« 卒業生達のパーティー | トップページ | アフターファイブの時間 »

2009年10月 4日 (日曜日)

友人の彼女達との会食

1021

 昨日の夜は久々に、甘い夜となりました。汗だくですけどね。浮気をいつも気にしていますから、帰った夜は頑張らないといけませんね。証拠を見せないといけませんからね。

 だって、もって帰った洗濯物を一枚一枚チェックをしているんですから、何時まで経っても信用が得れませんね。

                       

 私が住んでいる関西にも、日本人とタイガールのカップルが相当数いらっしゃいますね。街を歩いていると、見かける事はありませんから、殆どいないって思っていましたが、”お~”ってくらいいますよね。

 殆どが、内の愛妻が自分のブログやネットで知り合ったタイガール達なんですが、先日は愛妻の友人カップルとの会食をって事に話がまとまりまして、大阪でダブルデートって事になりました。

 先にタイガールの特徴を少し話をしておきましょうね。

 彼女達は、世界でも最高級の社交的な女性群なんですよね。自分が嫌でも、初めて会う時には、素敵な笑顔と挨拶と、物腰で歓迎している様に見せるマジシャンの様な女性ですからね。

 何回かあったり、親しくなってきますと本性が出てきますけど、初対面では一番印象度合いが高い場合が多いですよね。ここに参ってしまう日本人男性は数多くいますからね。コロッと参ってしまっているんですよね。

 話しが逸れてしまいましたが、ダブルカップルでのデートの時には、気をつけないといけない事が結構あるのをご存知ですか? 特に、彼女同士が仲良くなって話をしだしますと、ご注意警報が鳴り響いているって事なんですからね。

 男は、楽だって考えて飲んだり食ったりしていますが、・・・・・気をつけないといけませんよね。

 彼女達は、互いの情報交換をしているんですからね。

1.浮気の見極め方は、どんな感じなのか。

2.互いの悩みからどうする事が一番良いのか、互いの経験からの話し合いです。

3.何処まで嫉妬をしたり、焼きもちを焼いて良いものなのか互いの生活の説明。

4.協定を結ぶ事で、互いのネットワークの確認。

5.家庭内における我々の機嫌の同行や、行動パターンの教え合い。

 等々と色々なことを情報交換をしているんですよね。こんな時から、家に帰ってからって事で変化が現れてきますからね。特に、嫉妬と焼きもちはもっとしても良いって結論に達する様子ですよね。

 ですから、我々は大きな声で内緒話をしているタイガールの嫁さんの話は、小耳に挟むようにしないといけませんよね。

 内なんか、友達と会うたびに嫉妬や焼きもち焼きが酷くなって来ている様な気がしますからね。

 又、内には愛妻の友達をはじめ私の友人達も良く来てくれます。人が集まる家って言うのは、非常に良いものなんですが、私が一人の場合は皆で、色々と作戦を練っているような感じですしね。

 逆に私の友人達が来る時には、愛妻は耳をそばだてている様な感じですからね。

 これは、家庭内に限った事ではありませんからね。日本に限った事でもありませんからね。

 タイランドのレストランやホテルって所でも全く同じ様な傾向がありますからね。気をつけておかないといけませんよね。

 「何で、知ってるの?」

 こんな事が良くありますからね。

1022 今回の教訓です。

 彼女達はネットワークと素晴らしい仲間意識を有していますからね。特に、恋人や結婚って事になった後には、これが遺憾なく発揮されますからね。

 カップルやホテルや家での食事や飲み会の時には、相手のことも気にかけておかないといけませんし、自分の失言って事は絶対にタブーですからね。これで、大変なめにあった人は、私を筆頭にして山の様にいますからね。

 普通のことでしたら、少しの間で解決をする問題でも、過去の事なんかは現在進行形の様に捕らえますから、納得させるのは本当に大変な事なんですよ。

 私なんかは、昔の事で、出会う前の事で未だに言われ続けていますからね。彼女達は、言う事で、旦那や恋人が浮気まで慕って錯覚まで起こしてきますからね。

 本当に始末が悪いんですよ。

 口は災いの元だって言われますでしょ。特に、タイガールにはそうですから気をつけないといけませんよね。

 ほ~んとに、大変ですからね。

|

« 卒業生達のパーティー | トップページ | アフターファイブの時間 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人の彼女達との会食:

« 卒業生達のパーティー | トップページ | アフターファイブの時間 »