« 移住者と在泰者の憂鬱 | トップページ | ハント・ハンター »

2008年11月15日 (土曜日)

日本の地を踏みます。

064 

 内の愛妻が日本の知を踏むひが近づいて来ました。在留許可書も出て、VISAの申請も終わって、憧れの日本の地を踏むひが刻々と迫って来ました。

 そうなんです、私の雁字搦めの刑務所生活もドンドンと近づいて来ました。不自由するんでしょうね。

 友人と飲んでも、犬猫のメスと戯れても焼きもちを焼くんですからね。我々日本人との感覚とは、全く違った感覚ですからね。そのタイガールと四六時中一緒にいるんですよ。

 デモね、私は毎月の様に色々な国に行く事は普通の仕事なんですね。ですから、私が仕事に行っている訳ですから、その間は一人で知らない日本で待っていなければいけないんですよ。

 可愛そうな気がしますよね。確かに、日本にいますと私といる時間は今までよりも長くなる事は間違いないんですが、待っている間は何も知らない日本ですからね。タイランドでしたら、待つ時間は長いんですが、寂しい事は少ないと思うんですけどね。

 「旦那さん、待っているのはタイランドにいても日本にいても寂しいのは同じなのよ。だから、1日でも1分でも1秒でも長く一緒にいる事が出来るのは、今は日本でしょ。だから私は、日本で貴方の仕事の時は待っている方が、絶対に良いの!」

 う~ん、確かにそうなんですが可愛そうな気がしますよね。

 「旦那さん、私はね貴方との時間と貴方が総べてなのよ。貴方は日本には、1年の3分の1はいるでしょ。選択の余地はないの。どんな事があっても貴方の近くにいる事が私の最高の幸せなの。」

 内の愛妻なんですが、タイガールは本当に素晴らしい考え方をしますね。男にとってはこれ以上のことが無い様な感覚ですよね。

 話をしていても、頭が下がる様な気分になってきますし、私が刑務所に入ってしまうって形容をした事が恥ずかしくなってきます。

 確かに年が明けますと、仕事の関係で、今までよりも海外に出て行く事も少なくなりますし、愛妻がタイランドにいないんですから休暇をタイランドで取るって事も少なくなりますからね。

 今までの何倍もの時間を一緒に過す事が出来ます。今まで、寂しい目をさせた事の罪滅ぼしをしなければいけませんね。

 ・・・・・・・って、素晴らしく優等生的な話をしていますが、少し気が詰まるって事を考えているのは最低な男なんでしょうかね。

 「AKIさん、奥さんがそろそろ日本に行くそうですね。手枷足枷の生活が始まりますね。我慢できますか? 浮気どころか見るのも駄目なんですよ。」

 って、タイ人の知人に言われますが、確かにそうなんですが、・・・・・

 私は、男が徹底的に焼きもちを焼かれて、自分の事だけを考えて見続けた人生を送っていく女性を、煩わしいって事を言う事は出来ませんし、男冥利に尽きる事ではないかって考えます。

 タイガールとの生活では、一番の事はこれ以上内やきもちを焼いてくれる事と、自分だけを見続けてくれる女性との生活が、最高の特徴で思考の幸せであると考えますね。

 皆さんも、この手枷足枷の不自由な生活は男にとっては最高の者なんですよ。って、言い訳や負け惜しみじゃないですからね。タイガールとの生活は、こんな感じが基本ですからね。

 こんな感じから、素晴らしい感覚を得る事が出来るんですね。

079 今回の教訓です。

 長い長い時間が掛かりました。自分を心の底から愛してくれる女性を本当に長い間待たせましたが、やっと約束を守る事が出来ますね。ほっと、します。

 デモね、まだまだ約束がありますからね。

1.浮気は一切しない

2.ポイする事は絶対にしない

3.生涯一緒にいて見つめて、守り続ける事

4.焼きもちや嫉妬間や独占欲に耐える

5.夜は私の仕事

 たったこれだけですよね。って、大変じゃないですか。・・・・・う~ん、私は男ですから絶対に、大抵、たぶん、守る事が出来ると思います・・・・・

|

« 移住者と在泰者の憂鬱 | トップページ | ハント・ハンター »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

hide様。
 有難う御座います。いつも励まして頂いて本当に嬉しく思いますし、張り合いが出てきます。
 デモ、最近は文章力の無さに自己嫌悪の毎日ですが、もう少し頑張りますね。

投稿: dannasan | 2008年11月18日 (火曜日) 午後 06時44分

久しぶりの書き込みです。

いつも楽しく拝読しており、色々と参考になり
勉強? しております。

これからの奥さんとの日本での生活も、これまで以上に楽しい日記にして下さいねぇ~

 

投稿: hide | 2008年11月15日 (土曜日) 午後 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の地を踏みます。:

« 移住者と在泰者の憂鬱 | トップページ | ハント・ハンター »