« 抜ける事の出来ない現実 | トップページ | 宿泊の基本と優遇性 »

2008年7月 6日 (日曜日)

移住計画開始

036  私にとってのタイランドは、嫌々ながらやってきて、そして好きになってタイガールを奥さんにして、そして最後にはタイランドに移住をして人生を全うするって事の代名詞になって来ました。

 私は、まだ日本での仕事が抜けることが出来ませんので、今年中に愛妻を日本に連れて行って正式な奥さんにして、今後仕事を止めてタイランドに骨を埋める為の準備を万端整えなくてはいけません。

 ですから、移住計画を開始って事じゃなくて、準備を粛々と進めています。

 言っちゃいましたね。愛妻を正式な奥さんにするって、そうなんですね。今も手続きを粛々と進めているんですが、日本の政府もタイランドの政府も結婚をさせたくないんでしょうかね。

 妨害をしているって感じが本当にします。自分でしようかって思っていたんですが、内容を調べてみますと絶対に出来ませんね。信用の置けるエージェントに頼まないと中々出来ませんね。

 全部終了しましたら、今後の皆さんの参考の為にご説明をしますね。

 では、話を進めて行きましょうね。

 移住するって事なんですが、別に何をする訳じゃないんですね。先日話をした様に、自分達がタイランドに帰ってきても住むことが出来る土地は購入しました。そして、今は、そこに家を建てている最中です。

 これで、住居を確保してどんな仕事をするかって事を模索している状態です。でも、今のタイランドは中々厳しいですね。物価は高くなりますし、米まで手に入りにくいって状況もありますからね。

 ですから、バンコクには住まない様にしました。愛妻の田舎に住む事にしましたし、今後は田舎に別荘って感じで不動産を増やして行こうって考えています。

 へっへっへっ・・・・     金持ちの様な感じがしませんか? そんな事は無いんですね。簡単な方法があるんですよ。タイガールが奥さんじゃないと出来ない事なんですけどね。

 タイランドの銀行は住宅ローンって事を業務にしていますね。タイ人は同様にお金を借りて支払っていくわけですが、支払いの出来ない人が相当数いるんですね。そして、銀行に土地も家も取られてしまうんですね。

 最後に1バーツでも支払いが出来ない場合は、取られてしまうんですよ。それを、銀行が独自にフェスティバルって名目で、一般的に売りに出すんですね。これは、安くて中々良い物件があるんです。ねらい目ですね。

 これはこれでアンテナを張っておきます。でも、もっと面白い事があるんですね。支払いが出来ない人を探すんですね。難しいってお思いでしょうが、タイガールが奥さんでしたら簡単です。

 色々な噂もありますし、兄弟や親戚の人たちにもアンテナを張っておいて貰うんですね。地上げ屋のような感じでは無いですよ。大きなタンブンをするんですね。採集し払い金額を確認して、私が支払いをしてあげるんですね。

 そうして、愛妻の名義にしてしまうんです。それから、話し合いで銀行なんかに掛け合って、再度ローンを組んで、半分をお返しするんですね。半分は、私たちの物になるんです。

 解りにくいですね。30万バーツの残りがあるとしますね。それを私が出してあげて全部を愛妻の名義にするんです。それから、協議の上で、例えば半分の土地と家屋がいるとしますと、18万~20万バーツで売るんですね。銀行に再度ローンを組ませてね。

 悪い事をしている様子ですが、何もしないと0ですね。取られてしまうんですからね。そうしますと感謝をされて、半分になりますがもう一度その人はそこに住めるんですね。又、我々は、半分の土地を破格値で買えるんですね。双方が得をするんです。

 なんたって、その人は0になるのを私が助けるんですからね。でも、私は少しのお金で土地を取得する事が出来るんですね。そこに家を建てて住んでもいいし、貸しても良いし、売ってもいいんですね。

 持ちつ持たれつの関係で、着々と移住計画を進めているんですね。

今回の教訓です。

 わかりにくい話なんですが、よく読んでいただくと解ると思います。人其々が移住計画を進められていると思いますが、一つの例だって考えて下さいね。

 タイランドに慣れていないと中々出来ないことなのかもしれませんが、奥さんがタイガールですと出来ますね。又、もしもの時は取られてしまうって事もありますが、それは彼女との関係です。

 又、タイランドは、権利書が無いと売買は絶対に出来ませんし、内の様に互いに契約書を取り交わしていると最低って事にはなりませんからね。

 まぁ、私の場合は最低って事にはならないと思いますが、

 「旦那さん、もしもの事ってあるでしょ。」

 「無いナ。奥さんは大丈夫でしょ。」

 「違うの! 旦那さんが私をポイするかも知れないって事。それ以外のもしもって事は無いの!」

 お金や土地なんかは関係ない様子ですね。こんな関係を築きあげれると楽しい移住生活ができるかもしれませんね。

|

« 抜ける事の出来ない現実 | トップページ | 宿泊の基本と優遇性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のり様。
 有難う御座います。移住を考えていますか? 私と同胞ですね。是非、移住をして日本と対の国旗を家の前に立てましょうね。

投稿: dannasan | 2008年7月 8日 (火曜日) 午前 11時58分

はじめましてのりです。移住計画を読みました。とても面白い内容でしたので、読ませて頂きました。私も移住計画を考えていたときに、ブログを拝見し参考になりました。

投稿: のり | 2008年7月 6日 (日曜日) 午後 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移住計画開始:

« 抜ける事の出来ない現実 | トップページ | 宿泊の基本と優遇性 »