« 私は関係ないナ | トップページ | 新しい子供が! »

2009年1月22日 (木曜日)

かあちゃん、何処行くの?

006  「奥さん、何処行くの?」

 毎日毎日、私が仕事に行きますと、必ず自転車に乗ってどこかに行くんですね。昨日は、私の仕事の時間が遅くて、ゆっくりとしていますと、

 「行ってきます、旦那さん鍵閉めて行ってね。気をつけてね。愛する旦那さん!」

  毎日毎日何処かに出かけている様子ですね。浮気をしているとかの心配はないんですが、ルンルン気分で出かけるところを見ますと、なぜか気になってきますよね。束縛しないのが、私の性格なんですが気になりますね。

 「奥さん、毎日何処に行っているの?」

 「あ~、焼きもちを焼いている。旦那さんは私が毎日どっかに行っているから嫉妬しているでしょ。」

 「そんなんじゃないの?少し気になっただけなの。嫉妬や焼きもちはしないの。」

 「焼きもちを焼いてくれるって、嬉しくて喜んでいたのにそれなのに・・・・・」

 瞬間湯沸かし器のスイッチをONにしてしまった様子です。皆さん、焼きもちを焼いてあげる方が良いんですよ。又、そんな事はしないって言葉はタブーですからね。そんな事を言いますと、爆発をしてしまいますからね。

 ちょくちょく、焼きもちを焼いてあげるって事は結構重要なんですよ。男はあまりや気持ちや叱咤をされますと、煩いって感じますが、タイガールの場合は愛されているって思いますからね。

 でも、貴方が本当に愛されているって事が条件ですよ。これがないと、逆切れされる事がありますからね。自分のポジショニングを確認するにも役に立つのかもしれませんよね。

 何処に行っていると思いますか? 簡単な事ですよね。

 「うん、私のお母さんと散歩をしに行くのよ。 昨日は、お母さんを病院に連れて行ったのよ。明日は、ショッピング・ナ。」

 自分の母親と同じ様な関係ですね。私達が住んでいるのは私の両親と徒歩5分くらいのところなんですが、私なんかは月に1回も会わないって事が殆どですが、愛妻は毎日行っている様子ですね。

 タイガールは、結婚をしますと実の母親は、愛する人の旦那さんの母親に変化してきます、又、実の母親は娘はいなくなってしまって、愛する息子が出来たって感覚になってきます。

 私の母親なんかも、本当に娘だって最近は思っている様子ですからね。嫁姑の事で、昔悩んでいた私は、この事だけでもタイガールとの生涯を選択したのは、最高に大正解ですよね。

 但し、違う形の大変さもありますけどね。どうしてかって言いますと、私は婿養子に行ったような感覚ですよ。

 話は変わりますが、日本人と結婚をして日本で幸せに暮らしているタイガールのネットサイトが存在するんですよ。小さなネットワークなんですが、色々と情報の交換をしている様子ですよね。

 最近では、10人強の日本に住むタイガールと友達関係になった様子ですよね。しっかし、日本でもタイランドでも直ぐにネットワークが出来上がっていくって事は凄いですよね。脱帽しますね。

 後日に、この事についての話は紹介をさせて頂きますね。違う面でのタイガールの事が理解出来るかもしれませんからね。

007 今回の教訓です。

 今日の話は、極端から極端へと変化しますからね。気をつけてあげて下さいね。

 向い入れる方がタイ人だって偏見を持ちますと彼女達にタイガールは、殻にこもっていきますからね。元々シャイなシャイですからね。自分の知り合いは、徹底した味方で、知らない人は敵だって位の感覚ですからね。

 知らない人に道を聞くのも本当に嫌がりますからね。

 内の両親も古い人間ですから、初めは外国人って事で偏見があった様子ですが、タイガール達の初めの対応で、自分達の娘だって感覚に変化してしまって、その後はありがたい事に、良い関係を作っている様子ですね。

 是非皆さんも、楽しい生活を模索して下さいね。

|

« 私は関係ないナ | トップページ | 新しい子供が! »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

Aki殿

有難うございました。実践できる日が一日も早く来る様に頑張りたいと思います。

投稿: のわっと | 2009年1月24日 (土曜日) 午後 12時48分

のわっと 様。
 有難う御座います。
 そうですよ、焼きもちは感情的にならない場合は、盛大焼きもちは焼いてあげないといけませんよね。それに、心配心配って言葉は、続けないといけませんよね。
 ただ、疑う様な焼きもちはいけませんね。100%信じた上での心配や焼きもちは最高の言葉ですからね。
 嫁と姑の関係ですか? 彼女に上手く話をして、我々が仕事をしている時には、遊びに行かせる事ですよね。彼女達は、愛する人の親は自分の親だって考えますからね。
 それに、日本の年寄りは懐いてきますと阻害するって事は少ないみたいですからね。嫌って言うほどあわせる事が一番の秘訣だと思いますよ。

投稿: dannasan | 2009年1月23日 (金曜日) 午後 12時43分

確かに焼きもちは大切ですね。私に焼きもちを焼いてくれるなんて初めての経験で、嬉しくさえ思いましたが、と、同時に彼女への焼きもちは、二人の関係を保つためには必要な潤滑油のようなもののようですね。彼女は夜仕事をしており、当然相手は殿方ですので、日本語もままならない彼女が心配でなりません。そこで私が彼女に再三「心配だ!」と言うと、彼女は「違う!それは焼きもちでしょう」とニコニコしながらそう言われる事を嫌がりもせず返してくるのです。そしてこちらがあまり何も言わないでいると、彼女の方から「心配でしょう?」とか「焼きもちないですか?」と言ってきます。
そんな彼女を見ていてると、とても幸せな気分になっている自分がいます。

それからAki殿のお母上の様に私のお袋が彼女と付き合っていけるのか、まぁ言葉の面もありますが、今後心配では有りますので、何か秘訣様なことがあればお教え下さると心強いです。

投稿: のわっと | 2009年1月22日 (木曜日) 午後 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かあちゃん、何処行くの?:

« 私は関係ないナ | トップページ | 新しい子供が! »