« タイランド・ファンタジー | トップページ | タイ人の男になりたい! »

2009年5月17日 (日曜日)

大和撫子とシャム撫子

038  ”大和撫子”

 今は昔の言葉になってしまいましたね。”日本男児”と、同じかもしれませんよね。如何ですか、今も大和撫子は存在するんでしょうかね。私は、その存在には、気が付きませんが、皆さんは存在を確認出来ていますか?

 ”シャム撫子”

 こんな言葉はありませんが、この言葉にピッタリって感じがするのが、タイガールだと思います。皆さんもこれには、意義を唱える事はないんじゃないかって思うのですが、如何でしょうかね。

 私が知っている本当にシャム撫子って呼べるタイガールを紹介をしましょうね。この話を聞きますと、どうしてもタイガールじゃないと我慢できないって事になるかもしれませんよ。だって、私もその一人ですからね。

1.基本的には、カカア天下なんですが、絶対に自分の旦那さんを立てるんですよね。どんな時にもそうなんですよ。

2.旦那さんの友人なんかが来ている時なんかは、常に笑顔で嫌な顔一つする事は決してないんですよね。

3.友人同士での話の中でも、自分の旦那さんの自慢をするのか彼女のスタイルなんですよね。どれほど素晴らしい人かって事を懇々と話を続けるそうですよ。

4.家の中の事については、どんな些細な事も旦那さんにはさせる事は、ないそうですよ。そうして、いつでも気持ち良くいる事が出来る様に、全てを準備をしているんです。

5.一番幸せな時は、旦那さんに何を作ってあげようかって考えている時だそうですね。そうして、ご飯を作っている時には、旦那さんの顔を思い浮かべながら調理をしているそうですね。

6.自分ではお金を使う事はなくて、旦那さんのものばかりを買っていて、自分の物は殆どないみたいですね。デモ、彼のものを家の中では常に着ているそうですよ。

7.自分の旦那さんの素晴らしさを所かまわず宣伝するって事は、彼女の使命だそうですね。

8.もしもの時には、自分が犠牲になっても自分が愛する旦那さんを守るって事を、常に誓っているそうですよね。

 まだまだ、色々と紹介をする事がありますが、全てを紹介をしますと何日もかかってしまいますから、今日はこの辺で止めておきますね。

 中々素晴らしい事でしょ。日本では、考えられない事じゃないかって思われますモンね。この人が本当に素晴らしいって事だけじゃなくて、殆どのタイガールがこんな感じななんですよね。

 それには、愛されている男が、本気でどんな事があっても、タイガールを愛し続けているって事が条件なんですけどね。何回か話をしていますが、タイガールは本当に我々男の鏡なんですからね。

 大和撫子って言葉は、死後になりつつありますが、シャム撫子って言葉は、我々の対応如何で、常に我々の横にいてくれるんですからね。素晴らしい事ですよね。

・・・・・こんなシャム撫子って人を奥さんにするって本当に羨ましいですよね。

・・・・・実は、今日紹介をしたタイガールは、AKIさんの奥さんなんですよ。ね、羨ましくて泣けてきますでしょ。

 でも、私が事案をタラタラと話している訳ではなくて、タイガールを奥さんにする事は人にこんな話が出来るって事ですからね。ここまで、されますと裏切るって事は出来ませんよね。

 だって、裏切るって事は、人間を止める事になりかねませんものね。

039 今回の教訓です。

 皆さんも途中で、こいつは自分のカミさんの事をしゃべっているんじゃないかって気が付きましたでしょ。

 そうなんですよね。なりふりかまわず自分の愛妻の事を自慢できるって事は、凄い事じゃないですか? 私の仲間内で、タイガールを奥さんにしていない人からは、こんな話は聞いた事がありませんからね。

 そうですね、愛妻や旦那さんの事を自慢しまくるって事は、日本ではありませんよね。けなしあうって事は、そこいら中で聞きますけどね。

 でも、互いに自慢を出来るって事は素晴らしい事ですし、タイガールとの結婚は自然とこんな感じになってくるんですから、人間的にも卓越したものじゃないかって考えます。

 あまりにも、自分達を褒めすぎていますかね。

 「内の旦那さん以上に凄くて、素敵で、良い男はいないナ。それだけは、絶対の間違いないわね。周りから羨ましがられて大変わ。」

 ここまで、言えるって幸せだって思えませんか?

|

« タイランド・ファンタジー | トップページ | タイ人の男になりたい! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和撫子とシャム撫子:

« タイランド・ファンタジー | トップページ | タイ人の男になりたい! »