« 私はTGの味方で、理解者です | トップページ | 抜ける事の出来ない現実 »

2008年7月 4日 (金曜日)

しがみ付く男達とぶら下がる男達

034  先日タイ人の悪友から面白い話を聞きました。そうして、ある日本人を紹介してもらいました。合計で二人なんですが、これが典型的な表題の二人なんですね。

 余りにも情けなくて馬鹿らしいんで、ご紹介をさせて頂きますね。皆さんの中にも気が付かないだけで、この二人のような行動をしているのかもしれませんから、今日は反面教師の勉強をしていただきましょうね。

 一人目の男ですが、表題のとおりタイガールにしがみ付いて女の腐ったようなタイプです。(失礼しました、女性を馬鹿にしているわけではありません、昔からの言い回しですから、ご了承下さいね)

 大手の駐在員なんですが、あるタイガールと同居をしているんですね。でも、彼には日本に別居をしている奥さんがいるんです。前の私と同じですね。

 スッパリとけりをつけて一緒になれば良いんですが、中々踏ん切りをつけて無いんですね。それを、タイガールから迫られているんですが、やっぱり踏ん切りがつけることが出来ないんです。

 その度に分かれるって話になるそうですが、泣きながら縋り付いて離れないんですね。そんな彼に愛想を尽かしているタイガールですが、ダメンズが好きな性分なんでしょうね。結局腐れ縁なんですね。

 「あんたねぇ、男なんだからしっかりとしないといけないでしょ。出ないと仕事も大変な目に合うよ。」

 「ハイ、でも別れることなんて出来ないんですよ。」

 「どっちがよ。誰と別れる事が出来ないの?」

 「両方なんです。日本もタイランドもそうなんです。」

 「ふ~ん、で何! 俺に何の用なの?」

 「ご相談をと思って、○○さんにご紹介願ったんです。」

 「じゃ、俺の言う通りにしなさい。」

 「そんな事が出来あたら相談に来ませんよ。ねぇ、どうしたら良いですか?」

 「あほ~、死んでしまえ!」

 何を基準にしがみ付いているんでしょうね。これがエリート駐在員だそうです。日本でも、タイランドでも宙ぶらりんの状態です。我々の周りにもこんなタイプは存在しますから、気をつけないといけませんね。

 続いて、ぶら下がる男ですが、これは完全にヒモですね。彼女は寄るの生活で生計を立てています。そのタイガールから小遣いを貰って日々の生活を送っているんですね。何もしないでですよ。

 以前は、仕事もバリバリとやっていたそうですが、タイガールの至れり尽くせりの生活で、ホームレスの様になってしまった様子ですね。人間って一度楽をして堕落した生活を送ってしまうと抜ける事が出来ないって言われていますが、本当にそうなんですね。

 「あんたの相談って何?」

 「えっ、別に無いですよ。○○さんがAkiさんの所に行って話を聞けって言われたんで、来ただけですからね。」

 「ふ~ん、じゃ帰りな。俺から話す事は何も無いなぁ。今の境遇に問題が出たらおいで。それか、タイガールが逃げたらおいで!」

 「はい、そうします。」

 気力も何にも無いんですね。こんな馬鹿なはしばかりをしていても仕方ないですね。ここで、考えないといけません。タイガールって考え様によっては男を堕落させてしまうんですね。

 何でもしてくれて、ダメンズが好きで、そして生活まで見てくれるんですからね。ある意味世界最低の女かもしれませんよ。

 タイガールが世界最高の女だって言うのは、男がしっかりと仕事をして分別を弁えた生活ができる事が条件ですから、そのことを忘れてはいけませんよ。これが無いと、幸せになるって事は無いですからご注意下さいね。

今回の教訓です。

 お話したことがあると思いますが、タイガールって我々の対応そのもので世界最低の女になったり、世界最高の女になったりするんですよ。我々男がしっかりしている事が最低の条件なんですから、忘れてはいけません。

 男は特に堕落したい動物なんですね。ですから、タイガールの本質は男を堕落させる麻薬的なものも持ち合わせているんですね。

 でも、普通の男の場合は最高の女である事は間違いないんです。タイガールは、男の鏡ですから、忘れると嵌ってしまって最低の道を辿ることになりますよ。

 「旦那さんの所には、変で訳の解らない人が良く来るナ。」

 「どう思う、あの人達は?」

 「う~ん、関係ないナ。私旦那さんにあんな馬鹿が移らない事だけを考えているからね。」

 内の場合は、内の中は全て愛妻の仕事で、外は全て私の仕事ですからこんな感じにはならないと思いますが、皆さんもタイガールとは確実に仕事の分担はすべきですね。

|

« 私はTGの味方で、理解者です | トップページ | 抜ける事の出来ない現実 »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

 「そんな事が出来あたら相談に来ませんよ。ねぇ、どうしたら良いですか?」

文書が間違っていたのでコメントさせて頂きました。

投稿: 二宮 | 2008年8月18日 (月曜日) 午前 09時50分

いらっしゃいませ!nanasiさん。
 昔覚めない夢を見るのは人生を終わって、永久の眠りに付いた時だけだって言われる方がいました。
 覚めない夢は、自分が覚めない様に一人の女性を思い続ける事でも覚めない様子ですね。
 って、格好良過ぎますね。

投稿: dannasan | 2008年7月 5日 (土曜日) 午後 05時49分

お邪魔します。
 一生覚めない夢ならいいでしょうね?
判っているのに止められないのが男の性ですか....

投稿: nanasi | 2008年7月 5日 (土曜日) 午前 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しがみ付く男達とぶら下がる男達:

« 私はTGの味方で、理解者です | トップページ | 抜ける事の出来ない現実 »