« 私の人生は、薔薇色吐息 | トップページ | 元カノとの、カップル遭遇 »

2009年9月12日 (土曜日)

バンコクでのオフ会

176

 我が愛しの阪神タイガースは、今年は早々に戦列から離れてしまって、面白くもなんともないですよね。ここ何年かは、楽しかったのですがね。

 それに、今年は趣味の競馬も回収率が、50%を切ってしまいました。これからの飽きのG1戦線に期待をしないといけません。でも、愛妻からはギャンブルはやめなさいって言葉が出ますから、内緒で回収をしないと・・・・・でもね・・・・・

 色々な方から、バンコクでオフ会を開催してくれないかって話しを頂きますが、今までは何もしませんでした。これからもするつもりはさらさらないんですが、先日は無理やりオフ会って事になってしまいました。

 最近では私も有名になってきたんでしょうかね。”AKI”って名前をお知りの方が結構な数いらっしゃいます。

 たまたまタイランドで、友人と食事をしていまして、友人が私の名前を大きな声で、呼ぶものですから、周りにいる日本の人達が振り向きますよね。

 「若しかして、あのAKIさんですか? 恋しいのAKIさんですか?」

 まるでムービースターになった様な感覚ですよね。馬鹿な私は、なりきってしまって最低な肢体を曝け出している事なんでしょうね。その時には、色々な質問が飛び交って、いい気になって話をしている姿は、滑稽ですよね。申し訳ありませんね。

 先日は、友人から日本ではなくてバンコクでメシを食おうって誘いを受けました。断る事が出来ない私は、当然ですが二つ返事ですよね。当日は、愛妻を連れてレストランへ向かいます。

 それが日本の様に個室になっていて、そこに案内をされますと、知らない人ばかりなんですよね。間違っていると思って、帰ろうとしますと歓迎の声が沸き立ってくるんですよね。スター登場って感じですよね。

 話は変わりますが、チャイニーズレストランの個室は、禁煙じゃなくて助かりますよね。私のようなヘビースモーカーはね。

 「いや~AKI、悪いなぁご足労を願って。今日は、俺に仲間がいっぱいでAKIを囲んでの食事会をしょうと思ってね。」

 「そんなら初めから連絡をしてくれたらええのに、いつもの貧民の様な格好できてしもたやないか。」

 結局は私の友人が勝手にオフ会を催して、勝手に私を囲む会って事で進めていた様子ですよね。まぁ、別に問題はない事なんですが、内の愛妻は、機嫌は絶不調なんですよね。

 だって100%私のブログの読者の方ではありませんからねえ。私を囲んでの食事か言っていっていますが、タイガールのことについての相談や、悩みなんかを話す場ではなくて、単に風俗関係についての話を聞きたいだけなんですからね。

 当然ですが、質問は風俗の店舗やマニアックな所はないかとか、いい店はないかとかって事ばっかりですからね。私もうんざりしますし、愛妻なんかは見る見るうちに雲行きが変化してきますからね。

 「すまんなぁ、俺は用事があるからこれで帰るわ。」

 って事で、そそくさとた退散をしてきました。これは、いけませんよね。幾ら友人でも、風俗の事や夜の世界の事を聞きたいんだったら、一人で来いとかって言わないといけませんよね。

 どんな事があってもタイガールの場合は、一緒に行動をするんですからね。それも、バンコクですし、一緒にバンコクにいる時ですからね。なんたって、バンコクは最低な町だって考えているんですからね。

 私の友人も、私が帰ってから回りから相当突き上げを食らったみたいですが、仕方のない事ですよね。又、自分の彼女にも相当辛く当たられた様子ですよね。愛妻から、友人の恋人に連絡が入っているんですからね。

 タイガールネットワークですよね。

 今までも何人かとはお会いした事。

177

今回の教訓です。

 教訓めいた話はありませんが、タイガールが一緒にいる場合は、タイガールの彼氏に対しては風俗や女の話は絶対にいけませんよ。

 自分達がこうしたとか、どうするとかって話はタイガールにとっては、他人様ですから気にしませんが、自分の愛する人の事に成りますと、話と現実とが区別が付きませんからね。

 どんな事でも現実のそれも、現在進行形って判断をしてしまいますからね。

 その日から当分の間は、私は最悪な目にあってしまうんですからね。詮索どころの話ではないんですからね。

 まぁ、風俗や夜の話は、男だけの世界でするべきですよね。

|

« 私の人生は、薔薇色吐息 | トップページ | 元カノとの、カップル遭遇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンコクでのオフ会:

« 私の人生は、薔薇色吐息 | トップページ | 元カノとの、カップル遭遇 »