« 遭遇したくないのに、また、遭遇 | トップページ | 失敗は、何が原因なんでしょうね。 »

2009年8月22日 (土曜日)

快楽はどこま続くのでしょうね。

134  タイランドとタイガール!

 心と体の快楽は何時まで続きますか?

 実は、聞きたくない話をしなくてはいけません。これは、誠に申し訳ないんですが、知らない事に越した事はないんですが、これから死ぬまでタイガールとの関わりを続けて生きたいって方が数多くいますからね。

 したくない話しですが、しないといけませんよね。

 誠に申し訳ありません。しょうがない事なんですよね。・・・・・聞きたいですか?

 

 では、心の快楽についての話をしましょうね。彼女たちタイガールのとっての心の快楽とは、独占と束縛の事です。自分ひとりのものだって言うのを、自他共に知らしめて、そうしてその様に実践をする事なのです

 愛する人は、自分だけのものなんですよね。見せるのも嫌なんですよね。まぁ、簡単に言いますと、神棚に祭って何処にも遣りたくないんですよね。

 それから、テレビでもなんにでも焼きもちや嫉妬をする事で、自分自身の心の快楽を満足させるんですよね。不思議な生き物ですよね、タイガールはね。

 束縛をして、自分だけのものって事を一番愛する人に知らしめる事が出来ますと、彼女達は本当に心の快楽を得る事が出来ているみたいですよね。そうして、愛する人が自分だけを見つめる事が確認ですきますと、心の快感から安心感が生まれてくるんですよね。・・・・・男には、少し大変なところですけどね。

 では、体の快感についての話に移らせて頂きましょうね。

 これも結構露骨なんですよね。愛し合うもの同士は常々、人一倍のSexをするものだって感覚を持っているんですからね。十二分に堪能をする事が体の満足なんですよ、これが大変ですよね。

 結婚前と結婚後のSexの回数は減ってくるのが普通だと思いませんか? これは、彼女達にするともってのほかって事になるんですよね。

 「愛する人と一緒にいて、したくない訳はない! いつでも毎日でもしたくなるのが当たり前! しないのは、何か問題があるからに決まっているのよね。 どうしてするのが少なくならなければいけないの? 理解できないわよね。」

 ね、日本人が弱い所ですよね。毎日、毎日一緒にいますと・・・・・。仕事の疲れもありますしね。ご馳走でも毎日でしたら、お茶漬けも食べたくなるじゃないですかね。飽食の時代なんですからね。

 それにタイガールは、ドンドンと感度が良好になっていきますし、早ければ早いなり、遅ければ遅いなりの体に変化していきますからね。愛する人に合わせて変化をしていきますからね。

 ・・・・・だって、私なんかは、中年でしょ。毎日は中々出来ませんし、したくなくなってきていますでしょ。・・・・・難しい問題ですよね。・・・・・

 タイガールの場合は、Sex自体が好きなんですよね。と言いますか、愛する人とひとつになって、体全体で感じるって事が最高の幸せって考えていますから、我々は頑張らないといけませんよね。

 若しかして、そんな感じがない場合は、まだまだそのポジショニングになっていないかもしれませんからね。確認してみて下さいね。

135 今回の教訓です。

 解っていそうで中々理解しにくいのは、このタイガールの心の快楽と体の快楽の事なんですよね。最低でも、我々は心の快楽を満足させてあげないといけませんよね。

 うんうん、私の場合は、体の快楽については中々満足をさせてあげる事が出来ませんからね。・・・・・ここで、少しのご注意を!

 初めから長くするとか、回数をいっぱいするとかって事をしてはいけませんね。そうしますとそれが当たり前になってきますからね。そうしますと、あらぬ疑いをかけられてしまうって事になりかねません。

 「旦那さん、最近は優しくないナ。何か問題か、変な事があるんじゃないですか? 最近は、直ぐ寝るだけナ。可笑しいなぁ、絶対に可笑しいなぁ。」

 ・・・・・絶倫のAKIさんも、毎日出来る訳がありませんよね。最近は、不況で貧乏暇無しになっているんですからね。

 皆さんも覚えておいてくださいね。女性の場合は、最初が肝心ですし、特にタイガールは世界で一番最初が肝心ですからね。一時の欲望に身で、初めだけいっぱいするのは、疑惑を招くだけですからね。

 

|

« 遭遇したくないのに、また、遭遇 | トップページ | 失敗は、何が原因なんでしょうね。 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快楽はどこま続くのでしょうね。:

« 遭遇したくないのに、また、遭遇 | トップページ | 失敗は、何が原因なんでしょうね。 »