« 自然に消滅するのは・・・ | トップページ | やってきました、異国の町に »

2009年11月22日 (日曜日)

良い事尽くめの夜の街

19  この間に生まれて初めて海外に出ることが出来て、仕事一筋の知人を仕事の関係で、タイランドに連れて行きました。仕事一筋に人ですし、海外も初めてって事ですから、普通は食事をして終了って事になってくるんですが、・・・・・

 自分も行きたいですよね。見てみたいですよね。彼を犠牲にして、夜の街に連れ出して珍道中をしてきました。

 免疫のない人は可愛そうですよね。私も30歳を過ぎておたふく風邪にかかって、死の淵をさまよった事を覚えていますが、そろそろ50歳で遊んだ事がない人は、・・・・・可愛そうですよね。

 それよりも恐ろしい事ですよね。それも、タイランドの夜の街ですよね。創造をしても恐ろしい事ですよね。

 ハイハイ、ハイ、それはそれは、筋書き通りですよね。杞憂に終わるかって考えましたが、そんな事は問屋(夜の街)が卸しませんよね。しかし、これほど見事にはまってしまいますか?

 翌日の話です。

 「AKIさん、俺ね、考えたんだけど。」

 「何ですか? 今日も仕事があるんですから、朝飯を食いながら話をしましょうよ。」

 「食欲がないんですよ。デモね、今まで色々と考えたんですが、私は仕事、会社を止めてしまいますよ。」

 「は~、なんですって?」

 「仕事も止めて、ここに住む事に決めたんですよ。もう直ぐ50歳ですから、VISAも直ぐ取れる様子ですし、今まで仕事一筋で十分に貯蓄もありますからね。それに、年金ももらえるだけは支払いをしましたからね。」

 「あの、あの、あの、なんですって?」

 「簡単に言いますと今日を持ってリタイアをして、タイランドに骨を埋める様にします。」

 「ちょっと待って下さいよ、それは性急過ぎるでしょう。少し考えた方が良いと思うんですが・・・・・」

 「十分考えました。私は、これまでも人の何倍もの仕事をしてきましたし、人の何倍もの給与も貰ってきましたけど、人の半分も使わないで貯蓄をしてきました。早くリタイアをするのだけが夢だったんですよね。」

 「・・・・・あう、あう、・・・・・」

 「今から退職願を出して、早期退社をします。ちょうど、退職金も倍になりますからね。そうして、今からすむところを探しに行きますからね。あっ、AKIさん仕事の事は大丈夫ですからね。貴方にも迷惑はかけませんからね。」

 こんな話ってありますか? 昨日の女の子にぞっこんになってこんな事をしているんじゃないんですよ。一晩で、タイランドに魅了をされてしまったんですよね。しかし、仕事一筋の人は、訳が解りませんよね。

 その上、仕事一筋って人は、人の何倍も稼いで、人の半分も使っていないって事ですからね。即リタイアしても死ぬまで十分に生活が出来るんですからね。なんたって、私とは心がけが違いますよね。

 結局は一度日本に帰って、3ヵ月後にはタイランドに移住をしてしまいました。これは、恐ろしい事ですよね。否、素晴らしい事ですよね。

                 

20 今回の教訓です。

 「決定的な事は、昨日タイガールと一晩を共にしたんですよね。何もしませんでしたが、一晩中話をしていました。そうして、私は今まで十分にしてきているから、念願のリタイアを決心したんですよ。」

 心を決めさせたのは、タイガールでしたね。何もしないで、話をしただけですからね。

 それにしても、備えあれば憂い無しですよね。普通は、そうは思っても直ぐにする事は出来ませんよね。しがらみもある事でしょうが、なんたって先立つものがありませんからね。普通はね。

 死ぬまで日本で生活をしても問題がないって言うほどのものを持っているんですからね。何倍もの驚きがありますよね。(日本で十分ならタイランドでは、ブルジョワジーですからね)

 帰ってからは、仕事の事も日本の全ての事も生理をして、本当に3ヶ月で、タイランドに行ってしまいました。この3ヶ月間で、普通のタイ語の日常会話まで出来るようにしてですよ。

 一晩で、人の人生を変える事が出来るタイガールも素晴らしいですが、一瞬で人生を軌道修正をする事が出来る男性は、本当に格好が良いですよね。尊敬が出来ますよね。

 私を含めて、先立つものがなしに移住って言っている人が情けなくなりますよね。この後、この人については何回かレポートをさせて頂きますね。しっかし、先立つものが必要ですよね。

|

« 自然に消滅するのは・・・ | トップページ | やってきました、異国の町に »

勝手気儘な偏見事情」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 ご指摘の通りタイランドには、”理想”と”現実”の差が山盛りです。打ちひしがれる事が結構ありますよね。
 でも、彼に言わせますと、
 「世の中にはギャップって物が必ず存在して、そのギャップを自分の物にするから楽しくて自分の置き所が解るんだよ。」
 中々言える事じゃありませんね。
 今は、知り合ったタイガールと小さなお店をやりながら楽しく、幸せに暮らしているみたいですよ。考えようによっては、失望をするよりも感動する方が多いと言っていますから、決断がしっかりと出来る人は素晴らしいんでしょうね。
 本当に羨ましい限りです。

投稿: AKI | 2009年11月23日 (月曜日) 午前 11時59分

AKI様
『備えあれば...』って本当ですよね。でもその方も凄いですよね!結構簡単に決断してる様に見えて“その時”に備えて何十年もかけてコツコツ積み重ねて来たんでしょうね。羨ましいけどあっぱれ脱帽物ですね。
しかしタイランド、『理想』と『現実』の差が有り過ぎそうですが..。その方の今後に非常に興味が有ります。(^^)

投稿: なかちゃん | 2009年11月23日 (月曜日) 午前 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い事尽くめの夜の街:

« 自然に消滅するのは・・・ | トップページ | やってきました、異国の町に »