« 悲しい選択 | トップページ | ちょっと、問題がありますね。 »

2010年2月23日 (火曜日)

夜の蝶の変貌事情

176  夜の舞う蝶がドンドンと変化をしてきましたね。 私が帝王の時代は、少し哀愁って事が漂っていたんですが、最近は考えないタイプの夜の蝶がゾクゾクと出てきている様な感じがしますね。

 以前よりももっと将来の事を考えないタイプのタイガールが増加傾向になって来ていますよね。悲しい限りですよ、タイランドの夜の栄枯盛衰を知っているものにしますと、・・・・・ですよね。

 社会が裕福になってきますと、ただ単にお金の為だけに体を提供をするってタイプが増えますからね。日本だってそのままですもんね。

 解りにくい事ですが、気をつけないといけませんね。

 特にローカルのお店にいるタイガールは、注意が必要ですよね。一概には言えませんが、仕事嫌いで、男好きで、心に一物を持っているタイプが多いですからね。多いって事だけで、全てって事はありません。

 (もし、そんな彼女とお付き合いをされている場合は、気を悪くなさらないで下さいね)

                 rainrainrain

177  「日本人クラブは最近はアカンねぇ。」

 「タニアなんかは、閑古鳥が鳴いているというよりも完全にゴーストタウン化してきて、人が寄り付かなくなって来てしまったでしょ。」

 「クラブから置屋に成り下がってしまっているからどうしようもないよね。」

 「そうそう、入場料を支払う形の置屋になって来ているから、手っ取り早く体を売る事だけを互いに考えているから、遊ぶって感覚がなくなってているから、する気のない時には行く事はなくなってしまうよね。」

 「なんでも有りが、何にもなしになってしまっているからね。それに伴って、タイガールまで変貌をしてきているから、新しい恋なんかは芽生え難くなって来ているよね。」

 1時間500~600Bの店が殆どですよね。 連れに来るだけで、心を満たしてくれる様な遊びや、楽しみって事になってきますと殆どがなくなって来ている様な感じになってきましたね。 するだけでしたら、別に日本人クラブに行く必要はありませんね。

 お風呂屋やマッサージやその他もろもろの所がありますし、価格もそっちの方が安いですし、安心で安全ですよね。

 お店そのものがそんな感じになってきますと、そこで働くタイガールはホスピタリティーってものは、存在をしなくなってしまいます。 そうしますと、タイガールとの生涯をって考える事以前に、擬似恋愛までもがなくなってきますね。

 互いに体と金だけって事になりかねませんからね。

 無理もないとはいえ、我々自身がそんな事を許してはいけないんですよね。お店で遊べないところへは行かないってくらいの事をしないと、ただの置屋に成り下がって、日本人クラブの存在価値がなくなっていきますからね。

 だって、この手のお店は閑古鳥が鳴いていますが、テーメーなんかがはやっているくらいですからね。我々も経営者も考えないといけない様な時期に来ているのかもしれませんね。

                rainrainrain

178 今回の教訓です。

 夜の世界の業態は、それぞれに役割があるんですよね。 ただ単に、するだけだって事になったら、殆どの店は存在価値がなくなっていきますよね。

 ソイカウボーイではバッカラだけ、ナナプラザではレインボーだけ、タニアでは知られていないお店だけが客数を集めていて、それ以外は明日にでなくなってしまってもしょうがない様な低落ですからね。

 その癖、お風呂屋は今まで通りの集客を誇っているんですからね。

 業態ごとに違った要素や違った楽しみ方を提供をしないと、お客さんを呼び込む事が出来ませんよね。

 物貰いをすると今日はお腹がいっぱいになりますが、明日にはまたまたひもじい思いをしなければなりませんね。 大変ですが、釣りをする事を勉強をして頑張りますと、その日は大変ですが長い目で見ると安定をするんですが、タイ人には目先しかないのかもしれませね。

 出来るだけ、我々ユーザーから徹底して要望をしていかないと、素晴らしい業態はなくなってしまうかもしれませんから、互いに声を大にして叫びましょうね。

 ”日本人クラブは、置屋じゃなくて擬似恋愛をする所だから、何とかしなさい!”

                 rainrainrain

|

« 悲しい選択 | トップページ | ちょっと、問題がありますね。 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難う御座います。
 バンコクの場合はまだまだ気持ちよく勘違いをさせてくれますよ。但し、お客の立場で威厳を失ってはいけませんね。 お間違いのない様に、威張るって事ではなくて、変な表現ですが遊ばせろって言う無言のプレッシャーを与えないといけませんよね。
 最近では、バンコク以外の地方都市の方が楽しくなってきているって話ですね。日本でも、大東京や大阪よりも地方の方が楽しくなってきていますモンね。
 一緒にバンコクの夜の世界を救う為に、威厳と苦情を言える様にしましょうね。嫌われない程度にね。

投稿: AKI | 2010年2月24日 (水曜日) 午前 10時50分

さくっちょ 様。
 有難う御座います。
 夜の場合は、仕事関係では、やはり日本人倶楽部ですね。 それから、気心に知れたところですね。
 友人関係では、GoGoに金魚鉢を最初に連れて行きますね。
 どちらもインパクトが重要ですから、その人に合わせてチョイスしますよ。

投稿: AKI | 2010年2月24日 (水曜日) 午前 10時45分

AKI様
こんばんは!(^^)やはり国自体がだんだんと裕福になってくるとこの手の遊びの女の子達も変わって来るのかもしれませんよね。今の日本の飲み屋(特にキャバクラ系)等はどっちが客だか解らない様な対応ですからね。(-.-;)
気持ち良く勘違いさせて貰うにはもう今のバンコク辺りでは難しくなって来てるんでしょうか?(^_^;)それともAKIさんの言う通り我々側がしっかりとしてればまだまだ救いようがあるんですかね...。

投稿: なかちゃん | 2010年2月23日 (火曜日) 午後 11時04分

Aki 様

いつも拝読させて頂いています。

因みに、もしAkiさんが初訪タイの知人を案内されるとしたら、どこに遊びに連れて行かれますか?

もちろん、相手が仕事関係の場合や友人とで、また違ってくるかもしれませんが……。

投稿: さくっちょ | 2010年2月23日 (火曜日) 午後 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/30288774

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の蝶の変貌事情:

« 悲しい選択 | トップページ | ちょっと、問題がありますね。 »