« ある(老人)愛の物語 | トップページ | 奥さんの変な友達 »

2008年6月 5日 (木曜日)

タイガールの傾向論

005  長年タイランドに行っていて、自分の愛妻はタイガールで、何でも知っている様な感覚になっていますが、新たな事にぶつかる度に何も解っていないなぁって感じる事が本当に多いですね。

 なのに、大層な表題だって思われますよね。書いている本人が”ご大層な表題をつけたものだ”って思っているくらいですから、お読みになっている方はついて行きにくいですか?

 でも、仕方ないですね、何時までたっても文章力も内容も成長しないんですからね。最近では、諦めて何時まで続くかって、続けれるだけ続けようかって考えていますからね。

 お暇でしたら、お付き合いを下さいね。

 話は変わりますが、タイガールに付いてですが、彼女達は一定の傾向がある様な気がしているんですが、どんなもんなんでしょうね。自称スペシャリストですから余り参考にならないかもしれませんが、検討してみましょうね。

 「Akiさん、タイガールに付いてスペシャリストだってね。何でも知っているんでしょ。タイの女の子が何を考えて男と付き合っているのか解る?」

 「当然だね、俺は女心の解る渋い中年だよ。」

 「ふ~ん、その割には奥さんの事あまり解って無い様子よ。」

 「何が?」

 「だって、忙しかったら電話も少ないでしょ。最近は縛らないで放任主義でしょ。焼きもちも焼いてあげないでしょ。心配もしないでしょ。」

 「・・・・・」

 「タイの女の子は何も要らないし、どんな事でも耐える事が出来るんだけど、いつも愛する人の目が自分の方を向いていて、そして自分だけを愛しているって実感できないといけないのよ。」

 そうなんですね。皆さんにもいつも言っている事なんですね。本当意簡単な事なんですが、ぬるま湯に浸かっていると感覚が麻痺してくるんでしょうね。

 特に男は、こんな簡単な事はすぐに忘れてしまいますね。又、釣った魚に餌をやるのを忘れがちですね。

 そこで! 重要な事があります。私も実践していますが、タイガールを喜ばす事があるんですね。簡単ですよ。

1.付箋に焼きもちを焼く日

2.付箋に愛を語る日

3.付箋に束縛する日

の、3種類を書いて、手帳の日付の所に書いて張っておくんですね。そして、電話ででも何でも良いんですが、その日に必ず実行するんですね。終わったらその付箋を翌月のある日にちに貼っておくんです。

 そうすると簡単でしょ。仕事と同じですから定期的にタイガールを縛るんですね。その高価たるや素晴らしいですよ。

 「旦那さん、貴方はいつもいつも私の事だけを見ててくれるナ。嬉しくて嬉しくて貴方がいない世界は考えられないナ。」

 「当たり前じゃないか。愛妻の事を守って見つめ続ける事は。」

 「はーい、でも旦那さんも焼きもち焼きナ。私は大変よ。でも、私は死んでも何があってもいっぱいいっぱい貴方だけを愛するナ。」

 文句を言っている様子ですが、束縛されたり焼きもちを焼かれるのは本当に好きですね。と言うよりは、愛の証って考えている節が有りますからね。

 これって重要なんですよ。但し、本気で愛されていないタイガールにとっては、一番嫌いな事は束縛されることですからご注意が必要ですね。

 皆さんは、愛するタイガールを束縛できていますか?

今回の教訓です。

 簡単な事が出来ないのは男の性ですね。でも、私が実践している事を真似していただければ本当に簡単でしょ。

 これは、毎日の事じゃないですから忘れる事もあるんですが、付箋を利用しますと確実に愛するタイガールの会いも囁けますし、束縛する事は簡単に出来るんですね。

 騙されたと思ってやってみて下さいね。

 「旦那さん、最近は焼きもち焼くのが少ないな。私はあきたですか?」

 「飽きるわけ無いでしょ。」

 「でも、あんまり心配しないでしょ。」

 お気をつけ下さいね。傾向的には、心配してくれない男は信用してくれませんね。基本的には、自己中心的です、でもその分以上に見返りはありますからね。

|

« ある(老人)愛の物語 | トップページ | 奥さんの変な友達 »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガールの傾向論:

» AO入試情報/専門学校/審査/育成 [AO入試情報/専門学校/審査/育成]
AO入試と聞けば、大学に特化した入試として知られていると思いますが、何も大学だけがAO入試を行っているわけではありません。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日曜日) 午後 08時38分

« ある(老人)愛の物語 | トップページ | 奥さんの変な友達 »