« 夜の世界のあるOBの生活 | トップページ | 友人の彼女達との会食 »

2009年10月 3日 (土曜日)

卒業生達のパーティー

1019

 やっと日本に帰ってきました。今日は、愛妻と差し向かいで食事をする事が出来ますし、一緒に寝る事が出来ます。

 海外では、電気は付けっ放しですし、テレビも付けっ放しですから、疲れが取れませんよね。実は、一人で寝るのが怖いんですよ。いいおっちゃんが、情けないですよね。

             sun

 昨日はそう言いながら、今日も同じ様な内容なんですよね。こうご期待って言いながら、忘れてしまったり、書かないって言いながら続けたりって事は、私の特徴ですからね。

 付いていき難いですか? まぁね、文句を言いながらでも私だけに付いて来ているのは、愛妻だけですからね。

 段々と私もタイガールの様に、極端から極端ね移行をする様になって来ましたね。今日は、夜の生活の卒業生達の同窓会に付いてのレポートをさせて頂きますね。中々、タイガールの特徴が出たパーティーでしたよ。

 まぁ、何がナンだか解らないって事の方が真相を突いている様な気がしますけどね。

 結論から言いましょうね。盛り上がっていきますと、”泣き漏斗”になっていって、傷のなめあいが始まります。そうして、近況の暴露大会ですよね。それに、全員が私に言い寄ってきますよね。

 (夜の世界は引退しましたが、愛する人がいなくて一人で生きているタイガールの集まりです)

 又、羨ましいって言葉の連発で、自分に人生を悲観していくって光景が目の前に広がって行きますからね。この場での話の内容を要約していきますと、簡単には五つに別れますよね。

1.寂しいしお金もないし、これから前の仕事に戻って生活をしないそうかなぁ。

2.前の仕事に戻るのは嫌だから、今までに知っているお客さんに連絡して、お客さんが来る時だけの仕事をしようかなぁ。

3.今までのお客さんで、何とか自分と恋人や彼女になれる人に連絡をして、何とか一緒になれる様に努力をしようかなぁ。ミヤノイでも問題ないからね。

4.今はどうなるか解らないから、考えない。その内自分がどうなるのかはわかってくるからね。

5.絶対に前の仕事にはもどらない。田舎で、貧乏でも今のまま普通に生活をする方がいいなぁ。

 前の仕事に戻りたくないって言うタイガールは、5分の1ですね。嫌々仕事をしているって考えておられる方は、少し変だって感じませんか?

 デモね、タイガールは普通は悪い方に向かってしまうんですよ。蛍が甘い水が好きな様に、タイガールは良くない方向に進んでしまう傾向があるんですよね。ダメンズも好きでしょ。

 但し、自分の愛する人が出来た場合は、全くのその限りではありませんね。

 「お前らね、そんな事を考えないで、まじめに仕事をして普通の生活をしているほうが良いんじゃないの。」

 「そんな事を言っても、私を愛してくれる人は誰もいないのよ。AKIさんが、私を愛してくれるんだったら、夜の仕事なんかしないで乞食でも何でもするわよ。」

 ・・・・・言う事が極端でしょ。でも、彼女達が引退をする場合には、愛しする人がいて、それが継続をする事で、夜の世界とは決別が出来るのですが、それが無いと中々決別は難しいですよね。

 嫌いでしょうがなくても、悪い事だって解っていても、安易なほうを選んだんですから、安易なことからは中々抜けきる事は、難しいみたいですよね。

1020 今回の教訓です。

 昨日も同じ様な事を話したと思いますが、一度入ってしまった夜の世界からは、中々抜ける事が出来ないみたいですよね。

 これは、タイガールの性格みたいなものが影響をしていますよね。

 嫌なものでも嫌いなものでも、安易なところを経験してしまうと、どうしょうもなくその場にいてしまうんですよね。仕事が嫌いな訳ではなくて、苦にしないんですけどそうなってしまいますね。

 引退をして、普通の生活に戻る為には、何点かの条件が必要なんですよね。

1.愛する人がいる事。

2.タイガールにない強い意思を持っている事。

3.夜の世界では相手にされなくなってしまった事。

 救い出してあげる事が出来るのは、我々タイガールフリークの日本人だけですよね。

|

« 夜の世界のあるOBの生活 | トップページ | 友人の彼女達との会食 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/28407683

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業生達のパーティー:

« 夜の世界のあるOBの生活 | トップページ | 友人の彼女達との会食 »