« タイガール達のブログの世界 | トップページ | 帰れない世界 »

2009年12月18日 (金曜日)

日本人妻たちのネットワーク

71  タイガールのはネットワークが存在をして、我々男性は指名手配犯人の様に監視されているって事を何回となくご紹介をさせて頂いていますよね。

 タイランドでは、普通の事なんですが日本でも同じ様な感覚が出来上がっているんですよね。内の愛妻は2種類の学校に通っているんですが、そこで知り合いになって直ぐに友達関係になっていくんですよね。

 流石に日本人と違って、開放的ですよね。 それに、互いが日本人と結婚をして、日本に住んでいるんですから、国境を越えて仲間意識が存在する様子でしょね。

 先日は、学校の先生や生徒達の食事会が、我が家で開催をされました。これで何回目でしょうね。 ここに集まった人種の豊富な事、本当に私のところの家は、国際色豊かなんですよ。

 先日の集まりには、日本人・タイ人・カンボジア人・ベトナム人・台湾人・中国人・韓国人・ミャンマー人・インドネシア人・フィリピン人のアジア人総集合に加えて、カナダ人とイギリス人とオーストラリア人です。 それに、私の母親が加わります。(この歳になって世界各国に人と友達になるって、人見知りの激しかった母親が喜んでいますからね)

 中々素晴らしいでしょ。小さな家にこれだけの人間が集まりますと、息苦しいですよね。それに、近所からは何事かって不審がられますよね。

 面白い事に色々な国の妻達が集まりますと、話題は愛する旦那さんの事になる様子ですよね。 まぁ、私は笑顔で見ているだけないんですが、愛する人への感覚が本当に違いますね。

 この中で、タイガールの特徴について少し触れておきますね。

 世界で一番の焼きもち焼きで、嫉妬間の強いのは間違いなくタイガールです。これは、他の国と比べ物にならない様なレベルですよね。 幼稚園児とJリーガーのサッカーに試合みたいなモンです。

 愛する人に向ける愛の強さは、東南アジア人が非常に強いものを持っています。その中でもずば抜けているのは、間違いなくタイガールですよね。 他の東南アジア人は少しは放任主義の感覚があるみたいですが、タイガールのはありませんからね。

 自己主張については、東南アジア人が一番薄いですよね。 これは、全ての中心は愛する人になっているからなんでしょうね。 この中のメンバーでは、東南アジアの女性達は、殆ど自己主張をしませんからね。

 男を信じるかどうかですが、これは似たり寄ったりの感じですが、東南アジアの暑い国の女性は、信じていない様な感じですよ。暑い国の男は、仕事をしないんでしょうね。その中でも、タイガールが一番信じていない様子ですよね。

 色々な人種の中にいますと、タイガールが一番笑顔で、ニコニコしていて、人に合わせている様な感じを受けます。 主張って事は殆どしませんからね。

 一回で、色々な国の日立を見ますと本当に特徴が出ていて楽しいですよね。但し、改めて感じるのは、周りからビックリされる様な嫉妬感と愛情が特徴ですよね。

 「○○(愛妻の名前)ちゃんと○○(もう一人のタイガール)ちゃんは、凄いなぁそこまで焼きもちを焼けるの? そこまで心配しないでも良いんじゃないの? そこまで愛しきる事が出来るの?」

 不思議そうな質問が飛び交っていたのが印象的でしたね。 

                 

72 今回の教訓です。

 改めて私は、世界一番の焼きもち焼きで嫉妬深くて、独占欲の強い女性と結婚したんだなって感じました。 それはそれは、凄いですよね。

 でも、逆に世界で一番愛情が深いくて、愛する人を愛しきる女性と結婚したんだなって事も、感じされられました。

 素晴らしく良かったなって感じると共に、う~ん、大変じゃないかって事も感じますが、全ての事が最高になる訳ではありませんから、何を一番重要かって考えないといけませんよね。

 タイガールとのお付き合いは、本当に束縛をされて、自分の時間なんかはないって考えた方が間違いないですが、その反面溢れんばかりの、否、溢れて零れ落ちる様な愛情はもらえますからね。

 どちらを選択するかって事は、皆さんの性格や考え方ですよね。

 しかし、色々な国の女性達と食事をしたり、話をしたりって事は勉強になりますよ。それに、新たに自分が伴侶にした愛妻が、最高だって感じる事が出来ますし、大変だなって感じる事も出来ますからね。

|

« タイガール達のブログの世界 | トップページ | 帰れない世界 »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人妻たちのネットワーク:

« タイガール達のブログの世界 | トップページ | 帰れない世界 »