« ブッデェストのクリスマスイブ | トップページ | 狩った男は餌やらず »

2008年12月25日 (木曜日)

タイの女の子は好きですか?

049  皆さんはタイランドの女の子は好きですか? 

 当然ですよね。好きに決まっていますよね。私の所のブログにお越しの方で、タイの女の子が好きじゃない方はいらっしゃらないでしょうね。もし、嫌いな方がいらっしゃったらお目にかかりたいですね。

 先日ですが、日本人に勝るとも劣らないタイガール好きのファランの人種がいるのを聞きました。そうして、その人とテーメーカフェで話をしました。当然ですが、内の母ちゃんは同伴ですよ。

 タイガールが本当に好きなファランの民族は?

 ドイツ人なんですね。話によりますと、チェンライやイサーンの田舎で、暮らしているのは日本人とドイツ人だってタイ人に聞いた事がありますからね。でも、何故、ドイツ人なんでしょうね。

 感覚的に同じ様な感覚の持ち主かもしれませんね。神経質で、細かい事が好きで、鎖国とは言いませんが自分達が一番だって思っている民族ですからね。それに、一人では何も出来ないシャイな民族ですからね。

 昔の同盟国ですしね。産業も同じ様な感じでしょ。

 そのドイツ人と友人関係になってしまいました。互いに拙い英語での会話ですよ。色々な話は伝わらない事は多いのですが、タイガールの事についてだけは、互いに100%近くが理解しあえるんですね。

 彼の話しによりますと、タイ人の男でタイランドに行った事のある奴は、必ずって言うほどタイガールの嵌り込んでしまうそうですね。

 日本人と同じじゃないですか。

 「AKI、やっぱりタイガールは良いなぁ。最高じゃないか。」

 「当たり前だろう、俺なんかはタイガールが愛妻だからね。羨ましくて仕方ないだろう。もっと嫉妬しろよ。」

 「うん、嫉妬で心の中でボムが破裂しそうだよ。でもな、俺もタイガールと一緒になるって決めたからね。だから、国を捨ててタイランドにやってきたんだよ。」

 「国を捨てたって?」

 「そうさ、何回かタイランドにやってきて、そうして憧れて独身を通したんだぜ。そうして、40歳を過ぎてリタイアをして、タイランドでタイガールと幸せな暮らしをする為にやってきたのさ。」

 「リタイア?」

 「うん、仕事をしないでも二人で、家族が出来ても生涯暮らしていけるだけの物を用意してきたんだよ。」

 「・・・・・若しかすると、俺は相当腹が立ってきたんだけど、ムカついている理由って解る?」

 「俺は、全てをタイガールに賭けた人生を送ってきたんだよ。何もする事もなくてね。爪に火を点す様に暮らしてきたんだ。タイガールと最高の生活を送る為にな。」

 「・・・・・でも、腹が立つなぁ。」

 「うん、羨ましいだろ! もう直ぐAKIと変わって俺を羨ましいって思うようになるからナ。だから、いつも連絡を取り合おうな。」

 話しをするのが嫌になってきますが、初めてタイランド訪れて20年間。何も贅沢をする事無く生活をしてきたそうです。何もかも節約をしてね。彼女も作らないで、金を溜め込んできたそうですよ。

 使ったのは、年間2回のタイランドの訪問だけだったそうですね。本職とサイドビジネスを二つも持っていたそうです。寝るのも、3時間から5時間くらいで、殆ど働いてお金を貯めてきたそうです。

 この執念には頭が下がりますね。そうして、今はタイガールとのふれあいをドンドンとしながら、生涯の伴侶を探し続けているそうです。夜のタイガールも、普通の仕事をしているタイガールともふれあいをしてね。

 如何ですか? 恐ろしい執念ですね。金持ちって事で、腹が立っていた私は、恥ずかしいったらありゃしませんね。自分が一番だって思っていたタイガールへの思いは、いとも簡単に覆されてしまいました。

 世の中には、上は幾らでもいるんですよね。

050_2 今回の教訓です。

 コケの一念岩をも砕くって言葉がありますが、ここまで行きますと頭を下げるだけでは終わらないですよね。

 私は、自分が一番タイガールの事を思い続けているって思っていましたが、一人だけですよ。負けたって奴に出会ってしまいました。そして、友人関係になってしまいました。

 でも、私はタイランドで過ごした延べ時間は私の方が上ですし、私の方が少し先輩ですから、その事だけで私の自尊心を保っているような感じですね。

 でも、ドイツ人って言うのは、本当に日本人に似たような感覚ですね。話しが濃い所まで行きますと、先輩後輩の関係になっていくんですね。体育会系の乗りですよね。

 「ピーAKI」

 って、名前になってきましたし、兄弟関係に発展してきました。

 しかし、我々も彼の行動と石の硬さを見習わないといけませんね。でも、私に出来るでしょうか? 

 世界で一番意思の弱いのが私ですからね。

|

« ブッデェストのクリスマスイブ | トップページ | 狩った男は餌やらず »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん様。
 お早う御座います、いつも有難う御座います。
 確かのこのドイツ人は凄いですよね。私も心配をしているんですが、40歳まで一つの事をやり遂げる男は、少々の事では外れる事はない様子ですよね。
 そろそろ、愛妻って呼べるタイガールとの付き合いを始めたそうですから、将来を祈りたい気分ですよね。

投稿: dannasa | 2008年12月27日 (土曜日) 午前 10時04分

Aki様
こんにちは!いや~凄いですねそのドイツ人の方(>ε<)20年間もそうして頑張って来て、40歳でリタイヤだなんてなかなか言えない言葉だと思います。
そのドイツ人の方も良くAkiさんの話に出てくる貢ぎ日本人の方々みたいにならなければいいなぁなんて思ったのですがAkiさんが近くに居るんだから余計な心配ですね!(^^)

投稿: なかちゃん | 2008年12月26日 (金曜日) 午後 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの女の子は好きですか?:

« ブッデェストのクリスマスイブ | トップページ | 狩った男は餌やらず »