« 嫉妬のし過ぎで病気になって | トップページ | 友人は、犯罪者! »

2009年9月 1日 (火曜日)

まだ考えていますか?

154  「AKIさん、彼は何を考えているの? 解らないから、本心を聞いてくれないですか? 頼める人はAKIさんしかいないのよね。お願いする!」

 今日は、日本人ではなくてタイガールからの相談です。最近は、日本人だけではなくて、タイガールからの相談も数多くあるんですよ。相談室も、連日の大盛況の様を呈してきましたね。

 う~ん、人柄を忍ばせますよね。 国境を越えて相談を受けるって事は、う~ん、相当素晴らしい人なんでしょうね、AKIさんって人はね。素晴らしい事ですよね。デモ、内の中では顰蹙を買っているって実情なんですけどね。

 なんたって、人の為であろうが自分の事は後回しって事ですから、タイガールの愛妻にとっては中々我慢する事が出来ない様な状況ですよね。その癖、自分の友達なんかの相談事は、私の相談もなく持ってきますからね。

 身勝手じゃないんですよ。これは、一種の自慢ごとなんですからね。私の彼や旦那さんは、モン名から相談をされるくらいに素晴らしい人なのよって事を、暗に表現をしているんですからね。

 但し、自分は気が付いていませんけどね。

 こんなタイガールからの質問の場合は、間違いなく相手の日本人の彼氏は本気なんですよね。但し、その本気さがタイガールには伝わらないんですよね。どうしてなんでしょうね。

 彼女達の感覚では、過去は存在がしないんですよ。

 過去が存在をするのは、自分が愛する人の過去の彼女や恋愛関係や、風俗等で遊んだ事だけなんですよね。まぁ、これも過去ではなくて現実のものだって考え方をしますけどね。(愛する人の都合の悪い事だけが、タイガールの過去についての興味であり、関心ごとであり、現実との分離が出来ないんですね)

 タイガール達には、現在と将来しかないんですよね。もっと言いますと、現在しかないって言っても過言ではありませんね。

 ですから、昨日のポロポーズはないのと同じなんですよね。

 今日はポロポーズをされていないんですから、彼はまだまだ本気ではないって感じてしまうんですよね。その上、具体的な目に見えるものを提示していないんですからね。

 何回も言っているでしょ。タイガールは世界でも最高級の心配性な女性なんですからね。全てを悲観的に考えてしまうんですからね。でも、悲観的に考えているのは、愛する人の事だけですからね。

 それ以外は、・・・・・ですよね。

 日本人とタイガールとの理解の相違なんですよね。我々は、過去・現在・未来に生きていますよね。でも、タイガールは現在だけの中で、生きているんですよ。

 「彼は何も言わないか?」

 「マイ。何もないわ。私は愛されているの? どうするかって事も何もないのよ。」

 彼に聞きますと必ず話をしているって言いますが、タイガールは理解していませんよね。だって、昨日って過去は彼女達には存在はないんですからね。

 「大丈夫だって!」

 「マイ。彼は何も言ってくれないのよ。結婚の事なんて話を聞いた事がないわよ。どうするかなんて、何もないのよ。」

 目に見える様にしてあげないといけませんよね。考えるのではなくて、タイガールには行動をしないといけませんよね。

155 今回の教訓です。

 タイガールには、我々との違いが沢山ありますからね。それに、愛する人と、普通の場合と、家族の場合と、・・・・・場合場合によって、変化していきますからね。それを理解しておかないといけませんよね。

 難しいですか?

 簡単な事なんですよね。タイガールとは、日々毎日、新たな恋をするんですよ。毎日、彼女に恋をするだけなんですよね。

 皆さんも感じませんか?

 貴方の彼女や奥さんは、昨日よりも今日の方が貴方を愛しているでしょ。日々、進化をして愛されているでしょ。そんな経験を殆どの方がされていると思いますよ。そこがタイガールの素晴らしい所なんですよね。

 ですから、色恋については我々は、タイガールにあわさないといけませんよね。これが重要な事ですよね。

 「AKIさん、今日彼がポロポーズをしてくれたのよ。○○日には一緒になるって言ってくれたのよ。」

 昨日も一昨日も、10日前にも同じ様なことを聞いた様な気がしますね。でも、これがタイガールなんですからね。

|

« 嫉妬のし過ぎで病気になって | トップページ | 友人は、犯罪者! »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ考えていますか?:

« 嫉妬のし過ぎで病気になって | トップページ | 友人は、犯罪者! »