« 初めて二人だけの新年 | トップページ | 長老との会話 »

2009年1月 2日 (金曜日)

初めてのお屠蘇は苦い味

065  私は、仕事柄、そして性格上、休みって物が存在しません。自分で、スケジュールをしっかりと組まないとズルズルと365日間仕事をしないといけません。飲酒と同じですよね。休肝日が取れないんですね。

 意志が弱いのか、計画性がないのかは解りませんが、今日も仕事をしているんですよ。日本のおじさんは働きますでしょ。でも、趣味の一つが仕事ですから仕方ないですよね。じっとしてられないんですからね。

 「旦那さん、今日も仕事にいくですか? 毎日毎日大変ナ。そんなに仕事しないでも、お金をそんなに稼がなくても大丈夫よ。私は、お金が無くても問題無いからね。もっと身体を気をつけないといけないナ。お酒を止めるとか、煙草を止めるとかね。」

 1年の計は元旦にありって事を、何処で聞いてきたのか解りませんが、しきりに体の事を心配して正月の間に止めないと、今年一杯は止める事が出来ないって懇願します。

 正月に止めないとい年間は止められないって事も、誰から聞いたんでしょうね。そんな話は、日本人の私でも知らない事なんですけどね。毎日、内の両親と話をしていますから、外国人と老人の話で、かみ合わない所があるんでしょうね。

 正月早々に説教をされると大変ですよね。でも、体の事を気にしているんですから、文句も言えませんよね。

 「俺から酒と、煙草と、仕事を取ったら何が残るのよ。」

 逆鱗に触れてしまいました。久しぶりの瞬間湯沸かし器ですよ。”プッツン”って音までしましたからね。宥めるのにどれほどの時間を要する事か、タイガールとの付き合いでは、気を許してはいけませんね。

 嫁さんも、恋人も、彼女も、友達も全く同じですからね。

 今度は、私の事をチェックしだします。浮気のチェックではないですよ。体が問題無いか?って事で、問診まで始める始末です。

 これも、老人と外国人の話し合いと、結託の賜物なんでしょうね。訳の解らないどうしが毎日何を話しているんでしょうね。

 まぁ、嫁と姑が仲が良いのは良い事なんでしょうが、揉めている時も仲の良い時も、間に挟まっているのは、私ですからね。基本的に亭主はどんな境遇になっても被害者なんですよね。

 「旦那さん、やっぱりご飯は野菜よ。コーヒーは一日に2杯までしか飲んじゃ駄目みたいよ。メタボになるから、油はあんまり取っちゃ駄目なのよ。」

 何でもかんでも、人の言う事を聞くんですね。本当に素直なんですね。体の事を思ってでしょうけど、煩いったら無いですよ。

 でも、さすがタイガールですからね。長続きしないんですね。新しいものを仕入れますと、今までの事は忘れてしまうのか、気にしなくなるのかは解りませんが、新しい事柄だけに変化してきます。

 やっぱり子供と同じでしょ。自分の気になることだけで、世の中が回っているんですからね。直ぐに興味が移ろって行くんです。慣れないと中々大変ですよ。揉め事の原因はこの事が一番多いですからね。

 「旦那さん、今日は帰ったらお屠蘇をゆっくりと飲みましょうね。だから早く帰ってきてね。」

 「酒は駄目なんじゃないの?」

 「何言っているの正月にお屠蘇を飲まないと、1年は幸せにならないのよ。日本人なのに、そんな事も知らないの。私は、旦那さんの事ばっかり考えて、色々と教えてあげなくっちゃいけないから大変わ。」

 初めて聞きました。ね、興味がドンドンと変化して行きますでしょ。この話は、今日一日の事なんですよ。不思議な光景でしょ。本人でも、不思議でしょうがないんですからね。

 でも、楽しいですよ。タイガールとの生活はね。愛すべき無垢な少女の天使との生活みたいですね。今年一年間が、楽しみですね。

066 今回のポイントです。

1.本当に素直です。ですから、自分が信じている人の事は絶対的ですよね。

2.備えあれば憂いなしとか、親しき中にも礼儀ありとか、色々と言いますが、タイガールの瞬間湯沸かし器の性格は直りませんからね。気を抜いてはいけませんね。

3.興味のあることに気が行きますから、しっかりと付いていかないといけませんね。でないと、乗り遅れてしまいますからね。

4.嫁と姑が中が良いのも悪いのも、被害者は亭主です。まぁ、中が良い方が断然お得ですけどね。

 兎に角、愛する人の体の事に関しますと、盲目的になってきますから、煩いの通り越して大変ですね。

 「私は不摂生しないといけないわ。でないと旦那さんは私よりも歳が上だから、一緒にあの世にも行く事が出来ないナ。」

 訳の解らない理論を振りかざすようになって来ました。

|

« 初めて二人だけの新年 | トップページ | 長老との会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のわっと様。
 有難う御座います。
 その通りですよね。無垢な天使の様な少女なんですが、その無垢な天使の様な少女は、大変ですよ。付いて行くのも体力が要りますからね。
 でも、愛に限りがない事と、愛する・信じる人に全てを注ぎますから、非常に幸せなんですが、ほんの少し疲れる事がありますよね。
 どちらを選択するかです。デモ、ほんの少し疲れる方が断然お得ですよ。

投稿: dannasan | 2009年1月 3日 (土曜日) 午前 11時19分

無垢な天使の様な少女・・・本当そうですね。
多少の被害は喜んで受ける方が天使からの愛を限りなく受けられそうですよね。


投稿: のわっと | 2009年1月 2日 (金曜日) 午後 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのお屠蘇は苦い味:

« 初めて二人だけの新年 | トップページ | 長老との会話 »