« バイブルの様なブログ? | トップページ | やっとの思いで、辿り着いたのに »

2009年9月 8日 (火曜日)

愛妻の兄貴は、仏陀の化身

168  タイランドでは、タイガールだけじゃなくて問題児の男も本当にピュアで、心の子供の様な人間が多いんですよ。ストレートで我慢する事が出来ませんでしょ。子供と同じなんですよね。

 (最低って呼ばれていますが、少しの事で変化をするんですよ)

 子供と同じだって考えますと、しっかりと教育をしてやりますと素晴らしい男に変身をしてくるんですよね。何にも出来ない、我慢も出来ない子供なんですからね。

 最低な男だってばかりを考えてはいけないんですよ。少し見方を変えましたら、タイガールと同じ様に中々どうして、素晴らしい人間に変身しますからね。そうなんですよ、内の愛妻の兄貴はその典型的なタイ人ですからね。

 ピュアなタイ人の男もそうですね。子供ですから、好きな人や尊敬する人に好かれたいんですよね。彼らは、女性は尊敬をする対象には当たりませんから、愛する人って概念はないんですよね。

 でも、ゆっくりと話しをして、自分の為になるって話をする事をすれば、・・・・・これでは変化はありませんよね。自分の事は、将来の事については楽観的で楽天的ですから、考えは変える事はありませんよね。

 じゃ、人生観や将来的なお金の事について話しをすれば、・・・・・これも変化はありませんね。人生観やお金については、考えが及ばないんですよね。自分達の辞書には、載っていないんですね。

 では、何をもって彼らを変化させる事が出来るんでしょうか?

 タイ人男性は、もっと簡単な事で変化をするんですよね。本当に簡単な事ですよ。なったって、大きな子供ですからね。好きな人や尊敬をする人に、嫌われるのは嫌なんですよね。

 「お前ねぇ、仕事もしっかり出来ないで、俺の言う事も理解できないのは、、タイランドに帰ってきても一緒には仕事もしないし、お前は無視するからなぁ。」

 「ピーAKI、大丈夫。僕は直ぐにでも変化できるからね。出ないと、ピーAKIと一緒に何も出来ないでしょ。」

 「当たり前だ! 俺はお前の事を信用もしているし、頼りにもしているんだからね。お前を嫌わせないでくれよ。」

 「カップ! OKカップ! 僕は、ピーAKIに嫌われたくないからね。絶対に変わって、一緒に出来る様になるからね。もう少しだけ待ってナ。」

 不思議な内容でしょ。彼らは、大好きな人や尊敬する人に嫌われるって事は、耐えられないんですよね。オカマや恋愛感情ってものは関係ないんですよね。

 内の愛妻の兄貴の様に、私を大好きになって尊敬をしだしますと、嫌われたくない為にドンドンと変化をしていくんですよね。そうして、少し変化をしますと、仕事をして責任を持つ事が楽しくなってくるんですよね。

 コロッと変わりますからね。それに、がむしゃらに仕事もしだしますから、彼の場合は初めは1ヶ月6000Bでしたのが、今では15000Bに迫ろうってしてきていますからね。親にも仕送りをしだしましたからね。

 それに私は娘にお金を送るのに振込みをしないで、彼にお金を預けているんですが、1サターンも間違うことなく精密な出納帳をつけて報告をしてくれますからね。

 最低な男が2~3日で変化しましたからね。彼だけじゃありませんよ。最低なタイ人の男が何人も素晴らしい男に変化したのを見てきていますからね。

 流石にタイ人ですよね。男もピュアで、素晴らしい人種だったんですね。

169 今回の教訓です。

 今日はタイ人の男に焦点を当ててみましたが、基本的にはタイガールと同じ様な感じですよね。ただ、タイガールはいつでも素晴らしいのですが、男の場合は、尊敬する人がいないといけないみたいですよね。

 そうして、大好きで尊敬できる人から嫌われたくないって感情で、素晴らしく変化をするんですよね。

 タイプは違いますが、子供と同じでしょ。

 「ピーAKI、今はこうなんですがどうしたら良いのかアドバイスを下さいよ。カップ、今は仕事が楽しくて楽しくて、でも早くピーAKIと一緒に仕事がしたいですよ。」

 可愛いでしょ。愛妻の兄貴ですし、良く知っているタイ人の場合は、尊敬をされる様になると、人助けになりますからね。

 それに、本当に頼りになって、信頼が出来る弟分が出来上がりますから、皆さんもタイ人男性との繋がりも経験をしてみて下さいね。新しい、視野が大きく開ける事請合いますよ。

 これで、一番喜んでいるのは内の愛妻ですよね。そうして、一番自慢をしているのは、母親ですね。

|

« バイブルの様なブログ? | トップページ | やっとの思いで、辿り着いたのに »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛妻の兄貴は、仏陀の化身:

« バイブルの様なブログ? | トップページ | やっとの思いで、辿り着いたのに »