« 焼きもちと心配事は下降しない | トップページ | 女を買うのは最低だって言われて »

2009年7月 3日 (金曜日)

恋人と愛人の境目

033  「私はお客さんでしょうか?」

 最近は、こんな感じのご相談を受けます。始めは、100%がお客さんからのスタートをするんですよ。勘違いでお客さんじゃないって感じている方もいらっしゃると思いますが、間違いなくお客さんです。

 ここを間違ってはいけないんですよ。自作自演をしてしまうと、本質が見えなくなってきますからね。もう一度言いますね。

 99.9%の人が、お客さんからのスタートです。間違いなく、お客さんです。

 でも、何時の頃からか変化をしてくるんですよね。それは、タイガールによって違いますし、日本人によっても違います。自分に努力とタイガールの努力って事も関係しますよね。

 どの当たりがお客さんと恋人の境目なんでしょうね。今までも、話しをしてきた事ですよね。見際目って事が重要ですよね。それに自分が何もしないのは、お客さんの域を脱する事は出来ませんからね。

 今日は、お客さんとそうじゃないポジションの境目についての話をしましょうね。男の事は私は理解できませんし、理解しようって思いませんからね。タイガールの観点だけの話しですから、ご了承下さいね。

 一番最初の変化は、干渉度合いですよね。

 間違わないで下さいね、焼きもちとか嫉妬とかって事は、タイガールの性格ですから、普通に親しくなってきましたらそんな事は普通に怒ってきますからね。我々日本人が、経験が少ないだけなんですからね。

 「貴方はどうしたいですか?」

 この言葉が最後につくようになって初めて干渉をされているって事ですからね。貴方の目的や目標はなんですかって聞かれるようになって初めて干渉をされているって事ですからね。

 解りにくいですが、彼女達の言葉を良く聞かないといけませんよね。互いに完全に理解しあっている訳ではありませんからね。

 続いては、過去の事についての干渉ですよね。彼女達は、タイランドには時勢って事の概念が少ないんですよね。ですから、現在も未来も過去も、一緒くたにして物事を感じてしまう事が多いですよね。

 我々が感じる過去の事を干渉しだしてきますと、彼女達の感情の変化が現れてきているって事になるんですよね。私なんかは、出会う前の事で詰め寄られる事が本当に多いですからね。

 次に我々の関係についての干渉をしだします。関係とは、子供とか家族とか友人関係とかって事ですよ。それから、彼女の関係についての干渉を義務付ける様になって行きます。

 この辺で始めて、境目になっていくんですよね。100%の事じゃありませんが、これって結構重要なんですよね。観察してみて下さいね。

 考えてみて下さいね、お客さんの人に色々と干渉はしませんよね。冗談や技での干渉はしますが、普通はそんな事はしませんよね。お金をもらうには、相手がぬるま湯に漬かってくれて、考える事が出来ない方が良いんですからね。

 考えさせられるって事を感じた時が、ボーダーライン上の状態だって事を感じてみて下さいね。

034 今回の教訓です。

 感覚的な事ですから、少し難しいことですけど、彼女達の干渉度合いって事を観察できますと、自分のポジショニングって事を、理解する事が出来ると思います。

 「私はお客さんでしょうか?」

 細かい点については私は中々アドバイスをする事は出来ませんので、ご自分での観察が結構重要になってきますからね。

 それに、タイガールの場合は変化って事は、冷静になってきますと直ぐに解る事ですからね。皆さんも、周りで見ていると直ぐに解りますでしょ。自分の時だけが解りにくいんですからね。

 彼女達は、こんな所でも色々と発信をしているんですからね。

 「AKIさん、色々と考えたんだけどもね。私達が発信をしている事を理解できる日本人は、少ないわね。でも、気が付いてくれる人は互いに上手く行く事が多いのよ。解らせるのには、どうしたら良いですか?」

 一番鈍感な私に聞いても教える事は出来ませんね。デモ、皆さんは、タイガールから発信されている事を、聞く耳と理解できる心をお持ち下さいね。私はお教えする事は出来ませんけどもね。

 

|

« 焼きもちと心配事は下降しない | トップページ | 女を買うのは最低だって言われて »

勝手気儘な偏見事情」カテゴリの記事

コメント

騙されたい様。
 有難う御座います。
 もっと見つめる、もっと会話をする。重要な事ですよね。デモね、我々は兎角頭で考えて行動をしがちですが、これを自然と何も考えないで出来る様になりますと、違った目が見えてきますよね。
 そこまで来ているんじゃないですか? 

投稿: AKIさん | 2009年7月 6日 (月曜日) 午後 01時28分

Akiさんへ
応援ですよね。
しっかり見つめます。
ありがとうございます。
このだらだらがいけないのかも。

投稿: 騙されたい | 2009年7月 5日 (日曜日) 午後 12時04分

騙されたい 様。
 有難う御座います。
 う~ん、難しい問題ですよね。でも、お客さんじゃないと思いますよ。確かにおねだりって事はあると思いますが、お客さんの体の事は心配しない物ですからね。
 もっと立ち入って話を続けるようにしますと、変化が現れてくると思いますね。

投稿: dannasan | 2009年7月 5日 (日曜日) 午前 12時08分

Akiさんへ
境目ですか?
客観的には、お客でしょうね。
買いたいものがあったり、欲しいけどお金が足りない時、困った時に仕事帰りの深夜、黙ってやってきます。
体に気をつけろとか、水を飲むなら冷たいのは呑むなとかは、よく言われます。
けど...
女性社員や娘の話をするのは、いやなようです。
言葉をもっと聴くようにします。

投稿: 騙されたい | 2009年7月 4日 (土曜日) 午後 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋人と愛人の境目:

« 焼きもちと心配事は下降しない | トップページ | 女を買うのは最低だって言われて »