« やってきました、異国の町に | トップページ | 死んで花実が咲くものか。 »

2009年11月24日 (火曜日)

構ってもらえない男は、籠の鳥

23  構ってもらえない様なタイプの男性はどんな感じでしょうね。特に、タイガールから構ってもらえないって事は、寂しい限りですよね。

 どんなタイプが構ってもらう事が出来ないんでしょうね。でも、もしかすると本人さんは構ってもらっているって思っているって思わせているところが、タイガールの素晴らしい所ですよね。今日は、その事をご紹介をしましょうね。

 まぁ、お金を支払ってお店 なんかにいる時は、当然ですが十分に構ってもらっていると思いますが、タイガールと中々うまく行く事が出来ない日本人がいらっしゃいますね。その時だけって感じで、その後の進展は全くうまく行く事がありません。

 自分は構ってもらっていると思っていますから、はまり込んでいきますよね。でも、何時まで経ってもお客さんの域を出る事が出来ません。そうこうしている内に、お金は取られてしまって、何も残らないって事も、良く話として聞きますよね。

 では、どんなタイプがそのかまって貰えない様なタイプなんでしょうね。簡単ですね。彼女達が理解できないタイプです。

1.互いの話題を共有をする事が出来ない人。 タイガールにとっては、自分は気にいられていないって感じるんですよね。

2.尋問の様に彼女に色々と聞きたがる人。 タイガールのとってはこれは会話ではないんですよね。ただの職務尋問って感じますからね。

3.不平不満を言葉に出す人。 日本人の感覚では良く不平不満を何気なしに言っている人がいますね。 タイガールは、自分の悪口を言っているって感じるみたいですよね。

4.何でも教えたがる人。 しょうもない事を教えようとしている人がいますよね。 タイガールにとっては、お前は馬鹿だって聞こえるみたいですよね。又、レベルが低いって思われているって感じるみたいですよ。

5.普通に対等に話しが出来ない人。 タイガール達は日本人は上だって感じているんですよね。それが対等に話しが出来ないって事は、上下関係をはっきりさせろって感じるみたいですよね。 人間は下見見られる事は嫌いですからね。

 特にこの5項目ですよね。

 このタイプの方はタイガールからは構ってもらえませんよね。ですから、何時まで経ってもお客さんのままなんですよ。そうして、騙されたって言っている方は、殆どがこのタイプなんですよね。

 決してお間違いにならない様にして下さいね。

 批判をしている訳ではありませんからね。 何でも一時で、お金で済ませようって思っている場合は、こんな事は気にする事は一切ありません。でも、今後はタイガールとって少しでも考えてられている方は、気に留めておいた方が良いですよね。

 それにプラスをして、人と違う事をしないといけませんよね。特に、アジアの人間はタイガールからは、金太郎飴だって感じられていますからね。 

 タイガールとうまく行っている人達は、何でも同じ様な事はしないんですよ。タイガールが、こうするだろうなって思っている事と違う事をしている場合は、興味を引く事が出来ますからね。

 やっぱりなって思われてしまいますと、そこで興味は全く起こす事はありませんからね。ここが、少しの違いで大違いって事ですから、心に留めておいて下さいね。

                

24 今回の教訓です。

 今日は結構重要な話をしましたでしょ。たまには、為になる話をしませんと見捨てられてしまいますもんね。

 今日紹介をした5項目は結構重要なんですよね。日本人の男性はこんなタイプが結構いらっしゃるんですよね。我々は自分で気が付いていないんですよ。無意識って事で、タイガールに構われないって事は寂しいですからね。

 それに、タイガールは日本人は何でも同じだって感じていますから、彼女達がやっぱりなって思わせると、ハイ、勝負あった!ですからね。

 それからは、中々進展をする事も、挽回をする事も中々出来ないんですよね。

 「何? この人は普通の人と違うわよね。」

 良い意味でこの様に感じられますと。間違いなく興味を持ってもらえますし、早く幸せを得る事が出来ますよね。 

 タイガールは、良い意味で変な人が好きなんですよね。間違ってはいけませんよ。変人ではありませんからね。 人と違う事が出来るって事は、本当にタイガールの気を引きますからね。

 一番の問題は団体行動ですよね。

|

« やってきました、異国の町に | トップページ | 死んで花実が咲くものか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構ってもらえない男は、籠の鳥:

« やってきました、異国の町に | トップページ | 死んで花実が咲くものか。 »