« お見合いの感覚 | トップページ | 愛妻の故郷は日本の我が家 »

2009年11月 5日 (木曜日)

あほなお金の使い方

1085  タイ人はびっくりとする様なお金の使い方をする人が本当に沢山いますよね。それでも、成功をしている人と失敗をしている人に分かれますよね。私みたいに使いたくても使えない様な貧乏人は、目を丸くしているだけの事なんですよね。

 今日は、タイ人のお金や事業についての考え方にフォーカスをして見ましょうかね。面白いものが見えてくるかもしれませんよね。

 先日も話をしたと思うのですが、タイ人の男に100万Bをやったとしますと、何も考えないで車を購入するのが、99%ですからね。何も考えない様なタイプの男が殆どですからびっくりしますよね。

 でも、タイガールの方が少し計画的ですが、やっぱり同じ様な人種ですからね、少しましだって程度ですね。

 でも、タイランドには日本人と比べ物にならないくらいの金持ちが存在しますね。代表格は、純粋のタイ人のレッド・ブルの社長ですよね。普通タイランドでの金持ちは、タイ・チャイニーズが殆どですからね。

 まぁ、アジアの金持ちの99%は華僑系ですからね。

 最低だって言われているタイ人ですが、1%の人はそれはそれは素晴らしい人種ですよね。仕事は人の何倍もしますし、苦労って事は念頭にはありませんし、勉強だって病気なくらいにしますからね。

 ですから、そんなタイプに人はタイランドでは必ず成功をしますよね。成功をしますと、相続税のない国ですし、金持ちに優しい国ですから、孫の代までは安泰ですよね。まぁ、孫か曾孫が食い潰してしまうって事が多いですけどね。

 ある曾孫なんですが、どんな事をしてもお金がなくならないってくらいの金を持っていましたが、全てを相続をして、そうですね、10年は大げさですが、それに近い年月で素寒貧になってしまいました。

 まぁ、私もその恩恵を受けているんですから、責任の一端もある事でしょうが、これがアホを通り越した様な金の使い方なんですよね。毎日、10年間ビルの屋上からお金を撒いても破産しないぐらいの金ですよ。

 小さな国の国家予算よりも多いんですからね。相続をしたお金はね。当然ですが、お金だけではありませんね。有価証券や不動産や色々とあったんですが、全てをキャッシュに変換してしまいます。

 食事は、レストランやホテルの貸切、旅行には特別製の個人列車、つりの為にトローラー、晩際のパーティーの為にクルーザー、TPOに合わせた車と運転手、個人ジェットにパイロット、その癖家は高級なアパートメントですからね。(一例ですよ、こんなもんではありませんからね)

 生まれてこの方仕事をした事がなくて、結婚もした事がなくて、病気の様に金を使うって事が指名の様な人でした。

 年間に何十億の金を使っても、株の配当や利子で十分末代まで遊んで暮らせるだけの物が、何でも間でも購入をしていって、最後には自分の服とポシェットだけになってしまったんですからね。

 1年に株の配当と利子だけで、何重十億もの金を使えるのに、生まれた時から金は水以上にふんだんにあったら、神経も麻痺してしまうんですよね。それに、なくなって来ているってことも理解出来ないんですよね。

 世の中には、恐ろしい人もいるモンですね。

 私なんかでしたら、生まれた時から貧乏人ですから、お金の有り難味が理解できていますので、幾らお金があっても1年に1億の金も使えない事でしょうね。

 いるんですよ、タイランドにはこの手の大金持ちがそこいら中にね。

                   

1086 今回の教訓です。

 恐ろしい金の使い方でしょ。普通は考えられないですよね。映画やドラマでもここまで凄い人はいないですよね。真実は小説よりも奇成りって言いますモンね。

 今日は全く教訓って事はありませんが、タイランドの金持ちって言いますのは、日本人と比べ物にならない様な、桁違いですからね。

 その上、普通にしている時には、金持ちかどうか解りませんね。格好は貧素ですし、風采が上がらないタイプですからね。見た目は、私の様な貧乏人の代表の様な格好をしていますよね。

 しかし、その実態は、・・・・・ですから、驚きですね。

 私も、金無垢でダイヤモンドが散りばめているロレックスをお礼にってもらった事がありますが、流石は貧乏人の代表ですよね。ビックらこいて、お返しをしてしまいました。残念な事をしました。

 彼にしたら、ティッシュを一枚あげたのと同じ様な感覚なんですよね。

 タイランドには、本当にあほなお金の使い方をする人が結構いますから、観察してみると面白いですよね。

|

« お見合いの感覚 | トップページ | 愛妻の故郷は日本の我が家 »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 本当に素晴らしい感覚ですね。私なんかは、貧乏人を代表をしていますから、もしこんな状況になったら、毎日を後悔と自分の馬鹿さ加減を憂いながら暮らしている事でしょうね。
 流石にタイ人は素晴らしいですよね。見習いたいけど、まず無理でしょうね。

投稿: AKI | 2009年11月 6日 (金曜日) 午後 08時49分

AKI様
ははは!(^^)やはりそのくらいの人になるとアッケラカンとしてんですね、なんか納得です。金をどんだけ使ったとかそういう問題じゃなくその“生き方”“考え方”が素敵ですよね。(^.^)

投稿: なかちゃん | 2009年11月 6日 (金曜日) 午後 06時02分

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 この人の後日談ですが、普通に生活をしているみたいですよ。当然ですが、乞食に毛の生えた様な暮らしみたいですね。
 はい、全く嘆いている事はありません。彼に言わせますと金ってものは増えたり、減ったりするものだから、その内また、好きに使えるくらいのものは、自分の所にやってくるって、嘯いていますね。
 私は自分の才能が怖いです・・・御免なさい!

投稿: AKI さん | 2009年11月 6日 (金曜日) 午後 02時46分

AKI様
こんばんは!(^^)しかし凄い話ですよね、よくタイの金持ちは桁違いなんて話は聞いてましたがAKIさんの話を聞いてるだけでも想像を絶しますね..。ちなみにその方の現在はどうなってんですか?食う分くらい困らない程度の蓄えはあるんですかね?(+。+) そしてお金の無くなった今笑ってますか?それとも嘆いてますか?
人生一度は札でケツ拭けるくらいの金持ちになってみたいもんですがそうなったらなったで別の欲がドンドコ出てくるんでしょうね。
僕は世の中で“お化け”の次に“人間の欲望”が怖いです..。

投稿: なかちゃん | 2009年11月 5日 (木曜日) 午後 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あほなお金の使い方:

« お見合いの感覚 | トップページ | 愛妻の故郷は日本の我が家 »