« 人生の賭け | トップページ | 愛の囁きか悪魔の囁き »

2009年2月26日 (木曜日)

愛すべき人間達

076  私のところにお越しの方は、全ての方がって行っても過言ではないと思いますが、タイランドに好感を抱いている事だと思いますね。でないと、こんな退屈なブログにはお越しになりませんよね。

 どんな所がタイランドやタイ人の魅力で、愛すべき所なんでしょうね。考えた事はありますか? 何が素晴らしいのかって色々と質問を受けませんか? 私は、しょっちゅうそんな質問を受けています。

 タイランドの魅力は、 ”ゆっくりとぬるま湯につかっている様な感じ” って、色々な人に話をしています。結構、うんうんって納得できる様な表現でしょ。中々文学的な表現でしょ。ね、ね、ね。

 誰も褒めてくれませんから、一人で話をして一人で褒めているんですから、少し悲しい事ですよね。

 私は、何十年もタイランドに携わってきました、最初は嫌で仕方なかったんですが、その内タイガールの魅力に嵌ってしまって、そうしてタイランドの国に嵌ってしまいました。それから、タイ人そのものに嵌ってしまいました。

 結局は、タイガールを愛妻として生涯を過そうって考えて、移住の準備を進めているところです。が、最近では愛妻は、タイランドには帰らないで日本に永住をしようって言って、私を困らせているところですね。

 何故私が嵌ってしまったのかって事は、簡単な事ですよね。皆さんと同じ様な理由だと思いますが、この国は本当に愛すべき人達が数多くいますよね。人生を賭けようかって思える事が本当に多いですよね。

 愛すべき点って言うのはどんな所なんでしょうね。

1.気にしない。そうですよね、互いを気にせずに付き合いをする事が出来ますし、時間を気にせずに人との付き合いをする事が出来ますね。

2.知らない間は全くそんな事はありませんが、知り合いになりますと何十年来の友人か、家族の様になって行きますね。排他的な日本人とは、全く違って友好的ですからね。

3.人の事を真剣に考えてくれますよね。ただ、表現方法が違う事が多いので、戸惑う事は多いですが、心の友って感じの付き合いが出来ますね。

4.悪く言いますと何も考えないで、大雑把ですが、人間の本能や日本人が失ってしまったものを沢山持っていますね。

 「AKIさん、何を又訳の解らない事を言っているの、本当になんでも理屈をつけたがるねぇ。」

 「そうか? 皆を褒めているんだけどなぁ。」

 「そんな事は関係ないの。今、仲間だし家族なんだからね。難しく考えないで、一緒に楽しむ事の方が良いでしょ。」

 「うん、確かにそうだけどね。」

 「ね、だから今日は俺はお金がないから、AKIさんが奢ってね。お願いね。」

 「やっぱりナ。たまには境界線があった方が良いんじゃないか?」

 「必要ないと思うナ。AKIさんが大変な時には、俺は身を粉にしても助けるからね。後の事なんか考えないんだよ、仲間だまらね。」

 いつもタイ人にはこんな感じですよね。騙されている様な気もしますが、本当に大変な時には真剣に相談に乗ってきますからね。日本人の場合は、逆に逃げますでしょ。

 逃げない所がタイ人の愛すべき点なんですよね。但し、自分だけの事になりますと、常に逃げる事が普通ですけどね。

077 今回の教訓です。

 一番逃げる事が無いのは、タイガールです。どんな境遇になっても、一緒にいる事が出来るんですからね。一番頼りになる事だと思いますよ。確かに、金銭的や仕事の事で、足しになる訳じゃありませんが、心の支えには確実になりますからね。

 ここが我々日本人との最大の違いでしょうね。

 しかし、心の支えにはなりますが、それ以外の支えにはならないのがタイ人ですからね。助けてもらうって事も、心の中の事だけですよ。真剣に一緒に悩んでくれますが、解決は自分でしないといけませんよね。

 まぁ、この矛盾が愛すべき所なんでしょうけどね。

 「AKIさん、お願いがあるんですけど・・・・・」

 「お前ねぇ、お願いばっかりでたまには、俺の事を心配して、俺の為になれよ。」

 「解っていますって、もしもの時には俺がAKIさんの心の支えになりますからね。まかして下さい。」

 若しかすると愛すべき人間じゃないかもしれませんね。

|

« 人生の賭け | トップページ | 愛の囁きか悪魔の囁き »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 なかちゃんは、今はタイガールのみに嵌っているんですよね。でも、もう少ししますとタイ人そのものにも嵌ってしまう様になってきますよ。なんたって、本能で生きて行く事が出来るなんて、本当にすばらしいですからね。
 移住をしますと、タイ人そのものになってしまうかもしれませんからね。
 最近は、内の愛妻もパンパンから少し卒業してきた様子ですよ。今までは7~8枚は着ていたのが、今では5~6枚くらいに減って来ていますからね。

投稿: dannasa | 2009年2月27日 (金曜日) 午後 04時28分

AKI様
おはようございます!(^^)
僕もタイランドに移住しようとしてるくらいタイランドには嵌まってますが(もちろんタイガールにもどっぷり)タイ人そのものにはまだ魅力を感じられないんですよね。やはり文化や常識の違いで面白いと思う事は有っても「嵌まる」という所までは到達していません。今後、移住等しながらのんびりゆっくりとタイ人そのものの魅力にも嵌まっていきたいと思っています。
こないだとあるタイ料理屋に行った時、入って来るタイ人皆が何重にも着込んでパンパンに膨れて入って来たのを見て先日の奥様の話を思い出して微笑ましく独りで笑ってました。(^^)
では、まだまだ寒い日が続いてますが奥様共々健康には気を付けて頑張って下さいね!

投稿: なかちゃん | 2009年2月27日 (金曜日) 午前 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべき人間達:

« 人生の賭け | トップページ | 愛の囁きか悪魔の囁き »