« さぁ~て、夜の世界に! | トップページ | 生活は単調に過ぎ行く »

2009年3月15日 (日曜日)

ラブホテルの事情

011  皆さんは、ラブホテル・ファッションホテル・連れ込みホテルって所には、行かれていますか? それは、当然ですが、日本での事でしょうね。

 タイランドでショートって事で、タイガールに連れて行ってもらったこともあると思いますが、そのタイプの連れ込みホテルではなくて、純然たるタイ人同士が利用するラブホテルの事情がどうなっているかご存知ですか?

 最近のタイランドも日本と同じで、住宅事情は良くないですよね。集合住宅で、友人同士や家族で、沢山の人が住んでいるって事が普通でしょ。

 そうなりますと、中々気軽にSexって事は出来ませんよね。それに、今まですと金銭的に問題がありますから、その手のホテルって言うのは、売春や買春的な利用しかないのが普通でしたが、日本と同じですよね。

 金銭的に余裕が出てきますと、まずは食欲ですよね。それが、満足してきますと当然ですが、性欲って事になってきますよね。デモ、住宅的な事情の為に中々思うように行かないって事になってしまいますね。

 そうすると、必然的ににょきにょきと発生してくるのが、ラブホテルですよね。古い表現ですが、恋人同士でも、夫婦同士でも気軽に出来るところが必要になってきますね。

 少し前ですが、タイランドのアパートに愛妻の娘と母親が田舎からやってきていました。当然ですが、私のアパートは豪邸じゃありませんね。ベッドルームとリビングとキッチンです。

 普通のタイ人からしますと広いって言われますが、日本で言いますと、2Kですね。

 そこに娘と母親がいるんですよ。普通の生活は問題はありませんが、夜の生活って事になりますと問題はいっぱいですよね。そんな時は、愛妻の機嫌はすこぶる悪いですよね。

 そこで、愛妻の兄貴に電話をして、ラブホテルって事の情報を聞きます。そうしますと、

 「お前は素晴らしい旦那さんがいるのにどうしてホテルの情報が必要なんだ! 馬鹿やろう、いい加減にしろ!」

 って、温厚な兄貴にしてはそれはそれは、激怒をしてしまいました。まぁ、私は、細かいタイ語は出来ませんから、愛妻に聞かせたのが悪かったんですが、私の拙いタイ語と愛妻の通訳で、やっと納得をして教えてくれました。

 それも、事細かに教えてもらう事が出来ました。

 それで、娘と母親には私の仕事を手伝ってもらうからって、夜に出かけます。でしょ、夜の営みは私の仕事でうから、説明としては間違っていませんでしょ。間違いなく私の仕事なんですからね。

 何箇所か行きましたが、一昔前の日本のラブホテルって感じですよね。ただ、違うのがシステムです。泊まりは日本と同じ事なんですが、普通の休憩は日本とは違っていました。

 日本では、1時間が普通でそれ以降は、延長って感じですね。早い人ですと、1時間以内に事を終えて、無駄なお金を掛けませんよね。

 デモね、タイランドは基本時間は3時間なんですよ。そんなに出来る訳はないんですよね。何故そうなっているのか解りませんが、3時間をどう過すかって事は重要ですよね。愛妻いわく、

 「ゆっくりとして、そうして長くアオカンをして、ゆっくりとして帰るのは3時間は必要でしょ。ね。長く頑張らないとね。」

 そんなはずはないと思うのですが、まだまだ娯楽の少ないタイランドでは、この時間が娯楽だって言われる人が結構な数いらっしゃいますね。それとも、3時間にしますと延長って事は殆どありませんから、システムが簡単って事かもしれませんよね。

 皆さんも特定のタイガールの彼女とラブホテル巡りをしてみては如何でしょうね。でも、タイガールは所変われば、興奮度もアップしますし、期待度もアップしますから普通の倍以上の体力が必要になりますけどね。

012 今回の教訓です。

 タイランドのラブホテルは、日本と比べますと全く見劣りしますが、タイガールの場合は場所やシュチュエーションが変化しますと、違う一面を見せますから、本当に楽しいかもしれませんよね。

 デモ注意点は何点かありますよ。

1.体力が必要な事。

2.何でラブホテルに行くのかって事の明確な理由が必要。

3.浮気に結び付けられますから注意が必要です。

 タイランドでのラブホテルの利用は結構楽しいものですから、是非経験をしてみてくださいね。でも、ショートって事での利用は、逆に最低ですからね。それに、美人局って科の生もありますから、こちらもご注意が必要ですよね。

 「パパー、何でメイ○○は綺麗な顔をして、嬉しそうなのに、パパーは疲れて元気ない顔をしているの?」

 恐ろしい質問攻めにあってしまいました。娘の顔も母親の顔も見難い限りですよね。・・・・・バレバレですからね。

|

« さぁ~て、夜の世界に! | トップページ | 生活は単調に過ぎ行く »

ホテルや宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラブホテルの事情:

» 右手一本はいったwww [かりもと俊一]
いつも逆エンしてもらってヤルたびに20萬くれるオーエルに、ついに右手がはいったwww 潮が三分ぐらいずっと吹き出して、見てるだけでどぴゅったwww [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日曜日) 午後 07時07分

« さぁ~て、夜の世界に! | トップページ | 生活は単調に過ぎ行く »