« 良い事尽くめの夜の街 | トップページ | 構ってもらえない男は、籠の鳥 »

2009年11月23日 (月曜日)

やってきました、異国の町に

21  久しぶりにタイランドの中のバンコクじゃない所にやってきました。仕事の都合で、田舎を何箇所か回るんですよね。トラートから、アランプラテートに行って、そうしてイサーンの方に行くんですよ。

 楽しいったらありゃしませんよね。確かに、ネオン輝くバンコクはすばらしいものがありますが、田舎町にも素晴らしい所はいっぱいありますからね。

 何が楽だって言いますと、愛妻の機嫌が最悪じゃないんですよね。 解りますか? 最低の町のバンコクにいないんですからね。心配は心配でも、少しは心が安心できますからねぇ。

 それでも、

 「旦那さんはお酒を飲んでしまうと、もっと優しくなるでしょ。それに、訳が解らなくなってしまうから、一番危ないナ。私は心配で、寝れないし食べれないし、痩せてしまうわ。」

 何時まで経っても、全く信用をしていませんでしょ。その癖、私しか信用をしていないんですから、タイガールの性格っていうものは、難しいですよね。しかし、いつも言う様にこのギャップが良いところなんですけどね。

 しかし、タイランドの田舎町もドンドンと開発が進んできて、昔の面影って言う物は少なくなってきましたよね。それでも、バンコクのように国際都市ではありませんから、昔ながらのタイランドを堪能する事は、出来ますよね。

 楽しい町は、アランプラテートですよね。

 ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、カンボジアとの国境の町で、今でもタイランドの不法滞在を解消をする為に、一度出国をして再度入国をするって事をしている人が絶えませんよね。

 又、カンボジア側は、ラスベガスの様にカジノにホテルにその他、夜の事も何でもそろっていますからね。外貨を稼ぐのに重要な役割をしている、カンボジアの都市(村)ですよね。

 土日にはタイランドの金持ちがカジノに、遊びに沢山やってきますからね。博打が禁止のタイランドからお金を使いに山の様な人がやってきますよね。ここにいますと、金持ちのタイ人とお知り合いなれるかもしれませんからね。

 バンコクに匹敵するような夜の街までありますから、時間のある方は是非行ってみて下さいね。

 所で、やっぱり世間は狭いもので、こんな田舎町に来ても知り合いに出会うんですよね。長くタイランドに関わっていますと、至る所で色々な人達度出会いますよね。合いたい人もいれば、出来れば目を合わしたくない人もいますからね。

 この時は仕事関係のパッカーの社長と出会ってしまって、一人でフラフラとしょうと思っていたのに捕まってしまって、いきなり歓迎のパーティーになってしまって、たった一日がふいになってしまいました。

 「何をしているのよ。電話もあまりしないで、若しかすると浮気でもしているんじゃないですか? 私は、何回もホテルに電話しているのにまだ帰ってこないのはどうして?」

 皆さんも気をつけて下さいね。タイガールは、タイランドを一番信用をしていませんからね。 必ず、一人でおいておくと浮気をしているって考えていますからね。日本にいても、必ず出来る限りの調査をしますからね。

 日本にいる方が、少しは開放的ですよね。

                 

22 今回の教訓です。

 申し訳ありませんね。教訓は何にもありません。

 皆さんはタイランドに行くのは、どの変に行かれるのでしょうね。殆どがバンコクかパタヤかプーケットなどのメジャーな観光地なんでしょうかね。

 最近はメジャーな観光地は、タイランドではなくなってきている傾向にありますから本当の意味でのタイランドに触れていない様な気がしますよね。出来れば、ローカルなところを1~2日でも行く事が出来ると新しい発見をする事が出来ますよ。

 そうしますとタイガールの新たなところも見える様になりますから、是非に色々なところにいらしてくださいね。

 特に、今後はタイランドに移住って事を考えてられる方は、移住の為に色々と回られる事をお勧めします。

 又、お目当てのタイガールとハニームーン宜しく、色々と色々な地方を旅行するって事も、本当に楽しいですよね。24時間一緒にいる事が出来ますと、彼女の見えない所まで見えますからね。

 そんな事が出来ますと、結婚をしてからのギャップも少なくて済みますからね。だって、タイガールとの結婚までは、時間が少ないでしょ。

|

« 良い事尽くめの夜の街 | トップページ | 構ってもらえない男は、籠の鳥 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やってきました、異国の町に:

« 良い事尽くめの夜の街 | トップページ | 構ってもらえない男は、籠の鳥 »