« タイガールとの関係 | トップページ | そろそろホームシックか? »

2009年1月30日 (金曜日)

タイのおばチャン達

022  タイランドのあばちゃん達は本当に苦労をしている様子ですよ。確かに、タイ人の男に翻弄をされて生きてきているんですから、仕方ないのかもしれませんね。

 でも、私が見る限りでは、何処の国のおばチャン達よりも朗らかで、笑顔が素晴らしい人達が多い様な気がしますね。そうして、時代を精一杯生きているって感じで、マイ・ペン・ライの精神が服を着て歩いている様な感じですよ。

 タイガールも歳がいくとこうなるんだろうなって思うと、観察をしたくなってきますよね。だって、内のカアちゃんもその内、タイランドのあばちゃん達の様になって行くんでしょうからね。興味心身ですよ。

 何処が違うかって事を、ご紹介しますね。又、今度はタイランドの田舎にAKIさんツアーって事で、企画をしようかなって考えていますから、実現の時には皆さんは参加して下さいね。田舎のディープなタイランドを経験する事が出来ますし、タイランドのルーツを探る事が出来ますからね。楽しいですよ。

 では、私は大阪ですから大阪のおばチャンと比較をして見ましょうね。互いにディープな存在でしょ。

1.兎に角年齢は行っていますが、今だのシャイなままですよ。そうして、恥かしがりやですからね。

2.好奇心だけは、大阪のおばチャンと変化はありませんが、遠巻きに見ている様な感じの好奇心ですね。

3.負けえてくれって事を余り言う事が出来ませんが、逆に高いものを買わされるって事の法が多いみたいですね。

4.人見知りが激しいですね。でも、いくつになっても子供のような感じですから、一度気を許しますと子供以上の関係になりますよ。

5.一日経って気に入られますと、翌日には村中に噂が広がるくらい、全員が新聞紙のような存在ですね。

6.又、気に入られますと関係のない人まで私の事を自慢しだします。

7.タンブンが普通に行われています。ですから、お金を貯めるって事が出来ません。でも、無くなっても逆タンブンがありますから暮らしには困りません。

8.村の中全体が一つの家族のような感じですね。暇があったら集まって井戸端会議をしていますからね。

 もっと色々と有りますが、話はこの辺で止めて置きますね。色々と紹介させていただきましたが、我々の憧れのタイガールはこの様になっていくんですよ。若い頃のタイガールと似通ってところが多いですね。

 「奥さん、タイランドのおばチャン達は面白いなぁ。」

 「全然面白くないナ。あの人達は、いつも一緒にいて話ばっかりしているでしょ。変わった事が無いから、旦那さんが来ると全員が集まってきて、握手をしたりして触るでしょ。私のものに勝手に触るなんて最低よ。」

 「あの~、そう言う意味じゃなくて・・・」

 「そうもこうもないわよ。関係ない人まで一杯集まってきて我が物がオでしょ。全部が旦那さんのお金よ。ただで楽しみに来て、旦那さんを肴に飲んでいるだけナ。」

 ・・・・・誰に対しても嫉妬だけはありますね。又、愛妻の母親でも周りのおばチャン達がが私に触れるのは機嫌が悪くなりますからね。私の大きい息子はって自慢ばっかりしていますから、見物に来るんでしょうね。

 平和で何もないですから、少しの刺激が欲しいんでしょうね。田舎では日本人は珍しいですからね。宴会の最後は全員と握手をして、地方を回っている少し人気の落ちた芸能人のような感じですからね。

 それにしても何の苦労も、大変な事が無い様な天真爛漫な振る舞いには、本当に心が洗われる様な感じですね。でも、何処に行っても監視をされている様ですから、人の目をずっと気にしないといけないですよ。

 「AKIさん、今度は何時帰るですか? 早く帰ってきてね、貴方が帰ってくると村の中で祭りを開いている様な感じになるからね。」

 帰る度に嬉しい事を言われますから、時間がある限り帰りたくなるのが、タイランドのおばチャンの所ですからね。田舎が良いんじゃなくてタイランドのおばチャン達が良いんでしょうね。

023 今回の教訓です。

 大した教訓はありません。

 でも、タイランドのおばチャン達との時間はほんとに楽しいですよ。気に入られる事で、本当に居心地の良い時間を提供をしてくれますからね。

 但し、宴会や食事会の時には、我々は主役になりますし、下にも置かれないような対応をして頂けますが、タンブンは我々の仕事ですからね。ほんの少しですが、お金が掛りますね。

 タイランドに何回も行きますと、違う形のタイランドを経験したくなりますでしょ。一番面白いのは、タイランドそのものを作ってきたおばチャン達とのふれあいが、本当のタイランドを見せてくれると思います。

 おばチャン達と仲良くなる為には、

1.笑顔を忘れない事。

2.一緒に時間を過ごす事。

3.一緒のご飯を食べる事。

4.子供や動物に優しい事。

 たったこれだけですからね。皆さんも、機会がありましたら、タイランドのおばチャンとの交流をしてみて下さいね。バンコクでも十二分に出来ますからね。そうすると、タイガールとの付き合い方も理解できるようになりますよ。

|

« タイガールとの関係 | トップページ | そろそろホームシックか? »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

のわっと 様。
 有難う御座います。
 そうでしょ、今のままの彼女が生涯続くんですよ。こんな素晴らしい事は、ないですよね。ですから、我々も変化をしないで、今のままを継続できないといけませんよね。
 もしかしたら、その内タイランドでオフ会でもしないといけませんかね。

投稿: dannasa | 2009年2月 2日 (月曜日) 午後 01時35分

トリキ 様。
 有難う御座います。
 タイガールは、生まれて少しの状態から、そのままでドンドンと成長をしていきます。殆ど、すれる事はなくてですね。
 本当にそうですよ。彼女は、そのままの天真爛漫な形で、おばチャンになって行きますよね。ですから、我々とのギャップが出来ますから、注意が必要ですよね。
 彼女達にとっては、年齢は関係ない事ですからね。

投稿: dannasa | 2009年2月 2日 (月曜日) 午後 01時31分

「タイの田舎にAkiさんと・・ツアー」参加希望します!!

トリキさんのおっしゃる通り、純真無垢で転身爛漫なまま年を重ねて行くとしたら、本当にいつまでも可愛い女性でいられる事でしょう。
そんな事と考えたら、増々彼女と結婚したくなってきました。

投稿: のわっと | 2009年1月31日 (土曜日) 午後 05時50分

たしかにタイのおばちゃんと初めて会った時は、はにかんだ笑顔でまるで少女ですよね。
日本のおばちゃんを見慣れている自分にとったら、違和感があるというか、少し気持ち悪い感じさえしますよね。
でも純真無垢な少女のまま年を重ねているとしたら、今の彼女が年をとっても今と変わらず天真爛漫なままなのかなと想像するだけで楽しくなってきます。

投稿: トリキ | 2009年1月30日 (金曜日) 午後 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイのおばチャン達:

« タイガールとの関係 | トップページ | そろそろホームシックか? »