« 今の、バンコク! | トップページ | 奥さんの料理について »

2008年4月13日 (日曜日)

マッサージの悲劇

 ソンクラーの当日に、日本への出稼ぎの日です。朝から、たっぷりと水の洗礼を受けて、取り合えずタイランドの正月をお祝いをしますが、正月の当日から仕事に行くのかって、少しおかむんむり状態です。

 以前にオイルマッサージの恐怖って話を紹介させていただきました。

 これに関連して、私と友人の失敗談の紹介を! 失敗って言うか恥ずかしい話を聞いて下さいね。笑わないで、同情してくださいね。

 では、私からの話をします。

 あるマッサージ屋なんですが、行きつけの店です。たまに先生が来ているんですね。そうしますと、必ず私はお願いをするんです。この人は、変な事は嫌いですから、オイルマッサージも金玉のマッサージもしてもらうんです。(滅茶苦茶うまいですからね)

 大変な目に合う事は、滅多に無いんですからね。たっぷりと時間を掛けて、全身をフニャフニャにしてもらうんですね。最高ですよ、お金も通常と同じなんですからね。

 その時は、個室に入ってしてもらうんです。だって、スッポンポンなんですからね。でも、変な事は無いですから、安心です。今まではね。

 何時に無く局部へのマッサージが多いような気がしてたんですね。そうしましたら、いきなりですよ個室なのに何人もマッサージ嬢が入室してきます。私を相手に講義を始めるんですね。それも、金玉のマッサージのね。

 何人かに金玉を持たれて、金玉を覗き込まれます。当然、勃起をしますよね。そうしますと、

 「Akiさんは元気だし、勃起していると見えにくいから、皆で手や口で抜いてしまって勃起を収めましょ。」

 「はっ~、嘘でしょ。」

 5~6人のマッサージ嬢に押さえつけられて、代わる代わる尺八の嵐です。それも、マシンのようなスピードですよ。私は遅漏ですから、中々行かないんですね

 今度は、オイルを塗り捲られて、マシンのように扱きまくられます。仕方ない、ホイで行くかって相談までされて、危ないからってコンドームまで嵌められて、順番に騎乗位で攻められます。それも、若い娘は一人か二人ですよ。

 先生を含めた全員に犯されてしまいました。アマリにも可哀想でしょ。結局は、おばさんは嫌だって思いながらも勃起は収まりませんし、最終的には全員とやって果ててしまいました。皆も刺激的だったのか、マッサージ嬢も果ててしまった様子です。

 こうなれば、勉強どころの騒ぎじゃないですよね。私が身体をフニャフニャにされるんじゃなくて、満足をさせてしまいました。

 「なんて事するんだよぉ~、全員で男を襲ってどうするんだよ。」

 「御免なさい、もう勉強も出来ないから皆でAkiさんに食事をご馳走するわ。」

 って、近くの屋台で宴会に変更になりました。無茶苦茶でしょ。欲求不満なタイのおばチャンを満足させるって事は、大変ですよ。問題ですが、7Pですからね。喜んでいいのか悲しんでいいのか理解で来ませんね。

 恐ろしい事ですね。お気をつけ下さいね。

 今度は私の友人の話です。内容的には、私の体験と同じ様な感じですが、もっと悲惨です。

 彼も同じ様にマッサージを受けます。平日の昼前ですね。最も暇な時間帯です。本当は、マッサージ嬢も出勤していない事が多いのですが、その日はお坊さんが来るとかで全員が出勤ですね。

 そして、普通のタイマッサージが始まります。でも、他に客がいないんですから、大部屋で個室と同じですね。開放的なものですね。相手が30歳前の中々色気のあるナイスバディーのタイガールですから、誘ってしまったんですね。

 そうするとうまく行って乗って来たのは良いんですが、コンドームが無いって事で、彼女はコンビニにお買い物です。それを目ざとく見た彼女の仲間が、覗き見ですね。全員が集まってきて、やっている部屋に乱入です。

 マッサージ嬢に見られながらのSexですが、よせばいいのに「皆でするか?」って、声を出しますと、さぁ、大変です。乱交パーティーですね。

 これまた、7~8Pですよ。でも、タイマッサージのマッサージ上ですからね。若いタイガールは少ないですね。でも、友人は始めての体験ですから、頑張ったそうです。通常の射精時間の人ですから、4回も発射したそうで、心も体もボロボロ寸前までなったそうです。

 そして、マッサージ嬢からは、

 「皆も楽しんだから、今日は一人は1500BでOKだからね。気に入ったら今度もしようね。」

 約1万Bを取られた様子です。そして、当然ですがマッサージ代と暇な事なので、全員に昼飯まで奢らされたそうです。合計の失費は、15000Bになってしまったそうですね。恐ろしい事ですね。

 お気をつけ下さいね。

今回の教訓です。

 普通のマッサージ屋でも、色々と危険が潜んでいますね。特に、年齢層の高いタイガールは欲求不満の女性が多いですし、南国独特の開放感と乗りの良さがありますから、少しの事で大変な目に合いますね。

 まぁ、私の場合はおばさんもいっぱいいましたが、ただマンですし、ご飯まで奢ってもらいましたから、得をしたって言えばそうなんですが、友人の場合は違いますね。

 欲求不満を解消させて、そして食欲まで解消させて、挙句にお金もですね、大枚まで叩かされてしまいましたからね。

 災難は、何処に落ちているのか解らないものですね。

 私だって、

 「旦那さん、マッサージに行って来て全然体が柔らかくなっていないナ。何か変な感じナ。疲れているような感じだしね。どうしてですか? 何かしたですか?」

 ばれたら、何をされるかわかりませんからね。命に関わるような嫉妬感にやられてしまうか、死ぬまでさせられてしまうかですね。

 あ~恐ろしい!

|

« 今の、バンコク! | トップページ | 奥さんの料理について »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッサージの悲劇:

» エコバッグ [エコバッグ]
また来ます!私のサイトにも遊びに来てみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月曜日) 午後 03時30分

« 今の、バンコク! | トップページ | 奥さんの料理について »