« 渡る世間のタイガール | トップページ | タイ語の内緒話は恐ろしい »

2010年1月 4日 (月曜日)

私のスーパーコレクション

 明日当たり方仕事が始まりますね。私は、年中無休ですから、年末年始も仕事をしていますが、皆さんはゆっくりと休みを取る事ができましたか?

                 

 またまた自慢をさせて頂きましょうかね。日本人の方は、興味も関心もないと思いますが、タイ人からしますと、取って置きの宝物を持っているんですよ。

 (殆どのタイ人が肌身離さず、ネックレスにして持っているものですね。)

 文章では、表現をし難いので、本日は禁断の写真を使わせて頂いて、ご紹介をさせて頂きますね。

 私のコレクションの殆どは、愛妻のお父さんの形見なんですよね。びっくりとする事なんですが、お父さんは自分で購入をした訳ではないんですよね。殆ど全てが送られたものなんですよね。(先日に話をしたと思いますが、心優しきタンブンのお陰ですね)

001 002

003  最初にこの3点ですが、始めの二つはそろそろ400年は経とうかってものらしいでですね。

  普通に売られている、既成のケースには入りませんし、身につけない様にしているものですからね。 三つ目のは、タイランドの偉いお坊さんだそうです。

                      

005 006

 一つ目は、偉いお坊さんの”見ざる聞かざる言わざる”の、人の生き方の教えだそうです。

 次の亀は、縁起が良くてお金が溜まる様に、財運がつく為のものだそうです。この二つも相当古いものだそうですね。

                 

010 011

 これは裏表のもので、珍しいそうですね。女に古いものではないそうですが、トラの紋章は、色々な所に行っても災難が退いてくれるって、身代わりお守りの様なものらしいですね。

 そうして、お坊さんの方は、仕事や生活がつつがなく行く事を手助けしてくれるそうです。海外での仕事の時には、これを持って言っていますよ。

                 

012 013

014 015

 これらは、比較的新しいもので、今後は知れ渡って相当に値が上がっていくものだそうです。

 この中の一つは、愛妻の兄貴の恋人のお父さんに気に入られて、持って行きなさいといわれたものです。別にもう一つもらったんですが、これは必ず車に置くようにといわれていますので、写真には撮りませんでした。(無事故無違反になるそうです、で、私はゴールドになりました)

                 

 これは、私が愛妻と生涯を約束する前に、愛妻から持っていて下さいってもらった宝物です。一番新しいものだそうですが、自分が私と生涯を共にしたいってお寺にお願いに行った時に、現在でタイランドで有名で偉い御坊さんのところにお願いに行ったみたいです。

 その時にそのお坊さんから頂いたもので、私が素直に直ぐに受け取る事があったら、お前はその人と幸せになれるよって言われたそうです。 はい、私は即喜んで受け取りました。でも、説明は一切聞きませんでしたけどね。

                 

 これからが、メインの宝物です。 実は、これから紹介をするものを身につけている時(見える様に外に出ていた時)に、何人もの金持ちそうなタイ人と、華僑の人と、ファランの人に声を掛けられて、譲ってくれって追いかけられた事があります。

 又、何人かの人からは、肌につけて人から見えない様にしないといけないよと、注意を受けた事もあります。中々有名の物のようですね。

017_2  これが、タイランドのNO.4だそうです。

 同じ様なものが結構出回っている様子ですね。 これも400年以上も前のものだそうですね。 非常に古いものみたいですよ。

019_2  これが、タイランドのNO.3だそうですね。 

 この形は殆ど出回ることがなくて、ケースを作る時にも信用が出来るところじゃないと、コピーを取られるか、巧妙に違うものを返されてしまうって言われています。これをしている時には、相当の人から譲って欲しいと言われましたからね。(スコタイ時代だって言われています)

020_2  これが、タイランドのNO.2だそうです。

 これは非常に小さなもので、珍しく女性の神様だそうです。時代としても、600年ほど経ったものだそうですが、小さくて可愛くて、殆どの人からは、気が付かないほどのものですね。

