« 愛と葛藤との日々1 | トップページ | 日本の地を踏みます。 »

2008年11月14日 (金曜日)

移住者と在泰者の憂鬱

040  タイランドへの移住者と在泰者の憂鬱が広がってきている様子ですよ。 

 これが、本当でしたら由々しき問題ですよね。これから、移住をしようって方も相当数いますし、私もその筆頭ですから困ってしまいますよね。

 タイランドに関わっている人々達は何に憂鬱を感じているんでしょうね。皆さんは、お分かりになりますか? 何人かに話を聞いていますから、そのまま紹介をしましょうね。

 「最近は何でも高いし、生活が大変や! 屋台のメシも3割も4割も値上がりやから、エンゲル係数が高なるわ。ガソリンだけは政府の援助で安なったけど、屋台愛好者は出費がドンドンと増えていくなぁ。」

 ・・・日本もなんでも高くなって、ガソリンも政府の援助って事は無いですからね。私は仕事柄良くないんですが、アジア通貨が弱くなっているのは、ツーリストには良い事かもしれませんね。

 「どんな店に行っても昔の様なホスピタリティーがなくなって来ているから、全く面白くなくなって来たなぁ。連れて帰る事も無いけど、もっと楽しませてくれんと行く気にもなれへんからなぁ。」

 ・・・本当にそうですね。私は、ホスピタリティーが合っても関係ない様なポジショニングにありますが、お金だけって言う風俗のタイガールが増えているのが現状ですよね。

 「最近はナ、女の子やカップルが増加して、俺等みたいに真面目にタイランドで生活している人間を、色眼鏡で見よるやろ。真面目にしているのね、悪い事をしている感じになって少し寂しい感じやね。」

 ・・・確かにそうですよね。在泰の方は全てが真面目って事は無いですが、普通はしっかりとねを下ろして生活をされていますよね。それを、買春と同じ様に見られるのは良い気分ではいられませんよね。

 「最近は観光大国になってきて、パスポートやVISAの提示なんかは俺で、20年近くされた事はないのに、最近は見せろって言うポリスが増えたからなぁ。普通はそんなもん持って歩いてないから、直ぐに賄賂やで。」

 ・・・確かに観光立国になりますとツーリストポリスや地回り(普通)のポリス空パスポートやVISAの提示を強制されますからね。普通は持っていませんから、賄賂と言いますか手数料を取られますよね。

 私なんか今までは、車で捕まってもパスポートの提示なんか言われた事がないですが、最近は厳しくなったのかポリスの小遣いが少なくなったのか、提示を求められる事が多いですね。

 「嫁さんが日本に行きたって駄々を捏ねだしたね。グローバル化になってタイランドに住むよりも日本に住む方が良いって言いだした人が多いよ。ある人なんかは、タイ人の奥さんが日本に住んで、旦那はタイランドって事も増えてきたね。」

 ・・・確かに! 私の知人の何人かも日本で暮らしていたんですが、奥さんと子供は日本にいついてしまって、旦那だけがタイランドに移住してきているって方も結構いますからね。

 

 安穏と出来るだろうと思っているタイランドでも、日本人が住み込みますと色々と大変な事があるんですね。でも、私の知り合いの憂鬱って言いますと、ただの愚痴ばっかりのような感じですよね。

 でも、文句を言っていてもタイランドの方が良いって言って離れないんですから、本当にタイランドって国は住み心地が良いんでしょうね。

098 今回の教訓です。

 皆さんはタイランドに言っての憂鬱って事はありますか?

 自慢じゃありませんが、日本や他国では憂鬱になる私ですが、タイランドだけは憂鬱になった事がないんですよ。

 最近では、タイランドでの世間が余りにも狭くなって、何処に行っても何をしていても誰かに見られているって感じくらいですかね。誰にも来ているのを話をしなくても、変なネットワークがあるんでしょうね。

 電話が直ぐに掛ってきますからね。

 「旦那さん、私は本当に憂鬱がなくならないナ。だって、私はタイランドじゃなくて貴方のいるところにいたいのに位置までもひとりで・・・・・」

 解ってますって、もう直ぐじゃないですか? でも、タイガールのもう直ぐとか早いでしょって言葉はタブーですよ。必ず、明日でかってきかれて、反撃にあいますからね。

 皆さんも、タイランドへの道を早めましょうね。

|

« 愛と葛藤との日々1 | トップページ | 日本の地を踏みます。 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/23194352

この記事へのトラックバック一覧です: 移住者と在泰者の憂鬱:

« 愛と葛藤との日々1 | トップページ | 日本の地を踏みます。 »