« タイガールじゃないタイ人の女 | トップページ | 貴方は信じる事が出来ますか? »

2008年10月19日 (日曜日)

扶養家族は私の宝?・癌?

014  タイガールを嫁にしますと漏れなく色々な扶養家族やオマケが着いてきますね。まぁ、タイランドだけじゃなくてアジアの風習みたいなものですね。

 間違い、恋人なんかでもそうですね。若しかするとお客さんもそうかもしれませんね

 私にも色々と扶養家族がありますよ。愛妻や子供って事は当たり前でしょうが、それに母親が漏れなく付いて来ました。以前は、愛妻の兄貴も扶養家族の一員になるんじゃないかって思っていました。

 でも、話を何回となくして男の生き様って事について、格好良く教えてきましたが、愛妻の兄貴は、本当に素晴らしい男に変身して、私をサポートする立場になって来ました。

 少し安心しますね。大変ですもんね。

 母親は田舎に住んでいますから回りには、兄弟や親戚や仲間が沢山いますね。いつもの様に一緒にご飯を食べたり、寄ってきたりしていますね。

 そうすると、・・・・・

 誰がお金を出す様になってきますか? 愛妻の母親です。その母親は、誰の扶養家族ですか? 私の扶養家族ですよね。それに、タイランドはタンブンの国ですから、・・・・

 「旦那さん、ごめんなさいね。内の母さんは頭がゆるいから、ご飯なんかは全部出しているの。旦那さんは、仕事を一杯して大変なのにね。」

 私の事だけじゃないですよ。タイガールとの結婚には、漏れなく扶養家族がついてくるんですからね。でも、素晴らしい事もあります。

 私が田舎に帰りますと、神様か王様に変身します。ご近所さんや村の中の人全員が私の事を知っているんですね。常にタンブンをしている素晴らしい人って私を見るんですよ。その上、声まで掛けてくれるんですからね。

 だからってたかられる訳じゃないんですね。

 タイ人の性格としては、自分がタンブンを受けていると少し恥ずかしいですから、私の様にタンブンをしている人を徹底して自慢をするんですね。もっと言うと、神格化してしまうんですね。

 「AKIは、本当に素晴らしい人。自分が大変でも、我々を助けてくれるのよ。そうして、いつもニコニコと笑顔を絶やさない、ブッダの様な人なのよ。」

 そんな訳無いじゃないですかね。その時には、ケツの穴がこそばくなってくるほどの対応ですからね。確かに悪い気はしませんね。

 それに、少しでもお金の余裕が出来ますと、色々とフルーツなんかを送ってくれたり、もち米のワインを作ってくれたりと色々と世話も焼いてくれますね。

 最近では、内の愛妻が母親や親戚に私が大変だって話しをします。

 「お母さんは、自分の大きい方の息子が大変なのは我慢できるですか? 可愛そうじゃないですか?」

 って、言い続ける事で変化が出てきました。それに、母親もタイガールですからね。自分の息子って思ってきている様子ですからね。最近は、シビアになってきている様子ですよ。

 その上、娘が凄いですね。子供でもタイガールですから、自分が一番愛するパパが大変なのは絶対に許せないんですね。愛する人に大変な目にあわせたくないんです。それに、自己犠牲がこの頃からもありますからね。

 「メイ○○、これを欲しいって言ったらパパは大変ですか? パパは、もっと働かなくてはいけないですか?」

 4歳の子供の言う事じゃないでしょ。

 最近では、親戚のおばさん達まで、自分の甥が大変になるからって心配をして、頼らなくなってきているみたいですね。でも、男は別ですよ。漏れなくついてくる、扶養家族も交流をしっかりする事で、味方になって変化が起きてきますね。

 それは、女性からです。そして、皆が私の味方になってしっかりと仕事をしだすんですね。素晴らしい事ですね。

 そんな事は無いって感じている方も違うって感じている方もいらっしゃると思いますが、交流をして息子になって、本当に親戚になる事で、扶養家族が独り立ちをしていきますから_________、泰の女性は素晴らしいですね。

 やり方によっては、扶養家族が癌ではなくて、宝物になっていく様子ですよ。

 「皆がいっぱいご飯を食べに来るから、パパは仕事ばっかりで私の所に帰ってこれないのよ。」

 最近は、娘がそこいらじゅうで言い倒していますから、恥ずかしさもあって変身したのかもしれませんね。でも、憎めないのがタイ人ですよね。

081 今回の教訓です。

 タイガールとの付き合いの中では漏れなくついてくる扶養家族は、最低だって思ってはいけませんね。我々の対応一つで癌にも、宝にも変身していきますからね。

 又、私の様に最終的にはタイランドに移住ってことを考えている人間は、大切にしないといけませんね。

 でも、ここで注意があります。必ず、女性を味方につけなくてはいけませんよ。男は、最終的にも味方にはなりませんからね。当然です、タイランドは女系家族が基本中の基本ですからね。

 それに、少しのお金を送るのは当たり前ですが、愛されていますと必要以上のお金を送る事はしませんからね、タイガールは。

 やっぱり、一番は愛する人ですからね。

 「愛する人の大変なところは見たくないし、我慢できない。」

 これが、タイガールの真相ですから、そうじゃない場合はお気をつけ下さいね。

|

« タイガールじゃないタイ人の女 | トップページ | 貴方は信じる事が出来ますか? »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

かつどん様。
 有難う御座います。タイランドに付いては中々深いものがありますよ。お暇な時には是非覗いてみて下さいね。
 為にならない話の方が多いとは思いますけどね。

投稿: dannasa | 2008年10月23日 (木曜日) 午後 08時47分

なにげにブログにたどり着いて楽しく読ませて頂きました。なるほどな~としみじみ感じ入りました。深いな・・・。。

投稿: かつどん | 2008年10月23日 (木曜日) 午後 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 扶養家族は私の宝?・癌?:

» ガンに負けるな!【ガンとの闘い】 [インフォカート厳選情報商材紹介所]
ガンに負けるな!【ガンとの闘い】発行者:   森利由私は永年の仕事の経験からたくさんのガンの患者さんを見て来ました。勿論大部分の患者さんは何らかの形で病院の治療を受けていましたが、中には頑として病院の医療を拒否し、自分独自の考えでガンと戦っている人にも数多く出会いました。その中でも奇跡的に命を永らえた人、残念ながら力尽きてしまった人それぞれでしたが、私は結果としてその選択が良か...... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月曜日) 午後 05時21分

« タイガールじゃないタイ人の女 | トップページ | 貴方は信じる事が出来ますか? »