« とっても楽しいタイガール物語 | トップページ | 夜咲くタイガールのその後! »

2008年6月22日 (日曜日)

タイガールのSex感

022  タイガールのSex感について考えてみましょうね。皆さんは、どの様に思いますか? タイランドの中でも色々な意見や考え方がある様子ですね。

 では、どんな意見があるかご紹介しますと、

1.10代の中盤には、オルガスムスを経験して、完全に快感と快楽を覚えている。

2.タイガールの殆どが、オルガスムスを経験した事がなくて、殆どが女として未完成のままである。

3.いく事が遅くて、中々開拓する事が困難である。

4.タイプとしては、いくのが早くて何回もいく事が好きで喜びである。

5.世界各国何処の女も同じであるから、タイガールも平均的に同じ様な感じである。

 何なんでしょうね。これでは、具にも付かない評論家と同じ様な意見の集まりみたいなもんですよね。実際はどうなんでしょうね。

 結論から言いますと、十人十色若しくは、一人十色って感じですね。私の経験上では、全員が違ってましたね。

 但し、言える事は我々男性がどれくらいそのタイガールを愛しているかって事の度合いによって、感覚や感じ方は全く違うって事ですね。

 現在は、フリーセックスの時代ですし、タイガールも例外ではなくて色々と好き放題をしているって事も最近は聞きますが、一部のタイガールの事で、誇大広告的な表現になっているんでしょうね。

 基本的には、我々男性では女性の事なんかは解る筈ないですね。だって、私なんかは、自分の事でさえ解らなくなる事がしょっちゅうですよ。ですから、他人様の事なんか解る筈はないんですね。

 特に、女性の事なんかは解る訳はありませんね。特にセックスの事なんかは解る筈ありません。解っていれば、色々とトラブルや大変な目に合う事はありませんからね。

 タイガールに於いては、言える事は一つだけなんですね。本当に簡単な事ですが、男によって変わる事、そして男によって感じ方まで変化する事なんですね。

 愛される事で、感じ方は本当に変化してきます。体を開拓したって思っていらっしゃる方もいるでしょうが、それは間違いだと思います。

 タイガールは間違いなく男によって変化をする、否、進化を続ける女性なんですね。これが、一番の魅力なんですよ。貴方の愛する気持ちが変化して、そしてタイガールの本能にささやきかける事が出来ますと、素晴らしく変化を、進化をして行くんですね。

 お~、素晴らしい!

 「したいですか?」

 「当たり前ナ。愛する人としたくない女はいますか?」

 「そうナ・・・・・」

 「1時間でも、5時間でも、24時間でもしたいに決まっているでしょ。体も、心も頭もぜ~ぶが、一緒になるのよ。もし、出来なくなっても何も問題もないのよ。Sexは、する事だけの意味や行為じゃないのよ。」

 う~ん、考えさせられる言葉ですし、薀蓄のある言葉ですね。それも、心の底からの叫びの様な感じがしますね。

 お間違いなく、内の愛妻の事だけの事を言っているんじゃないですよ。私はこんな話を過去何回か聞きました。又、知人や友人の奥さんや恋人から何回も聞いた事がありますからね。

 もしかして、感じているのは演技じゃないかって考えている貴方、本気で心から愛してないですね。何もかもを全てをささげようって思ってないですね。タイガールに!

 それでは、本当の素晴らしいSexをする事は出来ませんよ。

今回の教訓です。

 如何ですか?

 知人の中でSexについての質問を良く受けますが、答えはこんな感じですかね。タイガールと付き合ったり、一緒になったりするのは、自分の事を問う事が一番の近道なんですね。

 基本は、問題は我にありなんですよ。

 「旦那さん、何を馬鹿なことばかり質問するですか? 可笑し過ぎるナ。私が貴方しか見えてないのは解らないですか? そして、貴方は私の事しか見てないのは私が一番解っているでしょ。」

 良い言葉ですが、怖い言葉でもありますね。でも、羨ましいでしょ、こんな言葉をいつも聞かされているのはね。

 ですから、早く皆さんも私と同じ様な、環境や境遇に上がってきて下さいね。保障しましょうね、素晴らしい女性を得る事で、最高の人生を得る事が出来るって事をね。

 早く~ぅ、こっちの水はあ~まいぞ~!

|

« とっても楽しいタイガール物語 | トップページ | 夜咲くタイガールのその後! »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガールのSex感:

« とっても楽しいタイガール物語 | トップページ | 夜咲くタイガールのその後! »