« 孤独感を味わうのは、マイ・アオ! | トップページ | お見合いの感覚 »

2009年11月 3日 (火曜日)

ATM

1081  今日は無茶苦茶に寒いですね。 昨日まで夏の様な天気でしたが、急に冬になってしまったようで、最近は四季がなくなってきている様な感じですよね。

 今日は朝から大変でしたよ。南国育ちですが、寒いのが好きな愛妻でも、”寒い・寒い”ってスト部尾探す事から一日が始まりましたからね。

 私の様なおじさんは機構の変化には中々体が付いていきません。早く、機構が一定しているタイランドに行かなくてはね。

                      

 少し前の事に成りますが、ATMで最悪な事を経験しました。それも、翌日には日本に帰るって時にですよ。これは、気をつけないといけない事ですから、私の経験を紹介をしえおきますね。

 娘の生活費と田舎の家を建てている為の資金とを、日本から振り込みますと非常に高い事になりますね。ですから、私の場合は、半年単位で銀行にお金を入れて、愛妻の兄貴に預けているんですよね。

 そうして、毎週の様に振込みをしてもらうって事にいています。(普通の人に頼むのは良くないですよ、直ぐに理由をつけてなくなってしまいますからね)

 この時も娘の生活費や家の補修って事で、30万Bほど入金をする様にしないといけませんでした。タイランドの場合は、出金と入金は同じ様に手間が掛かります。 通帳を持っていって直ぐに入金って出来ないんですよね。

 暗証番号はいりますしね。窓口では待たされてしまいますしね。それに、格好で人を判断する傾向があるタイランドですから、私みたいに何処から見ても乞食一歩手前の格好では、敬遠をされてしまいますよね。

 この日も、面倒臭いが為にATM入金を試みました。そうするとどうでしょう、機械が詰まったのか壊れてしまって動かなくなってしまいました。

 私は普通に平然としていましたが、愛妻はパニックですよね。そうして、窓口に話をしに行きますと、

 「そうですか、良くある事ですからね。明日にメンテナンスが来たらお金を出す事が出来て、その時には入金をする事が出来ますから、問題はないですよ。」

 「あのね、俺は今日の夜間便で日本に帰るの、今開けて何とかしてよ。」

 「出来ません、しかたないです。」

 「・・・・・」

 「機械はよく故障をしますし、気化器を開ける事はできません。でも、今までも殆ど問題はないですからね。本当にお金を入れたんならね。」

 失礼な話でしょ、明日にならないと解らないの一点張りで、顧客の事は無視の状態ですよね。相当に粘りましたが、最終的には本当に入れたのかも解らないってまで言われてしまいました。

 皆さんも移住や色々で銀行との付き合いはこれから出来ると思いますが、入金は窓口に行かないといけませんよね。こんな事が日常茶飯事だそうですからね。

 どうしてか解りませんが、私には訳の解らないトラブルが付きまといますよね。でも、日本では直ぐに対応をしてくれますが、タイランドはね。顧客の事なんかは、考えていませんからね。

 怒り心頭で、文句を言って銀行を後にする時には、

 「あんなに文句を言っても何も出来ないのにね。本当にお金を入れたのかしら、それに30万Bの大金なら普通は機械は信用しないのにね。日本人は良く解らないわよね。」

 酷い言葉ですよね。最終的には、兄貴に頼んで立ち会ってもらって入金は出来ましたが、それが出来ない人はどうするんでしょうね。

 皆さんも危機回避の為に、入金などは窓口に行きましょうね。気分も悪いですし、信用も出来ませんからね。

                      

1082 今回の教訓です。

所変われば品変わるって言いますが、本当にそうですよね。日本では、銀行は親切ですし、機械の故障でも直ぐに対処してくれますが、タイランドは一切しませんからね。

 挙句に不振がられてしまうって始末ですし、文句も言いたいところですが文句を逆に言われてしまうって事ですからね。情けなくなってしまいますよね。

 愛妻がパニックになったのが理解できますよね。

 兎に角、外国ですからATMは出金は問題がないと思いますが、入金の時には必ず窓口に行きましょうね。出ないと、本当にババにされてしまうって事になりかねませんからね

 「ね、タイランドは格好で判断するでしょ、旦那さんがお金のない人の様な格好をしているからよ。本当に、日本とえらい違いよね。」

 私は気分が悪い上に、愛妻までに怒られてしまって最低な気分ですよね。

 ・・・・・気をつけよう、日本で信用できるものでもタイランドでは、???ですからね。

|

« 孤独感を味わうのは、マイ・アオ! | トップページ | お見合いの感覚 »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATM:

« 孤独感を味わうのは、マイ・アオ! | トップページ | お見合いの感覚 »