« 愛情の山積み | トップページ | レンタカーでの旅 »

2008年6月14日 (土曜日)

マン・キョウ・ナ

014  ご存知でしょうか?表題のタイ語は?

 タイガールから言われた事はありますか? 

 素晴らしい言葉なんですよ。内の愛妻や以前の彼女の口癖は、「マン・キョウしたい!」って事ですね。皆さんは、言われてますか?

 簡単に意味を説明しますね。子供や赤ちゃんや子犬なんかを見ますと、可愛くて可愛くて、力強く抱きしめたいって感じませんか? 本当は、力強くすると壊れてしまいますが、それくらい可愛くて抱きしめたいって意味なんですよ。

 良く、 「食べちゃいタイ!」って言っている人がいますね。これと同じ様な意味合いですね。いつも、いつでも何時までもこんな感じなんですよ。タイガールの愛する人への感覚はね。

 こんなタイ語を聞く様になって一人前ですかね。って偉そうな事をほざいてますね。

 先日、友人達とタイガールについての議論が白熱しました。何時間も続いて、泥酔状態ですね。結局は、意見は二つに分かれました。

 「世界で一番良い女はタイガールだろぅ。」

 「う~ん、そうかなぁ。騙されている日本人は結構多いだろぅ。良いのは良いけど、差が激しいんじゃないか? Akiは、どう思う?」

 「二人の意見をもっと聞きたいから、ハイ、進めて!」

 「絶対にタイガールに決まっているよ。でないと、タイランドに足繁く通う日本人はドンドン減るだろ。」

 「でも、日本人の男は馬鹿だから騙されてもコストパホーマンスで行くんだよ。」

 ここで、私が登場します。二人とも間違ってます。解説をしますと、本気で愛されている男にとってはタイガールは世界一なんですよ。そうでない場合は、どちらかと言いますと大変でお荷物に近いんですね。

 続いて、日本人男性が騙されている訳ではないんですね。勝手に夢の中を漂っているだけなんですね。どちらかと言いますと自作自演の狂言の様なものなんですね。

 解りますよね。

 「タイガールはね、世界で最高の女で、世界で最低の女なんだよ。それを、決める事が出来るのは、われわれ男だけなんだ。議論百選しても、この理論には適わないんだよ。解ったか?」

 結論を言いましたが、これが中々理解が出来なくて終局にはならないんですね。何時までたっても議論と酒が止まりません。

 最高の女って事は、裏を返せば最低の女って事なんですよ。

 彼女達は愛する人にだけ素晴らしさを発揮するんですね。その上、それ自体が当たり前って感覚ですから、その彼女達の感覚を経験しないといけませんね。

 上辺だけの場合は、彼女達には私達は美味しいお金の匂いがする、大好物のような感じに映っているんですね。ですから、どんな手を用いても食べてしまいたくなってしまうんです。

 子供と同じですから、駄々を捏ねても手に入れようってしますでしょ。

 でも、愛される事をしますと、すべてを投げ打っても自分を犠牲にしても愛を貫く事をものともしなくなってきます。ただ、代償は焼きもち焼きと心配性と独占欲がおまけに付いてきます。

 「君は愛する人にマン・キョーしたいですか?」

 「当たり前でしょ、24時間マン・キョーしたいに決まっているでしょ。」

 「ふ~ん。」

 「Akiさんは、愛する人にマン・キョーをいつでもしたく無いですか? 力いっぱい抱きしめたくないですか?」

 あるタイガールとの話ですが、野別間も無くへばり付いて、心も体も全てが一心同体でいたいって言うタイガールの特徴ですね。

 何度も言ってますが、タイガールが世界最高の女だって言うのは、我々男性の言動と接し方ですからね。素晴らしい女をゲットする為に努力を惜しまない様にしたいですね。

今回の教訓です。

 もう一度言いますが、タイガールは世界最高の女で、世界で最低の女だって事を忘れないで下さいね。

 又、それを決定つけるのは我々男性だって言う事を努々忘れないようにしないといけませんね。

 「私は、愛する人に愛し続けられると本当に良い女になるのよ。」

 「でも、中々信じないでしょ。それに、それまでが大変・大変!」

 「そりゃそうでしょ、世界でただ一人を死んでも愛するのよ。真剣に吟味するのは当たり前でしょ。」

 「ま~ね、その通りだね。」

 「うん、でもAkiさんの奥さんは、真剣で本当に貴方を愛しているのが誰が見ても解るわ。貴方の事しか見えないし、考えてないものね。」

 他人様からそう言われると、苦しいですが幸せ一杯って感じが改めてしますね。是非、皆さんも世界最低じゃない、世界最高のタイガールと素晴らしいときをお過ごし下さいね。

|

« 愛情の山積み | トップページ | レンタカーでの旅 »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マン・キョウ・ナ:

« 愛情の山積み | トップページ | レンタカーでの旅 »