« 快楽の声はどんな感じ? | トップページ | あまりの酷さに、絶句を! »

2009年5月 2日 (土曜日)

元気印は、タイの華

008  タイガールはほんとに元気ですよね。それに、タイ人全体が本当に元気ですよね。その事を見ているだけで、我々は救われた様な感じがしますよね。

 本当に元気印は、タイランドの華で、そのままの性質って感じますよね。その元気を貰いにタイランドに行っているんですからね。って、違うことで行っている人の方が多いかもしれませんけどね。

 では、本日はタイ人の性格に付いての話をさせて頂きましょうかね。知っているって。仕方ないですよね。我慢して、読み続けなさいね。表題から外れていくかもしれませんが、宜しくお願いしますね。

 タイガールを形成している、タイの男について話を進めてきますね。このタイの男の性格を読みますと、皆さんは本当に恐ろしいって感じるかもしれませんよね。私も、信じ難い事が多分にありますからね。

 夜の働くタイガールのは、どうでしょうかね。三分の一がタイ人の男が存在するみたいですよ。恋人なんでしょうか、それともヒモなんでしょうかね。ヒモって呼び名の方が間違いないですよね。

 女を夜働かせて、体も売らせて、そうして自分は何もしないで、遊んで暮らしているって赤らが、相当数いますからね。これは、難問ですからね。我々の、恋路を邪魔をする大敵ですよね。

 しかし、自分の女を働かせて、体を売らせてもなんとも思わないんでしょうかね。・・・・・まぁ、思わないからこんな関係が成立しているんでしょうけどね。それにしても、タイガールはダメンズが好きですよね。

 間違わないで下さいよ。タイランドに住んでいる男だけですよ。ダメンズでもOKっていうのはね。我々の様に、足繁く通っていても、定着していない人種は、ダメンズでは、絶対駄目ですからね。

 兎に角、目の前にいるって事が条件ですからね。

 この手のタイランドの男は、自分の女が金を稼いでくるって事では、人に抱かれようが、何をしようが問題としない様子ですよね。

 一番が、自分は仕事をしないで、フラフラ出来るって事が何事にも優先するんですからね。びっくり仰天ですよね。まぁ、日本でもこの手の男が増加傾向だって何かの本に書かれていますからね。

 温暖化傾向と同じ様なものかもしれませんよね。

 ヒモの男に話を聞きますと、

 「だってしょうがないでしょ。普通の仕事をしていると、生活できないでしょ。俺も、同じ様に汗水をたらして働かなくてはいけないじゃないですか。そんな事より、手っ取り早く体を売っている方が、彼女も楽でしょ。」

 ひぇ~、ここまで割り切る事が出来るんですかね。あくまでも、自分が仕事をしないで、遊んでいるって事ですもんね。デモ、派手に遊んでいる訳じゃないんですよ。兎に角、何もしないって事と、小博打が出来る事と少しの酒が飲める事と、そうして、ダラダラと話をするだけみたいですよね。

 これが、変な意味でのステータスって子tになっている見たいですから、不思議でしょうがないですよね。

 「タイランドでは、女は働いていた方が良いんですよ。でないと、よからぬことを考えてしまいますからね。他の男って、フラフラと飛び回るんだからね。浮気性なんですよね。タイの女はね。」

 そりゃ、お前みたいな男と一緒だったら、ふと考えると、違う所に以降お考えるに決まっていますよね。何処まで、自分の都合のいいように考える事が出来るんでしょうね。

 その上、別に都合の良い女が現れますと、乗り換えてしまいますからね。デモ、一度好きになった男は、中々見放さないって事が、天使の様なタイガールの性格ですからね。こんな馬鹿な、男が後を立たないんですよね。

009 今回の教訓です。

 馬鹿な男がいっぱいいますでしょ。

 デモ、この男が曲者なんですよね。日本人の男から金を引っ張るってことを、裏で絵を書いている輩が非常に多いんですよね。

 冷静になっていますと、解る事なんですが、中々冷静になれないって事が多いですからね。二人して、騙されたって構図になるんでしょうね。

 「俺は、サービスの仕方や男の心をくすぐる事も教えるからね。仕事は、頭を使っているからね。体は、女が使うものだよね。」

 ・・・・・腹が立ちますが、これが現状ですからね。皆さんも、冷静になって、この手の男がついているかって事については、観察をして下さいよ。

 タイガールにお金をあげるなら、諦め持ち来ますが、こんな最低な男に金が回っていると思うと、泣くにも泣けませんからね。

 気をつけて下さいね。

|

« 快楽の声はどんな感じ? | トップページ | あまりの酷さに、絶句を! »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気印は、タイの華:

« 快楽の声はどんな感じ? | トップページ | あまりの酷さに、絶句を! »