« 空港での待ちぼうけ | トップページ | 人は世につれ、世は人に連れ »

2009年6月24日 (水曜日)

為替レートと金利の話

015

 2週間も外国に行っていますと、日本の家に帰ってきますとホッとしますね。愛妻なんかは、日本の自分の家が最高に良いって、ゴロゴロしていますからね。

 ところで、皆さんはタイランドへの移住の準備はされていますか?

 私の様な貧乏人でも移住の準備を進めていますよ。では、何をしているかって事をご紹介をしましょうね。参考になるかもしれませんからね。

 少し前から比べますと為替レートは良くなって来ましたよね。実は、私が土地を買ったのは、交換レートが0.27の時なんですよ。今や、少し前でしたらどんなに安く買う事が出来た事か。

 後悔をしないって事を信条としている私でも、悔やんでも悔やみきれませんよね。まぁ、終わった事を悔やんでも仕方ありませんからね。次に繋がる事を考えとかないといけませんよね。

 私は、タイランドに口座を持っています。但し、愛妻の名義になっていますけどね。でも、自分が管理をしていますと、下ろす事も出来ませんよね。取られる事もありませんね。まぁ、愛妻ですから、騙し取られるって事はありませんかね。

 今は口座は、4銀行あります。1箇所に半年分の娘の生活費を入れています。そうして、10日に1回の割合で、娘の口座に振込みをしているんですが、必ず4つの銀行口座を経由して、振り込んでいるんです。

 そうしますと、4銀行で取引がありますよね。タイランドの場合は、毎月定額の入金がある事で、信用が増すんですよね。娘の生活費と、自分が少しずづ貯めているお金を、回していくんですね。

 タイランドの銀行は、定額が入金される相手に対しては、キャンペーンと称して、金利優遇の処置があるんですよね。最近は、公定歩合も下がって来ましたが、日本の比じゃありませんからね。

 又、家を建てたって言ってましたでしょ。少しの金額なんですが、住宅ローンを組んでいるんですよね。そうする事でも、信用度合いが増してくるんですよ。

 又、そんな取引の信用が増加してくると、楽しい情報が来る様になってきます。それは、銀行は住宅ローンや金を貸して、支払いが出来ないタイ人の不動産物件を差し押さえをするんですよね。

 相当条件の良い物件も紹介をしてくれますからね。

 銀行では、差し押さえ物件フェアーって事もやっているくらいですからね。それに、タイランドの銀行は、定額を入金する事が一番の信用ですから、不動産を含めた情報を色々とくれますからね。

 私の場合は、お金を回す事を、愛妻の兄貴にさせているって事ですが、皆さんもこんな状況を作っておきますと、今後に役に立つ事でしょうね。

 それから、愛妻や兄貴の周りに、銀行で問題がある場合はって相談に乗るって事を、流しているんですよね、タイランドの場合は、30万B借りても、支払いは50万Bくらいになりますね。

 それを、残り2万Bの支払いが出来ない場合も、差し押さえられてしまいますからね。昔の日本と同じで、貸している側が強いですから、その情報を先に得る事をしますと、お金儲けが出来ますからね。

 まぁ、もっと色々とあるんですが、今日はこの辺で!

 タイランドとのかかわりを持つんでしたら、移住をしても十分にやっていける様な状況を作っとかないといけませんよね。普通に、不動産会社との取引だけでは損ですからね。

 ところで、皆さんは準備は進んでいますか? まずは、銀行ですよ。その後は、不動産ですよ。為替が有利な時にこそ、準備をを進めないといけませんよね。

 頑張って下さいね。

016 今回の教訓です。

 日本もそうなんでしょうが、銀行とのお付き合いは大切にしないといけませんよね。特にタイランドは、日本のサラ金よりもたちが悪いですからね。

 直ぐに差し押さえられてしまいますからね。それじゃ、差し押さえをされる前に援助をして、感謝をされてお金が儲かるようにするか、銀行の情報から有利な差し押さえ物件を手にするって事が出来ますからね。

 又、今後は少し違って来ることでしょうが、家がある場合は、田舎でしたら1万Bもあれば、裕福に生活が出来ますし、バンコクでしたら2万あれば普通の生活が出来ますからね。

 でも、夜は静かにしておくって事が条件ですけどね。

 「旦那さん、どうして何回も銀行に振り込んで、娘のところに振り込むようなてまの掛かる事をするの? 普通にしておいた方がいいんじゃないですか。」

 そう言われますが、愛妻の兄貴に話をして、自分の口座にも金を回す様にさせますと、銀行の対応が格段と違ってきたって話ですし、色々な情報がもらえる様子ですよ。

 それに、自分の妹が日本人と、正式に結婚をしているって事を話をしますと、もっと待遇が良くなったって話していますからね。

|

« 空港での待ちぼうけ | トップページ | 人は世につれ、世は人に連れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為替レートと金利の話:

« 空港での待ちぼうけ | トップページ | 人は世につれ、世は人に連れ »