« 親の愛情と子供への愛情 | トップページ | 見つかっても、手の中で! »

2008年8月15日 (金曜日)

飽きと継続性の相関関係

015  本日の表題はAKIと飽きを掛けている訳ではありませんから、お間違いのない様にね。

 いつもタイガールの心が変わる事は無いって話をしていますね。でも、タイガールだって飽きたり、嫌になって逃げたりしますね。では、どんな時か興味がわきます。

 先日、タイガールの何人かに調査をしてみましたので、ご紹介しますね。先に、内の愛妻に話を聞きましたが、

 「奥さんは、飽きたり嫌になったりはしないですか?」

 「旦那さん、私を飽たですか? 嫌いになったですか? 死ぬまで死んでも一緒にいるって言ったのに、・・・・・あ~ん、・・・・・」

 最悪ですね。質問の意味も考えないで、泣き出してしまって手におえませんね。後で、説明をしても全く駄目です。真剣に愛を貫こうってタイガールは、冗談でも、質問でも、この手の話は駄目ですね。

 ですから、違うタイガール数人に話を聞きます。トータル的にどんな感じかご紹介しますね。

1.仕事をしなくて、ヒモのようなタイプになってしまって、纏わり着いてくる。

2.お金の事は何もなくて小遣いをせびる様になる。

3.何回も浮気をして、浮気が病気のようになる。

4.他に女を作って、そっちの方に入り浸りになる。

5.消えていなくなる。

 5番目はタイガールにとってはどうしようもないんですが、一番これが多いようですよ。やっぱりタイ人の男は、糸の切れた凧と同じ様な感じですね。消えていなくなるのが一番多いんですからね。

 その他の答えも単純じゃないですか? 仕事をしないのと浮気をするのとの立ったの2種類ですからね。

 全員が上記の5項目の話をするんですからね。

 「それ以外で、嫌いになったり、飽きたりはしないのか?」

 「う~ん、日本の女の子は飽きたり、嫌いになったりと直ぐにするですか?」

 「解らんけど、別に良い男が出来たり、目移りしたりと色々とあるじゃないか。」

 「へ~日本人は浮気性ナ。だから、奥さんがいてもタイランドで女を買ったりするのね。そんな事をするヵら、奥さんに愛想をつかされるのよ。」

 「男の事はどうでもいいの。タイの女の子の事を聞いているの。」

 「普通は、今言ったことの五つの事意外で、嫌いになったり、飽きたりはしないでしょ。何で、しっかりと仕事をしていて、浮気もしないで私の事だけを愛している人を、飽きたり嫌いになったりとするのよ。その質問が、意味が解らないわ。」

 「ずっと?」

 「当たり前でしょ。自分の奥さんに聞いてみたらいいのよ。泣くか怒られるかのどちらかよ。」

 「・・・・・」

 本当にそうでした。最近は色々な事もありますし、わき目もふらずって事は無いのかなぁって思っていましたが、やっぱりタイガールが飽きたり嫌いになるのは、男の責任なんですね。

 まぁ、今までは飽きたり嫌いになったりする前に、タイの男が逃げていなくなっていたのかもしれませんね。ですから、そんな暇がなかったのかもしれません。それにしても、何人に聞いてもこんな返事ですから、タイガールの特徴って凄いですね。

今回の教訓です。

 南国の女性は飽きるのが早いのかなぁって感覚的に思っていましたが、全くそうではないんですね。これはタイガールだけじゃないみたいですね。

 継続性が本当に高いんですね。安心すると共に、怖さも心の中に芽生えてきますね。だってね、全てが男のことで変化していくんですから、我々男がしっかりとしないと、彼女達を潰してしまうんですからね。

 彼女達は、永遠に離れなくてずっと尽くしていくって事がDNAに組み込まれているんでしょうね。凄い事です。

 と言いつつもバンコクでは、男の所為だけじゃない離婚って事も増加傾向って事も真実ですからね。どんどんとタイガールもグローバル化をしてきて、事故の主張をする様になってきたんでしょうね。

 「旦那さん、私は怒っているからね。飽きるとか嫌いになるとかは、絶対の言わないで!」

 は~い、申し訳御座いません。以後気をつける様にいたします。

|

« 親の愛情と子供への愛情 | トップページ | 見つかっても、手の中で! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飽きと継続性の相関関係:

« 親の愛情と子供への愛情 | トップページ | 見つかっても、手の中で! »