« 夢と現実は、同じ処にある! | トップページ | タイガールの反撃劇 »

2009年9月 5日 (土曜日)

愛欲の果ては、恐ろしい事に

162  昨日は、愛妻の兄貴との食事です。 まぁ、オカマちゃんの嬉しそうに、終始笑顔なんですよ。タイ人の場合は、自分が尊敬する、男として好きな人には、小娘と同じ様な態度になりますから、愛すべきですね、タイ人はね。

 今日は早朝から、フィリピンへ来ていますが、タイランドの島国根性って言った感じで、中々楽しいですね。

 少し、危ない街ですが、島国の東南アジアも見るべきものが結構ありますよ。

・ 

・ 

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

 「さよなら、楽しかったけどね。本当に有難うね。私は、幸せだったよ、でもね、次に会う女の子は幸せにしてあげてね。」

 先日友人の所にこの様な内容のタイ語の手紙が届きました。1週間もしない内に、同じ様な内容の手紙が、別のタイガールから届いたそうです。それから、1ヶ月もしない内にマタマタ同じ様な内容の手紙が・・・・・

 1ヶ月の間に別々のタイガールから3通もの手紙が来ました。それもビックリですが、筆跡は全く違うのに、文章の内容は全く同じなんですよね。3文ミステリーの様ですよね。

 私の友人はタイ人の男を超える様な最低な男なんですよね。あっちこっちに色々と手を出している、最低な単身駐在員なんですよね。仕事をしているんでしょうかね、こんなにまめにフラフラしていてね。

 最低な日本人をタイガールに植え付けているって感覚ですが、女性に興味をもたれるって男は、古今東西同じ様な感じですよね。

 ”兎に角、まめです”

 しかし、このままの状況が何事もなく続くとは思えませんよね。だって今のままじゃ、好き放題をして何の罰も報復も受けないって事は、普通はありませんからね。当たり前の事ですよね。

 彼の場合は、同じ様な店でも、同じ仲間のタイガールも野別まもなくって事ですから、段々と世間が狭くなってきますね。とうとう、険悪な状況を作り出しました。

 そうして、無言電話が頻繁になってきます。その内、脅迫電話に変わっていきました。その後、罵声の電話に変化してきます。

 ・・・・・やっと気にする様になって来ましたが、それでも素行は改善されていません。若しかすると、皆さんの中にも同じ様な事をしている方はいらっしゃいませんか?

 ネットワークは怖いって話をしましたね。その内、誰にも相手にされない様な状況になってきます。完全に無視って事ですよね。指名をしても、席についても一言もしゃべらないし、顔も見ないんですからね。創造をしてみて下さいね。怖いですよね。

 ・・・・・憂鬱になってきまして、ノイローゼ一歩手前まで進行をしていきます。でも、無視されても行動のパターンは変化ありません。

 騙されたり、翻弄されたタイガールの友人達から彼の会社に告白文章が届く様になって来ました。会社の中でも、居づらくなって来てしまいますよね。仕事も手に付かなくなってきてしまいます。

 成れの果ては想像が付きますね。心の病気ですよね。仕事は退社、日本に帰ってもふさぎ込み、そうして離婚と最悪の状況になってしまいますが、問題は我にありですからしょうがない事なんでしょうね。

 普通はタイガールは、大人しいのですが駐在関係の問題は、山の様にありますからね。日本の男を貶める行為は謹んで欲しいものですよね。

163 今回の教訓です。

 他人様の事だって笑っていてはいけませんよね。我々も多かれ少なかれ同じ様な事をしているって思われている訳ですからね。

 それに、駐在員で愛人が居ない日本人は皆無だって思われていますし、確かに近いものがありますからね。今回の事は、私じゃないんですが、日本人がアドバイスをしてこのようになったみたいですからね。

 「可愛そうだったけど、自分がした事だからしょうがないナ。」

 同情をしてもらった様子ですが、自業自得って事なんでしょうね。因果応報ですから、自分がした事は必ず自分に降りかかってきますから、気をつけないといけませんよね。

 私のように品行方正にしなさいって事じゃないんですが、恋愛にも遊びにも何でも暗黙のルールが存在しますからね。タイランドでの報復って事は、相当厳しい事ですからご注意下さいね。

 「AKIさんの友達じゃなかったの? 」

 「知らないね。勝手に俺に名前を使っていただけじゃないか。」

 ・・・・・矛先が変更しない内に、知らん振りをしてしまいました、情けないかもしれませんよね。

|

« 夢と現実は、同じ処にある! | トップページ | タイガールの反撃劇 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/27927926

この記事へのトラックバック一覧です: 愛欲の果ては、恐ろしい事に:

» 恋愛アドバイスまるごと情報 [恋愛アドバイスまるごと情報]
恋愛アドバイスについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火曜日) 午後 12時54分

« 夢と現実は、同じ処にある! | トップページ | タイガールの反撃劇 »