« タイランドの風習と弊害 | トップページ | 衰退をする夜の街と風俗 »

2009年9月24日 (木曜日)

何処に行こうと監視付き

1001  タイガールのネットワークは、本当に素晴らしいものがありますよね。以前にも話をしましたが、日本でもタイガールのネットワークが出来上がっていますからね。

 私の場合は、タイランドに行く場合は、壁に耳あり障子に目ありですが、それだけではなくなってきていますよね。最近では、ドンドンと焼きもちや嫉妬感が増幅傾向になってきています。

 正式に結婚をして1年間が過ぎてきているんですよ。翳る事はこっから先もありませんよね。今まで以上にもっともっと、焼きもちと嫉妬は増加傾向ですし、今後も増加の一途を辿るのでしょうね。

 まぁ、それだけ自分の事を見ていてくれているって事ですから、ありがたい事ですよね。少しは、気が滅入ってしまうって事が無きにしも非ずですけどね。

 私の場合は、夜遊びも飽きてしまいましたし、風俗めぐりも飽きてしまっていますからね。風俗研究家の名前は返上をしないといけませんよね。でも、周りの友人や知人の中で、風俗店を開店するって奴が、増加しているって事はどうしてでしょうね。

 1年ちょっと前に、VISAを申請する時に簡単なインタヴューがあったそうですが、内の愛妻は自分の日記と私がタイランドに帰ってきている時にかいていた、日記を持参したそうです。

 又、私に毎日何回ものSMSを送ったデーターを全て持参をして、私から来たSMSもデータ化して、毎日の電話の着信履歴なんかも全て持参したそうですよ。そうしますと、インタビューをしていた日本人の女性職員がそれを上司に見せに行ったそうですよね。

 「問題ないからね、大丈夫よ! 貴方の場合は直ぐに下りるからね。それにしても、毎日なんかもって凄いわね。幸せね、貴方も旦那さんもね。」

 普通は2週間ぐらいって事らしいのですが、翌々日には下りましたからね。何年間もメールや着信履歴のデータを取り置いていたんですよね。びっくりでしょ。

 こんな感じですから、日本においても自分のネットワークを作り上げるのは、本当に早かったですよね。日本では、タイガールネットワークって事にはなりませんが、世界各国の女性から見張られている様な状況ですよね。

 私の写真から、仕事場から、何をしているのかって事も私以上に周りが知っているくらいですからね。・・・・・楽しい限りですよね。

 知り合って付き合いだして6年ですよ。普通でしたら、冷めるわけではないのですが新婚や恋人時代って事はなくなってきますよね。そんな事はありませんか?

 実は、実はね。

 恋人の時よりも、新婚の時よりも若しかしたら、ラブラブじゃないかって思いますからね。回りからもその様に言われますよね。内に来る友人や知人は、タイガールと結婚をしたいって言う人が殆どですよね。実際に見ているんですからね。

 「旦那さん、どうしてかなぁ? 昨日よりも貴方を好きになってくるわ! 去年よりももっともっと愛してしまうわ! 来年は怖いかもしれないわね、これ以上もっと愛する様になると思うからね。」

 年数が経ちますと倦怠期が進んできますよね。

 考えてみて下さいね。こんな素晴らしい事はないでしょ。羨ましくてしかたないでしょ。ですから、皆さんもタイガールとの生活を夢見ながら、それが出来る様に努力をしないといけませんよね。

 私たち夫婦の様な、こんな最高なサンプルがあるんですからね。早くしないと幸せの期間が短くなってしまいますよ。それに、損をしてしまいますからね。

1002 今回の教訓です。

 今日は教訓めいた話はありませんよね。私の愛妻に対する自慢話や、のろけに終始してしまいましたね。申し訳ありませんでした。

 でも、夫婦が互いに自慢しあったり、のろけあったりって事は、日本では少ないんじゃないでしょうかね。聞いていると馬鹿らしいでしょうけど、互いを褒めあうっていうのは、心温かいものがありますからね。

 普通にする事でタイガールからは、自慢の夫になるんですから、皆さんも追随をしたいって感じますでしょ。

 但し、

 但しですよ。素晴らしさの中には、大変な事も存在をしますからね。ドンドンと愛が深まるわけですし、自慢も深まるわけですからね。

 ・・・・・嫉妬も焼きもちも心配も正比例をして、ドンドンと強くなっていきますよね。留まる事を知らないって言うのは、タイガールの事を言うんでしょうね。・・・・

 「旦那さんは世界で一番格好が良いし、一番いい男だからね。」

 みんなの前で言われ続けるのは結構恥ずかしいものですけどね。

|

« タイランドの風習と弊害 | トップページ | 衰退をする夜の街と風俗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何処に行こうと監視付き:

« タイランドの風習と弊害 | トップページ | 衰退をする夜の街と風俗 »