« 二人で過ごす2回目のクリスマスイブ | トップページ | 搾取の世界と陰謀の世界 »

2009年12月25日 (金曜日)

馬鹿と鋏は使われぱなっし

85  ・・・・・

 ・・・・・

 自分の失敗の話を書くのは、自己嫌悪に陥りますよね。表題だけを書き綴っていて、毎日更新をするんですが、表題の一覧を見ていますと、自分の失敗って話の多い事。

 どうしてこんなに失敗をするんでしょうね。まぁ、いつも言っているように学習能力がないってことは、認めざる得ないんですが、・・・・・死んでないし、まだ破産もしないし、最高の愛妻もいる事ですから、深く考えない方が良いかもしれませんね。

 でも、・・・・・自己嫌悪に・・・・・

 タイ人には面白い傾向があります。それに、タイランドに住む日本人に面白い傾向がありますよね。観察すると面白いですよ。

 例えば、タイ人の場合は日本やアメリカや色々な国に住んでいるタイ人がいますよね。うちの愛妻もそうなんですよね。別の国に住んでいますと、例えば日本に住んでいるタイ人は、日本人の感覚になってしまっているんですよね。

 エスカレーターは歩きますし(大阪だけかもしれませんね)、明日の事は考えるようになりますしね。その国の風習や慣習や考え方に直ぐに染まっていきますね。これは、いいことですよね。(対応能力が高いんですよね。)

 対応能力が高いですからタイランドに帰りますと、即タイ人に変身します。この変わり身の速さは、中々ついていけませんよね。 あっち向いてこっち向けば、人種が替わっているんですからね。

 面白い傾向ですよね、これで私や友人・知人達がどれほど戸惑った事か解りませんし、説明が出来ませんよね。

 でも、これは理解さえすれば問題になる事ではありませんね。それに、国に同化するって事は、生活の上では良い事だと思いますね。

 何が問題かって言いますと、日本人なんですよね。(完全に根を張って、定着している人は別ですが) 日本人は何処まで行っても日本人ですし、変化はないんですが、タイランドに来ますと、タイランドに住みますと、タイ人になってしまいます。

 本人は、何処に行っても日本人だって言っていますが、私から見るとタイ人そのものですよね。 考え方から、行動のパターンまでタイ人そのものですね。見た目が日本人ですが、容姿まで変わってきますからね。

 日本人にはタイランドは合う為か、そのままタイ人になってきます。 

 ここで注意が必要なんですが、今までの様に同じ様な付き合いをしていると少し驚きが出てきますし、落とし穴に陥ってしまうって事がありますね。 悪い意味で言っているのではありませんよ。

 時間は守らない、ドタキャンはする、借り事や頼み事は平気、先の事は考えれなくなる、まるでタイ人の男になって行きますね。(あくまでも根を生やしている人は違いますよ)

 同じ様に付き合ってしまうと、・・・・・って事になりかねませんよね。 しかし、日本人はタイランドには直ぐに同化してしまうって言うのはどうしてなんでしょうね。他の国は同化する事はないですのにね。

                 

86 今回の教訓です。

 誹謗中傷をしているんではありませんからね。 私の友人・知人達はタイランドに住みますと、タイ人になっていく傾向にあります。考え方も安易になって行きます。

 不思議ですよね。

 悪い訳ではありませんが、本人が気が付かないところでタイ人のとこになりつつありますから、観察をしますと面白いですよね。 

 今までは、同じ様に付き合いをしていますと、私の様に馬鹿と鋏は使われっぱなしってことになりかねませんからね。少し気をつけないといけない事でしょうね。

 「AKI、メシを食わしてくれよ。酒を飲ましてくれよ。金を少し貸してくれよ。いい話があるんだけど乗らないか? 煙草くれよ。・・・・・」

 今まで言わない人達が、少し会わない間に、面白いタイ人になっていってしまいますから、話の仕方まで変えないといけませんよね。それに、気にする事も日本人のときよりも少なくなって来ている様子ですからね。

 何度もいいますが、変な変化ではないんですよ。それだけ日本人は、タイランドになじんでしまうって事なんでしょうね。 その内、私も皆さんに、タイ人になった様な話をするかもしれませんからね。

 今も充分タイ人の男だって? はぁ、その通りなんでしょうね。

|

« 二人で過ごす2回目のクリスマスイブ | トップページ | 搾取の世界と陰謀の世界 »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿と鋏は使われぱなっし:

« 二人で過ごす2回目のクリスマスイブ | トップページ | 搾取の世界と陰謀の世界 »