« 僕、死んじゃった! | トップページ | 成功への激走 »

2008年9月24日 (水曜日)

タイ人夫と日本人妻

055  内のアパートに最近流行のタイ人の旦那さんと日本人の奥さんのカップルがいます。

 このカップルには二人の子供がいます。上が女の子で、下が男の子ですね。子供にもてる私はこの二人の友人関係を形成しているんですね。不思議でしょ。

 特に女の子とは、恋人の様な感じですよ。顔を見る度に、はにかんで寄ってきますし、嬉しそうにハグをしますからね。(焼きもちで大変ですよ。子供に向ける顔は笑顔ですが、私に対する顔は恐ろしいです)

 そこの子供達と話をしていますと、日本人女性とタイ人男性の暮らしの中身が見えてきます。子供ですから、歯に衣を着せない形で、何でもしゃべりますから面白いですね。

 皆さんもあまりこのタイプのカップルの事はお知りにならないでしょうから、今日はご紹介をしますね。他人の家庭は見てみたいって事ですから、出刃亀的な野次馬根性で、他の家庭を見てみましょうかね。

 「おじちゃん、内はね。本当に貧乏なんだよ。お金が無いんだよ。だから家族4人で、一つの部屋しかないんだよ。」

 「ふ~ん、悲しいし寂しいか?」

 「そんな事は無いよ。デモね、お父さんは仕事をしないし、お母さんだけが仕事をしているからね。お金が無いんだよ。」

 「それは大変だね。」

 「デモね、お母さんはお父さんに文句は言わないし、優しいし、普通に生活をしているのに、お金が無いっていつも言っているのよ。」

 「・・・・・」

 「おじちゃんもそう思うでしょ。お父さんは仕事をしないといけないでしょ。お母さんを悲しませんるのは駄目でしょ。おじちゃんの奥さんは、いつもおじちゃんは一生懸命に仕事をして、いない事が多いのよって言ってるでしょ。」

 「う~ん、難しい問題だね。」

 「おじちゃん、お父さんに仕事をする様に話をしてよ。お母さんが可愛そうなんだもの。であいと私は、お父さんを嫌いになっちゃうわ。」

 「・・・・・」

 う~ん、難しい問題ですね。日本人とタイ人のハーフって言いますと、逆のカップルが多いんですが、最近は増えてきましたね。でも、殆どがヒモって言っても良い様な感じですからね。

 でも、どうしてそんな生活に我慢できるんでしょうね。簡単ですね。タイ人男性の女性に対するケアですね。何事にも帰る事が出来ないんでしょうね。女性としてはね。

 皆さんは同の様に感じますか? 

 日本には無いタイプの家族なんですが、傍からいていますと不幸って感覚は無いんですね。どちらかって言いますと幸せに見えるんですよ。子供にも、奥さんに優しくて良い男なんですね。

 でも、仕事しないで遊んでいるだけなんですね。日本では、許されない事なんでしょうが、本当は、真相はどうなんでしょうね。特に、女性の感覚って考えますと同なんでしょうね。

 普通のタイ人との違いは、浮気をしないって事なんですね。他の女の噂も、陰もないそうですよ。それだから、奥さんの顔を見ますと幸せそうですね。下世話な事ですが、本当の美人で、勿体無い感じです。

 「おじちゃんみたいな人がお父さんだったらお母さんは、もっと幸せになっていると思うのよ。」

 若しかしたら、私のようなタイプは幸せに感じないかもしれませんね。徹底したケアは出来ないですもんね。日本人の普通よりもしっかりとしたケアはしますが、タイ人男性に比べますと、比較にならないですよね。

 見習わないといけませんね。

086 今回の教訓です。

 最近では、日本人女性とタイ人男性のカップルが増加している様子ですね。でも、女性が生活力と仕事を持っていないと成立しませんね。

 これで、タイ人の男性が少しでも仕事をしてくれれば楽なんでしょうが、しても大した給与しか得ることが出来ませんから、普通の日本的な生活は出来ないでしょうね。

 でも、生活力がある女性の場合は、夫婦の役割が逆手しているって考えれば、可笑しくはないですね。ここの家庭の奥さんは、日系企業に勤めていますから、そこそこの供与を稼ぐ事が出来ますね。

 タイランドでは十分ですね。

 又、日本人には無いようなケアを受けますから本当に幸せかもしれませんね。それに、タイランドでは、女性と結婚した外国人男性は簡単にタイランドには住むことは出来ませんが、逆に女性の場合は簡単です。

 「旦那さん、あそこの内は幸せそうよ。でも、女の子は回りに日本人の子供がいるから色々と買ったり、いい服を着たりを見ているから羨ましいのよ。でも、本当にどっちが幸せか解らないナ。」

 そうかもしれませんね。私から見ていてもこの娘のお母さんは幸せそうですもんね。

 

|

« 僕、死んじゃった! | トップページ | 成功への激走 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ人夫と日本人妻:

« 僕、死んじゃった! | トップページ | 成功への激走 »