« 趣味の世界と屋台村 | トップページ | ラブホテルの事情 »

2009年3月14日 (土曜日)

さぁ~て、夜の世界に!

009  さぁ~て、夜の世界に行きましょうかね。たまには、良いんじゃないでしょうかね。愛妻が日本にやってきまして、本当にまじめに朝仕事に行って、夜は飲まないで何もしないで、いそいそと帰る日々が続いていますからね。

 まじめを絵に描いた男の人生みたいですよね。皆さんは如何ですか? 窮屈な生活を送っておられますか? 

 若しかすると堅苦しい生活は、憧れの的かもしれませんよね。若しかすると羨ましい事かもしれませんよね。・・・・・判断の分かれる所でしょうね。

 「久々の東京ですから、羽を伸ばしましょうかね。ね、AKIさん。」

 「う~ん、そうだね。たまには、ゆっくりと飲みに行くかなぁ。」

 「そうですよ、何も問題ないんですからね。たまには、奥さんから離れて羽を伸ばさないといけないでしょ。悪い事をする訳じゃないんですからね。」

 先日、東京でタイ仲間と仕事仲間が集まりまして、宴会の様な様相を呈してきまして、そろそろ女の子のいるところに繰り出そうって話になりました。でも、タイランドではないんですから連れて帰ったりって事はありませんよ。

 普通のキャバクラって事ぐらいですよ。通常の飲み会なんですからね。その時に、私の電話にコール音がしました。でも、携帯を見て・・・・・聞こえないふりをしました。

 そうしますと、私の友人の携帯にコール音。

 彼は何気なく電話を取りまして、”もしもし”って対応をしますと、いきなり愛想笑いですよね。

 「うん、何も問題はないよ。AKIさんと飲んでいるだけだからね。問題ないって、何もしないからね。直ぐに帰るからね。」

 彼の恋人からの電話ですよね。”馬鹿、聞こえないふりをしないと後が大変よ”って、意見をしている時に、又、彼の携帯にコールの音が・・・・・

 「ハイ、問題ないと思いますよ。ハイ、一緒にいます。ハイ、食事だけですよ。え~え~、それじゃ変わりましょうか? AKIさん、電話ですよ。」

 「・・・・・(馬鹿やろう)はい、食事だけだからね。うん、早く帰るナ。帰ったら電話する。」

 鵜飼いの鵜の様な感じですよね。彼女達に取りますと、心配で心配でしょうがないって事なんですが、体裁も悪いですよね。まぁ、それだけ愛されているって事ですから、文句は言えませんけどね。

 それにしても、さぁ~て、夜の世界にって張り切って夜の街に繰り出して来ましたが、鵜飼いの鵜ですから、好きに何も出来ないって事を思い知らされてしまいました。可哀想でしょ。でも、考えようによりますと羨ましいでしょ。

 心配性と焼きもちは、限度がないのがタイガールの基本ですからね。同胞の後輩がタイランドに移住って事で、アパートを探さないといけないって事で、彼女に話をしていますが、土壇場にならないと探さないのがタイガールですね。

 ですから、私に依頼が来ました。私が話を進めて行こうとしますと、愛妻から、

 「○○ちゃんが焼きもちを焼いて大変よ。その内、旦那さんにした依頼は、彼の方から断ってくるから、真剣に探さない方が良いナ。○○ちゃんは、機嫌悪くて、拗ねているはずだからね。」

 って、言われていたんですが、頼まれた事はちゃんとしないとって日本人的な感覚でしたが、結局は同胞の後輩から電話が掛ってきて、申し訳ありませんがって断って来ましたからね。

 たったこれだけでも、心配で焼きもちですからね。それなら、さっさと探せば良いって思うのですが、土壇場と一緒じゃないと何もしないんですからね。不思議な動物ですよね。

 でも、我々も久しぶりの東京の夜は、飲み歩いて少しは、開放感を味わう事が出来ましたからね。

010 今回の教訓です。

 タイガールとの付き合いや生活は、必ず居所を先制して話をして、心を落ち着けささないといけませんよね。このことを、忘れてしまいますととっさの時に電話などの対応にどぎまぎして、えらい目に合う事になりかねませんからね。

 何かをしているかって事は、タイガールにとっては関係ないですからね。その時の、我々の声の感じや態度で判断されますからね。

 彼女達にとっては、本能で全てを判断しますから、ほんの少しの心の動きが命取りって事ですからね。ご注意が必要ですよね。

 「旦那さん、余り飲んでは駄目ナ。心配するからね。」

 って、言われる様にしないといけませんよね。何もなくても、一切女って感覚を見せてはいけませんね。昔、街灯での電話の最中に横で知らない女の人が携帯を話しながら通っただけで、雷が鳴って大地震が勃発してしまった事がありましたからね。

 周りの環境の事も結構重要なんですよ。

|

« 趣味の世界と屋台村 | トップページ | ラブホテルの事情 »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さぁ~て、夜の世界に!:

« 趣味の世界と屋台村 | トップページ | ラブホテルの事情 »