« カンバリズム | トップページ | 大和撫子とシャム撫子 »

2009年5月16日 (土曜日)

タイランド・ファンタジー

036  タイランドは楽しい国ですよね。それに、タイガールもタイ人の男も本当に楽しくて、飽きる事はありませんよね。長年タイランドに関わって来ていますが、本当に飽きる事はありませんし、ドンドンとはまり込んでいる自分が見え隠れって感じです。

 特に、タイランドに於ける夜の世界って事に限って話をしても、否定をする方はいらっしゃらないでしょうね。それに、未だにお目にかかった事はないですよ。

 ただ、内の愛妻なんかは完全に否定派ですけどね。あんな所に行くのは、最低だって言ってますからね。但し、言ってはいけないのは私だけですよ。他の人が、何をしようと我関せずって事は、タイガールの特徴ですからね。

 デモ、噂は別物ですから、ドンドンとエスカレートしていきますからね。

 兎に角、タイランドって国は、マジック・キングダムですよね。本当に、魔法の王国ですよね。なんたって、帰るときには、当分は来ない様にしようって考えても、気が付くとモワァ~とした、中でビアシンを飲んでいるんですからね。

 知らぬ知らぬの間に、帰ってきているって事でしょうね。又、疲れて帰国をしても、日本の空港に帰りついた時には、行きたくて行きたくて、ウズウズしていますよね。それに、次の計画を立てている自分がいますからね。

 何がそうさせるんでしょうね。考えて見ましょうね。

1.タイ料理に欠かせないパクチーやカー(ドライ生姜の様なもの)は、麻薬と同じ様に常習性があります。中毒症状を引き起こします。

2.タイガールのホスピタリティーには、常任では抗う事が出来ない甘美なフェロモンが存在します。

3.元々エデンの園は、アフリカに存在しますよね。人間は、暖かさや暑さを恋しがるんですよね。ですから、母親の母胎である、暑い所がふるさとなんですよね。

4.人間の基本は何もしたくなくてダらっとする事だそうですよね。ぼぉ~とすると言っても良いかも知れませんよね。タイランドは、時間がゆっくりと流れていって、何もしないでもいい様な環境ですよね。

5.ぬるま湯に漬かった様な感覚は、もっとも落ち着く様な状況ですよね。かの国には、その情景が鮮明に描かれていますでしょ。

 この5項目が、常習性と中毒症状を起こしてしまう要因みたいですよね。当たり前だって、言われそうですが、科学的な根拠もあるんですよね。

 私の友人が、大学の研究者って肩書きの奴がいますが、暇に飽かしてこんな事を研究していて、発見したそうです。本当に、私達の税金で何をしているんでしょうね。馬鹿馬鹿しいでしょ。

 デモ、解っている事も、証明をされると何か高尚なものの様な気がしますが、別に証明をされなくても、タイランドには帰って行きますよね。

 なんたって、タイガールが存在しますし、我々を暖かく迎えてくれる、風土があるんですからね。

 「なんたってタイランドそのものに中毒性が存在するから、普通の人間には抗う事が出来なくて、帰って来るんだぜ。」

 「そんな事はどうでも良いけどね。」

 「AKI、何でも安易に考えていると大変なめにあってしまうよ。」

 「・・・・・」

 「それに一番の問題ね、日本人にタイランドとタイガールが醸し出すものに免疫性がないって事だからね。」

 「なんなんだよ、免疫って?」

 「あの笑顔とカーって言う声のトーンなの。学術的に言うと、カーってトーンは、耳から離れなくて、潜在意識の中に刻まれる周波数なんだよね。」

 訳が解りませんが、嵌り込むのも学術的にも十二分に解説が出来るそうですよ。でも、これ以上話を聞くと馬鹿らしくなってしまいますので、この辺で止めますね。それにしても、嵌り込むのに学術的な理由がいるんでしょうかね。

037 今回の教訓です。

 確かにタイランドとタイガールには、嵌り込んでしまって中毒性と、常習性があるのは間違いのない事ですよね。

 それを学術的に説明されても面白くもなんともないですよね。

 私は、タイランドはマジックキングダムで、タイガールはハリー・ポッターだって、思っていますし、その方が夢もあって、はまり込んだ言い訳のもなると思うのですが、どう思われますか?

 若しかすると、学術的に嵌り込まない方法が存在するのかって質問をしますと、

 「ない! 普通は、嵌り込むことを説明できると、その対処方法は必然的に解るんだけどね。デモ、彼女達は最高な人種なんだから、回避する必要性はないんじゃないかなぁ。」

 まぁ、兎に角一番はまり込んで、向ける事が出来ないのは、私とこの学者の二人って事は間違いのない事なんですけどね。

 皆さんも、もっとどっぷりとはまり込んで下さいね。

|

« カンバリズム | トップページ | 大和撫子とシャム撫子 »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 パクチーとナンパーは、嵌る事は出来ませんか?う~ん、食べ物には好みがありますからね。それに基本的には、保守的ですからね。
 移住をすると嵌るかって事ですが、この二つは慣れる事はあってもはまる事はないかもしれませんよね。
 まぁ、タイガールには嵌るんですから、それで良いんじゃないでしょうか?

投稿: dannasan | 2009年5月17日 (日曜日) 午後 03時49分

iwa 様。
 有難う御座います。
 中毒って事は素晴らしいかもしれませんよね。但し、自分を見失う事だけは、しないようにして下さいね。
 早く素晴らしい彼女をゲットして下さいね。

投稿: dannasan | 2009年5月17日 (日曜日) 午後 03時44分

AKI様
おはようございます!(^o^)
前から感じてはいましたけど僕もタイガールの喋り方にはとても魅力を感じてました。タイ語はもちろんですけどタイ語訛りの日本語にもです。なんか惹かれてしまうんですよね。
他の国の言語訛りにはない可愛さを感じてしまいますね。
あとパクチーに中毒性ですか、その中毒性を認識するにはまだまだ何年もの時間を必要としそうですね(^_^;)
タイランドに嵌まって約6年になりますがパクチーとナンプラーにだけは未だ嵌まる事が出来ません..。
単に好みの問題だとは思うのですが移住して現地で生活していればおのずと欲して来るもんなんでしょうかね。

投稿: なかちゃん | 2009年5月17日 (日曜日) 午後 02時03分

見事に彼女達の魅力に嵌っております。
しばらくはどっぷり浸かってみようと思います^^
タイランド、、いや完璧にタイガール中毒です。。

投稿: iwa | 2009年5月17日 (日曜日) 午前 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイランド・ファンタジー:

« カンバリズム | トップページ | 大和撫子とシャム撫子 »