« そろそろホームシックか? | トップページ | 極端と二極化 »

2009年2月 1日 (日曜日)

禁煙法の真相

026  タイランドで禁煙法が施行されてもう早1年が経とうとしていますね。私のような愛煙家で、ヘビースモーカーは中々大変ですよね。

 何処に行っても吸う事がが出来なくなって来ているんですからね。今までの様に、壁のないレストランでもタバコは駄目ですからね。本当に肩身の狭い思いをしていますね。確かに、タバコを吸わない人にとっては、良い事なのかもしれませんが、・・・・・世界中が愛煙家を目の敵にしている様な気がしますもんね。

 ところで、タイランドが禁煙法を施行した事の真相をご存知ですか?

 私は、最近になって本当の真相を知る事が出来ました。聞いた内容には、びっくり仰天ですよ。

 本当は禁煙法って話は何もなかったんですね。タイランドの周りの国を考えてくださいね。ミャンマー・カンボジア・ラオスですよね。想像が付きませんか?

 バンコクには、色々とディスコが沢山ありますよね。ディスコって言いますと如何わしい人達も相当数集まってきますよね。そうなりますと、どうなっていきますか? 麻薬や大麻って話になりますし、その手の売人も多数集まってきますよね。

 ディスコに行くと薬があるって話は公然の事実でしょうね。

 今までは、禁煙ではありませんから、店の中は煙に覆われている様な状況が想像できるでしょうし、体験をした方も沢山いらっしゃいますでしょ。

 このディスコで、公然よ麻薬を吸っている輩がドンドンと増えていったんですよね。大変ですよ。

 そうしますと、急性の麻薬中毒って患者が増加してしまって、大問題になったそうですね。取締りを徹底的に強化したみたいですが、それでもなくなりませんね。増加の一途を辿って行くんですからね。

 簡単な事は、タバコと同じ様な薬は禁止にしてしまうのが一番簡単ですよね。王様も麻薬って事が一番嫌いですからね。それに、他国の目もありますでしょ。麻薬がディスコで、蔓延しているって事になりますと、対面が保てませんからね。

 面子を大切にするタイ人の考えそうな事ですよね。

 先進国に習って禁煙法を施行する事で、麻薬対策は解決しますし、先進国に続いてタバコを規制する事が出来ますからね。税金が、減ってしまうって事の問題点はありますが、禁煙法の法がスマートでしょ。

 びっくりですよね。

 麻薬を吸わせないために禁煙法ですからね。真相はタイ人は殆どの人が知っている様子ですよ。我々外人だけが、駄目なんですからね。

 しかし、愛煙家には大変ですよ。GoGoバーでも自由恋愛カフェでもタバコは吸う事が出来ないんですからね。飲んでいる様な気がしませんからね。そうして、手持ち無沙汰になってしまいますからね。

 「タバコが吸えないなんて、寂しすぎるナ。もっと違う方法で麻薬を何とかする事は出来なかったのかなぁ。」

 「旦那さん、タバコも麻薬も同じ様なものでしょ。体に悪いんだからね。もうタバコは止めたらどうですか?」

 「いんや、俺は優良納税者を自負しているから、酒もタバコもガソリンもしっかり使わないといけないの。使命だからね。」

 皆さんは、禁煙法の真相は知っていましたか?

027 今回の教訓です。

 驚きですよね。

 私は、てっきりタイランドは面子の国だから、先進国の真似をして、アジアの国に先立って禁煙法を施行したって思っていましたが、全く違ったんですよね

 デモ、ディスコなんかでは相当麻薬が蔓延していた様子ですからね。考えると、一番簡単な事は、すえないようにしてしまうのが一番簡単ですからね。仕組みの中で、出来ないようにしてしまうのが最良の様な気がしますね。

 日本も見習わないといけない様な事ですよね。

 デモ、出来れば禁煙法って事は無しにして欲しいですよね。だって、私は、これからも優良納税者としての地位を捨てるつもりはないんですからね。

 ある権威のある医者の話ですが、タバコで死んだ奴はいないけれど、太ってメタボで死んだ奴は沢山いるから、タバコを止めないでやせる事の方が人間としては、体にいい事だって言われていましたからね。

 最近は、体もメタボ化してきていますから、もっとタバコは止めると大変ですよね。

|

« そろそろホームシックか? | トップページ | 極端と二極化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禁煙法の真相:

» 電子タバコ [電子タバコ]
電子タバコで禁煙 [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土曜日) 午後 05時53分

« そろそろホームシックか? | トップページ | 極端と二極化 »