« バンコクでのオフ会 | トップページ | かんにんしてぇなぁ~、頼むわ~ »

2009年9月13日 (日曜日)

元カノとの、カップル遭遇

178  私の友人の彼女は、昔からの知り合いです。それに、一時はって事がありました。

 初めての出来事ですが、友人と一杯飲もうかって話で、大阪のミナミにやってきました。そこそこ有名なタイ料理店ですね。私が先に来ていましたから、先に一人で生ビールを飲んでいますと、私を呼ぶ声が、

 「AKIさん、久しぶりね。元気でやってた?」

 「???げっ、何でお前がここにいるんだよ。ここは日本やで。俺は、夢を見ているのか・・・・・お前は、ピ~か?」

 「馬鹿な事を言わないでよ。何をオロオロとしているのよ。」

 「・・・・・」

 「じゃ、私は向かいの席に座るからね。それにしてもこんな日本で会うなんてびっくりよね。結婚したんだってね。」

 「何でお前が俺の席に座るんだよ。友達と待ち合わせをしているんだからね。」

 「えっ、私と待ち合わせじゃないの? 私はそう聞いているけど。」

 「????」

 そうなんですよね。こいつは、私の友人の奥さんなんですよね。日本人と結婚をしたって事は聞いていましたが、まさか知り合いだとは知りませんでした。世の中は、狭いって言うのか理解できませんよね。

 この日は一応和気藹々と過ごした訳ですが、今度はカップルで食事をしようって話しになりましたが、断る事が出来ない流石の私も二の足を踏んでしまいますよね。

 タイランドでは会いたくないのに遭遇はするし、安心している日本でも訳の解らない遭遇はあるしで、トラブルメーカーもここまで来ますと、天然記念物ものですよね。

 結局押し切られてしまうって所がAKIさんのAKIさんたる所以なんですけどね。でも、友人に彼女の事は根掘り葉掘り聞く事は出来ませんよね。家路に着いた時に携帯に電話がありました。

 「びっくりしたやろう。俺も色々と悩んだんやけどな。過去の事なんかは全く関係ないって考えて、彼女を失いたくなかったからなぁ。今は、大阪やないからな。昔から兄弟みたいやったけど、ホンマモンの兄弟になってしもたなぁ。」

 アホか! 簡単に割り切れるものなんでしょうかね。

 でも彼が言うには、私の事もあったし、色々と欠点は山積みだそうですが、自分だけを愛して中心に考えてくれるところや、変え難いところの多かった為に、決心をして一緒になった様子ですよね。

 しかしタイガールを含めて女性は強いですよね。カップルで食事をした時には、私と友人は意識をして、ぎこちない様な態度でしたが、愛妻と彼女は昔からの友達みたいな感覚ですよね。

 でも、家に帰ってからの追求は凄まじいものがありましたよ。タイガールは何でも現在進行形で物事を考えますからね。

 現在進行形で考えますが、相手が自分と同じ様に愛する人がいて、互いに自慢のし合いをする事で、安心感を得る様子ですよね。

 「旦那さん、あの子は腹立つわ! だって、旦那さんよりももっと凄いって言うし、世界で一番良いのは、私の旦那さんよって言うのよ。絶対に間違っているのに聞かないのよね。頭にくるでしょ。」

 このトラブルも何とか解決をしそうですよ。

179 今回の教訓です。

 世間は本当に狭いものですよね。漫画の様な事が色々と起こってきますからね。真実は小説よりも奇なりっていいますけど、少しの事でおろおろとする自分を見ていると、笑けて来ますよね。

 しかし、タイガールは徹底して警戒をして、過去の事も現在の事も同じだって考えますが、相手が愛する人がいて、その人を自慢しだしますと、急に仲間になって今いますよね。

 互いの自慢のし合いの中で、変な友情が芽生えてくるんでしょうかね。日本人では考えられない事ですよね。

 まぁ、今回はなんともなく終わりましたが、気をつけないといけませんよね。

 「旦那さん、私だけって言ってたのにそうじゃないのね。私は貴方の事しか愛する事は出来ないのに、少し悲しいナ。」

 ・・・・・ね、自分の事は簡単に棚に挙げていますでしょ。それに、過去の事は関係ないって頭では理解しているんですが、心と肌と子宮では理解できないんですよね。否、理解したくないんですよね。

|

« バンコクでのオフ会 | トップページ | かんにんしてぇなぁ~、頼むわ~ »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元カノとの、カップル遭遇:

« バンコクでのオフ会 | トップページ | かんにんしてぇなぁ~、頼むわ~ »