« ある男の悲劇 | トップページ | お店の対応と外での対応 »

2010年1月28日 (木曜日)

知ってましたか?彼女は外国人ですよ

001  何度も何度も話をしていますが、タイガールは、彼女達は外国人だって事は知っていましたか? まぁ、冷静になって考えますと当たり前の事ですよね。(逆に我々が外国人だって事も言えますね)

 でも、日本人って生き物は、なんでも同じだって考えてしまう世界でも唯一の民族なんですよね。 私は、仕事で色々な国に行きますが、色々な国の人達から、

 「日本人はどうして個性を尊重をする事が出来ないのか? 何でも同じ様に考えてしまうのか? 宗教観もない事に起因をしているのか?」って、不思議にこんな質問を受けるんですよね。

                 

 余談ですが、私は趣味の世界で中古の外車に常に乗っているんですが、ある仕事の仲間から、

 「AKIさんは、賢いって思っていたけど馬鹿だね。 何で訳の解らない外車に乗っているんですか? 最高の車は、”トヨタ”じゃないですか。 古くて高い外車に乗るくらいなら、カローラに乗っている方が良いのに。ネゴの時には厳しいのに、自分の事だけは考えれないんだね。」

 こんな酷い事を言われています。 又、先日は、AKIさん、この感じはなんて読むのですか?って聞かれて、読めませんでした。

 「日本人は自分の国の言葉も全部出来ないんですか? それに、自分の国の歴史も殆ど知らないって言うのも本当ですか? 日本人なのに日本人じゃない人が多いのはどうしてですか?」

 う~ん、難しい問題ですよね。確かに、他の国の人と比べると、自国の言葉が完璧度を調べてみますと、日本人が最低みたいですよね。それに、自国の歴史の認識度も最低みたいですね。

                 

 余談が続いていますが、こんな事でも日本人と外国人とは考え方も感じ方も何もかもが違ってきていますよね。

 違わないって感じているのは、日本人だけなんですよ。ご当地クイズなんかでも、自分の土地のスタンダードが世界のスタンダードだって感じている日本人が多い事(ケンミンショーetc)か。

 全てにおいてグローバルに遅れてしまってしまうんですよね。

 恋愛関係でも同じ様な事なんですよね。 最近では多くなって来ましたが、日本人は世界で一番少ない国際結婚の国だって事をご存知でしたか? こんなに世界に出て行っているのも、早いし、数も半端じゃないのにそうなんですからね。

 もともとのこんな感覚があるが為に、国際結婚も少ないし、他の民族を理解する事も少ないんでしょうね。

 島国根性と神国伝説ですよね。

 不思議な事なんですが、先進国では日本と同じ様な感覚の国が存在するんです。 これが摩訶不思議で、イギリスなんですよ。 同じ様に国際結婚では日本とどっこいどっこいですし、自分がスタンダードだって一番思っている国ですからね。

 共通点は、同じ様に島国根性の塊って事なんでしょうね。

 余談ですが、タイガールは日本人とイギリス人が一番信じ難いそうですからね。我々も少しは、グローバルさを身につけないといけませんね。

                             

002 今回の教訓です。

 今日は独り言の様な、愚痴の様な話をつらつらと書いてしまいました。誠に申し訳御座いません。

 酒を飲みながら書きますと、自分でも何を書いているのか解らないって事になってしまって、皆さんにご迷惑をおかけしますね。 今日は、教訓めいた話はまったくなかったと思いますが、たまにはお許し下さいね。

 ・・・・・たまじゃない? そうですね。

 でも、今日の話は殆どが外国で、その国の方が不思議がっている事なんですね。 ですから、我々は所変われば品変わるって事を心に留めておかないといけませんね

 でないと、タイガールともうまく行きそうで行かないって事になりかねませんからね。

 いつまでも島国根性のままではいけませんよね。

 「旦那さん、お酒を飲みながらパソコンを見て、何をブツブツ言っているですか? そんな暇があったら私と話しをしたり、私に引っ付いたりする方が良いんじゃないですか?」

 はい、はい、全くその通りですね。 申し訳ありませんが、皆さんもお休み下さいね。 では、これに懲りずに又、明日お会いしましょうね。

                                    

|

« ある男の悲劇 | トップページ | お店の対応と外での対応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知ってましたか?彼女は外国人ですよ:

« ある男の悲劇 | トップページ | お店の対応と外での対応 »