« 記憶に残る恋物語 | トップページ | 助けて~ »

2008年10月24日 (金曜日)

愛の行方

076  昨日の続きです。どうして彼等を元の鞘に収めるかですね。それよりも、彼女の気持ちは同かって事を確かめないといけませんね。

 でも、それは大丈夫! 間違いなく彼女は彼を待ち続けているんですね。しかし、もしもそうでない場合は、諦めるって事で彼と話を進めていきます。

 それには、時間が必要になってきます。彼女の電話番号を調べて毎日、朝昼晩に電話とメールを入れさせます。出ないんですけどね。諦めないで、何ヶ月も続けていくんですね。でも、言い訳じゃないですよ。

 今までの事については一切触れる事無く、今の自分の気持ちがどうであるか、今後二人でどの様にしたいかって事をずっと続けて行くんですね。中々根気の要る事ですね。

 「そろそろ電話に出る様になったか?」

 「まだ全然ですね。」

 「そうか、そろそろ次の段階に移っていくかな。」

 彼は、1週間の休みを取らせまして、タイランドへと向かいます。住んでいる場所も、仕事をしている場所も解っているんですからね。

 1時間毎に買い物をさせます。夜には、アパートの前で待たせます。そうして、声を掛けさせ続けますね。知らない人でも、底までされますと心が動かされますよね。ましてや今までは愛し合った二人ですから、彼女の心が変化しないはずはありませんね。

 名づけてストーカー作戦です。ベタ過ぎますかね。私の今までの経験から行きますと、色恋についてはベタな方が絶対に功を奏するんですよ。これだけは、間違いない事なんですね。

 ついに、彼女が文句を言う様になりました。これで、締めたものです。

 「俺は、今の君に恋をしている。これからに生涯を君と一緒に生きて行きたいって思っている。君の心が俺の方に向くまで、何時までも俺は待っているし、時間がある限りはタイランドに来て、今までのように続けさせてもらうからね。」

 くっさ~・・・・・こんな言葉は素面ではいえませんよね。デモね、追い込まれて自分の将来を決めてしまっている男は、強いんですよ。臭さも嘘さも微塵も見えないんですね。心の底からの叫びですからね。

 心の底からの叫びを聞く事が出来ないタイガールはいませんね。本能で生きている彼女達にとっては、最高の呼びかけなんですからね。

 「過去の事を一つだけ言うと、どんな理由があろうと君を待たせたのは俺だから、死ぬまでは待つ事が出来るからね。早く、答えを出す必要はないんだからね。でも、どうしても俺を受け入れる事が出来ないって事だったら、君の前からは、消えるけれどずっと待ち続けている事だけはさせてもらうからね。」

 決め言葉でしたね。

 4日目の夜の彼女からの言葉は、

 「ラック・○○・コンディオ・ナ・カー!」 でした。私だけを愛しなさいですよ。その後の事は、皆さんの想像に任せますね。やっぱり、最終的にはハッピーエンドになったでしょ。

 このエピソードに色々なアドバイスが隠されていますね。皆さんは、気がつかれたことだと思いますが、おさらいをして見ましょうかね。

1.機械に頼っては駄目ですね。

2.判断も決定も自分でして、諦めない事ですね。

3.心の底からの叫びはタイガールには自然と伝わるんですね。

4.失う物よりも得る物の方が大きいんですよ。行動する事です。下手な考え休むに似たりですからね。

5.相当の溝でもタイガールとは溝は埋まるんですね。

 等々色々とありますね。もっとあったんですが、くどくなりますからこの辺で止めておきますね。

 皆さんは、如何でしたか? 私は、この話を聞いてこの関係に携わらせていただいて、改めてタイガールの素晴らしさと、タイガールを心から愛している日本人の素晴らしさを感じさせて頂きました。

 素晴らしい女性のいる所には、幸せがあるんですね。

074 今回の教訓です。

 自分がどうすれば良いかって事を決めれない時には、どんな素晴らしい人に相談しても解決は出来ないです。決める事が出来ていない時には、どんなアドバイスを貰っても、迷いと混迷が深まるだけですね。

 相談事は自分で決めた事についての後押し、背中を押してもらう事だって事を覚えておいて下さいね。

 そうして、何回もいっている通りにタイガールは心の底からの事には敏感に反応してくれますからね。反応していないのは、自分の心が未だに決まっていないって事の裏返しですからね。

 「どうしたいの?ってAKIさんから聞かれた事が一番アドバイスになった。」

 う~ん、私は何もしてないような感じですよね。そうなんですね、タイガールとのお付き合いは、自分の心を決めてしまってその通りに行動をするって事ですからね。

 時間や距離は関係ないですからね。

 ここに素晴らしいカップルが誕生しました。心の底からおめでとうって言葉を送りたいと思いますね。

|

« 記憶に残る恋物語 | トップページ | 助けて~ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

ヤム様。
 貴方の気持ち次第で、タイガールは貴方のものになりますよ。
 我々日本人の問題点は、中々踏み出す事が出来ないだけですからね。出来れば、私を追随して下さいよ。仲間は、一杯いないといけませんからね。

投稿: dannasan | 2008年10月28日 (火曜日) 午前 02時35分

Akiさん。おひさしぶりです。
いい話ですネ。
私も彼女と一緒になりたいナ。

投稿: ヤム | 2008年10月26日 (日曜日) 午後 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の行方:

« 記憶に残る恋物語 | トップページ | 助けて~ »