« 結局は泣き寝入り! | トップページ | マン・キョウ・ナ »

2008年6月13日 (金曜日)

愛情の山積み

013  タイガールとの恋愛や生活の最大の喜びは、愛情の山積みだって事ですね。実感をされている方は相当数いらっしゃると思いますが、通常は中々経験できないですよね。

 タイガールとの醍醐味は、息苦しいくらいの愛情の中で、自分が中心に世の中が回っていくが如くなんですよ。聞いた事はありませんか?

 この事が本能的に解っているから、我々はタイガールに引かれていくんですね。そして、リスクもお金も時間も掛けてタイランドに足繁く通っているんですね。

 理解できてますか? 解ってますか?

 最近では、ウーマンリブ(ふっる~)とか、レディーファーストとかフェミニストだとか、日本を含めた世界の先進国って言われている国では、殆どが女性優位とか女性に本当に気を使う世の中ですね。

 男のために何でもするって感覚は全く持ってなくなりましたね。女のために何かをしなさいって感覚ですかね。夜も満足させて、仕事もしっかりしているんだから、それ以外は女が男の為にしろって思うんですが、・・・・・

 両方しっかりとして無いかもしれませんね。

 真剣になったタイガールはどんな対応にでるんでしょうか?まとめて見ますから、自分の彼女と比較してみて下さいね。若しかすると・・・・(内の愛妻の事だけじゃないですよ。一般的なタイガールの事ですからね。)

1.食事の時は、取り分けは当たり前、汗や口元まで気にして拭いてくれます。

2.シャワーは何もしないで立っているだけで、全て洗ってくれます。

3.服の用意は当たり前ですけど、着替えやパンツを履くのでさえ手伝います。

4.寛いでいる時でさえ、何を食べるかとか、何を飲むだとか徹底的に世話を焼きます。

5.服飾や備品なども自分のものを買わないでも色々と揃えてくれます。

6.基本的な言葉と行動は、”Up to you”です。

7.兎に角自分の事は二の次としての行動をします。

 大体がこんな感じです。その代償としては、目の届く範囲から外れることが出来ない事と、何処かからだが必ず引っ付いている事です。まるで、母親と乳飲み子の関係ですね。

 愛情が山積みどころか、風呂に入ってお湯が全て愛情って感覚ですね。それも逃げることが出来ない状態でですね。でも、決して最悪って事じゃないですよ。知っている人には、理解が出来ると思いますが、中々良い湯ですよ。

 まぁ、子犬が喜んで嬉しさを表現できなくて引っ付いたり、転がったり、舐め回したり、飛び跳ねたりと色々な行動をしますね。それと全く同じ様な感じと思って頂ければ一番近いんじゃないですかね。

 「Akiさんは良いですね。誰も体験したことが無い様な愛情の中で暮らせる事が出来て。」

 「うん、そうか。お前も早くタイガールをゲットすれば良いじゃないか。」

 「いい所まで行くんですが、最後の最後に少し不安がよぎって、それを彼女に見透かされて終局って事が多いんですよ。」

 「そうしたら、俺がタイガールとの付き合いの妙技を伝授してやろうか?」

 「はい、お願いします。」

 「簡単やで、見猿・聞猿・言猿だけやね。ニュアンスやで。」

 「??????」

 愛情をいっぱい欲しかったら他の事は見ない事と、他の雑事や噂や色々な事を聞かない事と、自分の意見や常識って思っていることを言わない事です。この感覚を通しますと、タイガールは自分だけを見ていて自分だけを信じているって感じますから、唯一の最高位に昇格することが出来るんですね。

 是非、皆さんも愛情の山積みをご経験下さいね。離れることは出来なくなりますよ。

今回の教訓です。

 「旦那さん、何の飲むですか? あ~、こっちに来て口が汚れているから。 ねぇ、こんなに引っ付いていて飽きないですか? 汗かいてるナ、暑いでしょ、拭いてあげるナ。 何処いくですか? 」

 って、最愛の子供に接する様な感じです。煙草を吸いに言っても必ず、後ろいますし、何もしてない時は、ずっと私の顔を見ています。

 羨ましいでしょ。中には、疎ましいって言われる方も本音で言いますが、そんな対応を受けたことが無いんですね。実は、私がそうでしたからね。一番疎ましいって言ってましたからね。

 でも、本当の現実は違いますよ。

 「奥さんはいつも何を見てるですか?」

 「はい、旦那さん貴方以外は何も見えないのよ。そして、見えても見る気も無いのよ。世界の中で、全てが貴方なの、そうでしょ私の人生そのものでしょ。」

 羨ましくないですか? こんな事を言ってそれを実践するのはタイガールだけですよ。

|

« 結局は泣き寝入り! | トップページ | マン・キョウ・ナ »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛情の山積み:

« 結局は泣き寝入り! | トップページ | マン・キョウ・ナ »