« 最高に重要なものは何? | トップページ | ネット情報の悪意と善意 »

2008年8月 7日 (木曜日)

神聖な場所

007  タイガールにとっての神聖な場所は何処だと思いますか?

 タイガールの深層心理に迫ってみましょうかね。今日は、凄い内容になる様な気がします。高尚な話を紹介できる様な感じがしてきましたよ。

 あ~、期待が広がってきますね。って、考え過ぎないで下さいね。いつものように、期待はずれって事になりかねませんね。って、紹介をする私が言っていたんでは本末転倒ですね。

 ご質問が結構な数になって来ましたので、イラストに付いて説明をしときますね。

 ここで、最近は女性のイラストをブログに付けていますでしょ。これは、私が尊敬します ”空山 基” のイラストを借用させて頂いています。勝手に使って申し訳ありませんが、中々素晴らしいものでしょう。

 ご興味のある方は、写真集やポスター等のご購入をご検討下さいね。広告宣伝になってしまいましたね。

 タイガールの神聖な場所は、結論から言いますね。彼女が愛している人との共通の場所なんです。簡単に言いますと、二人の部屋とか、二人のベッドとかですね。

 それも誰にも邪魔をされない場所の事なんですね。ハイ、隔離をされていて誰も入ることが出来ない場所がタイガールにとって神聖な場所みたいですよ。内の場合は、私のアパートのベッドルームですね。

 ですから、誰も入れる事はしませんね。また、ベッドに触らせることも絶対にしませんね。触ったりしているのは、内の娘だけです。まぁ、まだ訳ワカメですから仕方ないって考えている様子ですね。

 先日は、奥さんの友人なんかと一緒に食事をして話をしていますと、

 「Akiさん、貴方の奥さんは殆どアパートの部屋から出る事は無いのよ。」

 「うん、知ってるよ。」

 「始めは貴方が外に出さないって思ってたわ。それとか嫉妬が酷くて大変だからとかね。」

 「そんな事は無いね。」

 「でも、奥さんの気持ちは解るわ。自分が愛する人の匂いがする神聖な場所から離れたくないって思っているって事はね。」

 「嬉しい限りだね。」

 「デモね、彼女も嬉しいのよ。彼女は仕事もしないでしょ。もしも時間が合わない事があると、後悔するって言って、貴方を待つ事だけに時間を費やしてきているのよ。」

 「・・・・・」

 「神聖な場所はあなたと二人になれて、貴方の匂いがする場所なのね。」

 「じゃ、お前は何処が神聖な場所なんだよ。」

 「タイの女の子は全部が同じよ、愛する人と一緒にいられるところで、愛する人の香りが染み付いている所ね。」

 タイガールの不思議な感覚は、こんな感じですよ。ですから、女の子どうしは良く理解していますから、犯すことはしないんですね。

 愛妻の友人達に、内の奥さんは俺がいない時には、必ず俺の服を一日中着ているって話をしますと、

 「当たり前じゃないの、愛する人に包まれていたいって考えるのは、女の子は当然でしょ。愛する人を待っている間は、そうじゃないのはまだ愛していないわね。」

 「ふ~ん。」

 「デモね、貴方の奥さんは外に買い物に行くのもAkiさんオ者を着ているでしょ。それは、少し問題あるけどね。」

 タイガールの神聖な場所を大切にすると共に、侵すような事は努々してはいけませんね。肝に銘じとかないといけません。

今回の教訓です。

 如何ですか? 彼女達の神聖な場所は愛する人と隔離される場所がそうみたいですね。

 又、愛する人の香りが着いている場所は神聖な場所の中でも最高の場所みたいですよ。内では、娘がアパートにいる時は、私がいつも寝ている所の場所を取り合いしていますからね。

 又、娘からはパパの服を着るなって喧嘩が耐えませんからね。

 香りを大事にするタイガールは本的なところが多分い残っているんでしょうね。ですから、ピュアさがにじみ出ているんでしょうね。

 又、臭いとかって違う匂いに敏感なんでしょうね。人の匂いのチェックは重要ですね。

 「パパの匂いは良い匂いナ。」

 「貴方は、おじさんや煙草やお酒の匂いは嫌いじゃないの?」

 「うん、でもパパはおじさんじゃないし、良い煙草を吸っているし、良いお酒を飲んでいるから臭くないナ。」

 勝手気侭な判断ですが、これはタイガールそのものですからね。少しでも臭いって表情をされるのは完全に他人様ですからね。

|

« 最高に重要なものは何? | トップページ | ネット情報の悪意と善意 »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神聖な場所:

« 最高に重要なものは何? | トップページ | ネット情報の悪意と善意 »