018_2  これが、タイランドのNO.1です。

 これらはタイランドでは、写真付き。説明書つきで何処の書店でも売っていますが、それの表紙を飾るのがこの神様です。そして、一番コピー用品が多いのもこれですよね。

 専用のケースを作ると必ず取られるか別のものを渡されると言われて、知っているところで大き目のケースに緩衝材を入れてもらって、無理やり作ってもらいました。その時には、色々な人達がやってきて、見せてくれと大変でしたからね。

 その中の一人の方は、作ったら直ぐにタクシーか何かで、何回も乗り換えて備考をまくように帰らないといけないよと言われました。それか、私に譲って欲しいとも言われました。

 本当は見せるのは良くない事だと思いますが、参考の為にご紹介をしました。一言、今は殆ど身につけていませんからね。神棚に祭っているだけです。皆さんも、タイランドにってお考えでしたら、この手のものを身につけて下さいね。

 購入しなくても、これらのものは殆ど全てが、元々はお寺から無償(気持ちのお布施)で、頂けるものですからね。彼女と一緒にお寺に行って見て下さいね。私も、無償(気持ちのお布施)で、頂いたものも結構持っていますからね。

 将来は、すごい事になるかもしれませんね。

|

« 渡る世間のタイガール | トップページ | タイ語の内緒話は恐ろしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

taka 様。
 有難う御座います。
 ついに出してしまいましたよ。皆さんに違う形のタイランドの魅力を感じて頂けるかなぁって思ったものですから。
 タイランドの場合は、1年後との返すって事はありませんね。自分が必要になったらお返しするって話を聞いた事はありますが、今ではお返ししないで売ってしまうんじゃないでしょうかね。
 タイガールにお守りをあげるって言う事はプロポーズをしたいなモンですよね。ですから、死んでも肌身離さずじゃないですか。
 まっ、お守りの守り神様はtakaさんでしょうからね。

投稿: AKI | 2010年1月 6日 (水曜日) 午前 11時00分

ヤム 様。
 有難う御座います。
 私のもヤムさんが仰る様にお寺で頂いたものみたいですね。 ただ、古いものだって事なんでしょうし、タイランドの場合は、勝手にいわれがつけられて、一人歩きをしだしますからね。
 例えば、それをつけていると怪我をしないだとかね。
 日本でもつけておいて下さいよ。互いに見習いタイ人ですからね。

投稿: AKI | 2010年1月 6日 (水曜日) 午前 10時55分

AKIさん

ついに出してしまいましたね^^;A
僕も貰ったものやら、なにやら5個くらいもってますが、何がなんやらよくわかってません。
また機会があれば、調べてみようと思います。

日本だとお守りはお札は1年経つと神社に納めて、新しいものを買うというのが普通ですが、タイではそういうのは特にないんですかね?

そういえば、日本のお守りをタイガールにあげたことあるんですが、喜ばれましたよ^^

投稿: Taka | 2010年1月 5日 (火曜日) 午後 10時49分

Akiさん
お守りすごいですね。本当にすごいです。
これらは超骨董品の部類に入るんでしょうね。
私も何点か持っていますが、戴いた物や
お寺でタムブンの代わりに買った物(買ったではなく借りたが正式なんでしょうが)です。
タイでは身につけていますが、日本ではちょっと
照れくさいんですよね。

投稿: ヤム | 2010年1月 5日 (火曜日) 午後 09時23分

騙されたい 様。
 有難う御座います。
 そうでしょうね、日本人は興味はない事でしょうね。実は、私もそうだったんですが、見習いタイ人ですから興味が出て来ました。
 タイランドでは、興味のない人は少ないそうですから、末は移住って考えていますから今では肌身はなさずって状況になってしまいました。
 

投稿: AKI | 2010年1月 5日 (火曜日) 午前 10時30分

Akiさんへ
 全く興味がありません。
 申し訳ありません。
寺に一緒に行ったときや、何かを渡された時には、詮索せず、素直に受け取りなさいと言うことは分かりました。
 興味はありませんが、お守りなのですよね、大事に扱わないといけませんね。
しっかり守ってもらってください。
一読者のためにも。

投稿: 騙されたい | 2010年1月 5日 (火曜日) 午前 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のスーパーコレクション:

« 渡る世間のタイガール | トップページ | タイ語の内緒話は恐ろしい »