないって事は、ある面素晴らしいですね。

 今では、全てがもとに戻ったような感じですね。本当はもっと早くの復興が可能だったそうですが、津波の為に人が沢山死んでしまって、何処で死んでいるかが解らない状態でした。その為に、町中が死体の匂いで充満していた為に、復興が遅れたのが現状です。

 又、未だに行方不明者が世界の災害の中でもトップクラスですね。

 奥さんを誘っても絶対に行かないって言います。ピーの中で寝たり遊んだりする事は出来ないって未だに行ってます。

 「もし、旦那さんが行きたいなら一緒行く。でも、24時間私から離れるは駄目ナ。ポッキーの時もよ。」

 ですからね。うんこの時まで一緒に触れているなら行くって事ですからね。そんなことが出来る訳は無いじゃないですかね。私だって、お化けは嫌いですから行きたくないですよね。

 ですから、先日プーケットをトランジットで見て来ました。たったの5時間ですけどね。昼間のパトンビーチを散策しました。簡単に報告をしますね。

 私は、霊感が強い訳ではないんですが、何かあるとゾクゾクして大変なんですが、昼間と言う事も関係しているんでしょうね。何も感じる事はありませんでした。

 以前行った時よりも、相当の繁盛振りですね。街が変わってしまった様な感じに受け取れました。まぁ、3年以上行ってないわけですから、変わるのは当たり前ですね。

 でも、一番の違いは、今までの開放感がなくなったって感じがします。タイランドの何でも有りのような開放感が薄れているような感じなんですね。何か、グローバルなリゾート地って感じになっているんです。

 ハワイのような感じですかね。ワクワクする様な、酔いしれる感じが無くなって来ました。男の欲望を満たすような感覚じゃなくて、カップルや家族やまともな人たちのリゾート地に成り下がってしまった様子ですね。

 失礼しました。これが普通なんでしょうけどね。

 いつも泊まっていたホテルも様変わりしていましたね。コテージに泊まっていたんですが、無くなっていました。そりゃそうですよね、そんな所にいては一溜まりもありませんし、要望も無いですからね。

 でも、彼女や奥さんを連れて行ってリゾートするのは最高の場所ですね。パタヤのように目のやり場に困ったり、隣で腕をつねられたりする事が無いようなリゾート地になって来ましたね。

今回の教訓です。

 少し寂しいですが、男だけで行って楽しいリゾートって感じはなくなってしまうんでしょうね。確かに、今までとおり色々な風俗は存在するんですが、気分的にのらない感じですね。

 でも、彼女や奥さんを連れて行ったら、家族でのリゾートには物凄く良くなった感じですね。目を指すことが少なくなったような感じです。

 但し、私はトランジットで、昼間の観察だけですし、長時間行った訳ではないので、確約する事は出来ないですけどね。でも、高いリゾート地に行って散財するならば、バンコクで十二分に楽しむことが出来ますからね。

 「バー、ピーに取り付かれたらどうするの?私はどうしたらいいの?絶対一人で行くのは駄目よ。」

 目をむいて怒られましたし、プーケットの話もご法度となりました。もし、奥さんに会ってもプーケットの話はタブーにして下さいね。

|

« 聞こえない声を聞けますか? | トップページ | ヘラヘラ顔の代償 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーケットで見た夢:

« 聞こえない声を聞けますか? | トップページ | ヘラヘラ顔の代償 »